戻る

IXY DIGITAL400(CANON)

発売 2003/03
撮像素子 1/1.8型 410万画素 CCD
レンズ 36〜108mm相当(7.4〜22.2mm) F2.8〜4.9
記憶媒体 コンパクトフラッシュType1(32MB付属)
インターフェース USB、AV端子
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.5型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 2272×1704
1600×1200
1024×768
640×480
最短撮影距離 46cm(ノーマル)
5cm(マクロ)
電源 専用リチウム充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 87.0×57.0×27.8mm
重量 185g(本体のみ)
付属品 リストストラップWS-300、AVケーブルAVC-DC100、バッテリーパックNB-1LH、
バッテリーチャージャーCB-2LS、インターフェースケーブルIFC-300PCU、
CD-ROM、CFカード(32MB)
価格 オープン(実売約60,000円)

○高級感のあるコンパクトな金属ボディ
○新エンジンによる高速・高画質な画像処理

 コンパクトデジカメのスタンダードとなったIXY Digitalの400万画素モデル。

 これまで1/2.7型のCCDを使っていたが、より大きな1/1.8型400万画素CCDをIXY DIGITALシリーズで初めて採用した。


レビュー(WPC ARENA)
・画質はコンパクト機でトップクラス
・稜線に丸みをつけ、外観デザインも一新
・「1/2.7型サイズのCCD」「光学2倍ズーム」と言うIXY DIGITAL登場以来3年間続いてきた「伝統」を打破
・これまでより軽快でスマートなイメージに変身
・フルオート撮影時のヒット率の高さはおそらくトップクラス
・描写力など総合力でもフルオート系コンパクト機ではトップクラス
・記憶色重視の濃いめの発色
・操作性はシーンセレクト機能もなくシンプル
・撮影モードダイヤルが装備されたことで操作性は向上
・コンパクトカメラとしては価格は高め
・起動3秒ちょっとで、キー操作に対する反応も並

レビュー(Vwalker.com)
-2倍ズームモデルのサイズで3倍ズームへと進化
-IXY DIGITALならではの重厚な質感も健在
-インターフェースは今までのものを踏襲
○クラス最高レベルの高画質と安定したオートホワイトバランス
○大きな(1.8分の1型)400万画素CCD
○キヤノンらしい鮮やかな発色
○質感がよく,扱いやすいボディ
○9点測距で測距点がスーパーインポーズされるAiAF
○スナップ用デジカメとしてはトップクラスの画質&機能
×他社製品に比べ起動が遅い(実質3秒強)
×やや重め

レビュー(ASCII24)
-「記憶色」から「再現色」へと写真作りが変化
-新デザインには賛否ありそう
-フラットで角が丸まった新デザインを採用

戻る