戻る

IXY DIGITAL(CANON)

発売 2000/05
撮像素子 1/2.7型 211万画素 補色系CCD
レンズ 35〜70mm相当 F2.8〜4.0
記憶媒体 コンパクトフラッシュType1(8MB付属)
USB 有り(TWAIN方式)
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.5型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 1,600×1,200
640×480
最短撮影距離 57cm(ノーマル)
10cm(マクロ)
電源 専用リチウム充電池(付属)
サイズ(W×D×H) 87×26.9×57mm
重量 190g(本体のみ)
付属品 ・バッテリーパック NB-1L  ・バッテリーチャージャー CB-2L
・コンパクトフラッシュカード FC-8M(ケース付)  ・ビデオケーブル VC-200
・リストストラップ WS-110  ・ユーザーガイド
価格 74,800円

○APSカメラのIXYとほとんど同じ大きさ(少しだけ分厚い)
○起動2秒、シャッタータイムラグ約0.05秒、撮影間隔約1.7秒、連写約2枚/秒(液晶モニターOFF時)
○3点測距AiAFでピントの中抜けが少ない
○解像度が高く色合いもまあまあ
×実効感度が低めのうえに、やや暗い(望遠側でF4.0)レンズ
×ホワイトバランスの制御がやや弱い

 IXYを一回り大きくした、PowerShotシリーズと違い、IXYとほぼ同じ大きさ(2mmだけ厚い)を実現したのは立派。これまで、PowerShotSシリーズがスタイリッシュでコンパクトと言っても、APSのIXYと並べると、モックアップのような格好悪さだったが、本当の意味で「ライバルはIXY」と言える製品になった。
 もっとも、やや重いが、バッテリーの面から仕方ないか。反対に高級感はある。
 2000年のトレンドと言われる1/2.7型の補色系CCD(ソニー製?)を採用しているが、小サイズCCDにしては、クリアできれいな発色と言われている。1/2型で200万画素のモデルと比べると、ややノイズが多くダイナミックレンジも狭いが、カメラの性格から言って、標準程度の画質なら良しとすべきか。

 IXYとEOSと言うキヤノンの2大ブランドのデジカメを出してきたと言うことは、キヤノンがデジカメに対して本気で取り組んできたことの現れと言える。