戻る

*ist D(PENTAX)

発売 2003/09
撮像素子 23.5×15.7mm(APS Cタイプ相当)610万画素 原色フィルター CCD
レンズ ペンタックスKマウントレンズ群(焦点距離1.5倍換算)
アダプタ仕様により645判のレンズも使用可能
記憶媒体 コンパクトフラッシュTypeI/II
インターフェース USB1.1
光学ファインダー 有り(一眼レフタイプ)
液晶モニター 1.8型TFT
記録画素数 3008×2008
2400×1600
1536×1024
1152×768
960×640
最短撮影距離 レンズに依存
電源 単3×4
サイズ(W×H×D) 129×94.5×60mm
重量 550g(本体のみ)
付属品 RAWデータ展開用アプリケーションソフト他
価格 ファインダーキャップ、USBケーブル、ビデオケーブル、
ストラップ、ソフトウェアCD-ROM、リチウム電池CR-V3(2本)

○レンズ交換式デジタル一眼レフとしては、世界最小・最軽量
○豊富なKマウントの交換レズを使用可能
○ポップアップ式のストロボを内蔵
○倍率0.95倍と大きく見えるファインダー
○新開発の11点測距AF
○入手の容易な単3電池で駆動

 ついに発表になったペンタックスのKマウント用レンズが使えるデジタル一眼レフ。D100等とほぼ同じサイズのCCDを使うため、レンズの画角は35mmフルサイズの1.5倍相当となる。

 D100の700gから一気に200g近く軽量化し、見た目はほとんど銀塩の一眼レフと変わらない大きさになった。単3電池が使えるのは、とっさの時に便利。


画像でわかる!「*ist D」実写リポート(WPC ARENA)「改訂版」

レビュー(PC Watch)
-小型軽量ボディと大きなファインダーが印象的
-那和秀峻氏の最新デジカメレビュー第2弾
-わかりやすい操作系で、銀塩ユーザーも納得
-ペンタックスらしい地味だが良い画質
-より低価格の一眼レフデジカメと比べても、価格相応の価値がある
-買って損をしないカメラ

レビュー(ZDNet PCUpdate)
-プラスチックとは思えない高級感を持つ専用設計のボディは、同社の“本気”ぶりを感じさせる
-操作性はわかりやすい部類に
-細部にはツメの甘さも

レビュー(WPC ARENA)「第2弾」
-大きく重いというデジタル一眼レフの欠点を払拭
-練り込まれた操作性と素直な画質で玄人好みの1台
-ファインダーはクラス随一の仕上がり
-画質はソフトで極端な輪郭の強調がない

スタパ斉藤氏レビュー(ケータイWatch)

戻る