戻る

μ-20 DIGITAL(OLYMPUS)

発売 2003/06
撮像素子 1/2.5型 400万画素 CCD
レンズ 35〜105mm相当(5.8〜17.4mm) F3.1〜5.2
記憶媒体 xD-Picture Card(16MB付属)
インターフェース USB(ストレージクラス)、DC入力端子、ビデオ出力端子(NTSC)
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.5型TFT
記録画素数 2272×1704
2048×1536
1600×1200
1280×960
1024×768
640×480
最短撮影距離 50cm(ノーマル)
20cm(マクロ)
電源 リチウムイオン充電池
サイズ(W×D×H) 99×56×33.5mm
重量 165g(本体のみ)
付属品 xDピクチャーカード(16 MB)、パソコン接続ケーブル(USB)、
ビデオケーブル、ストラップ、
CD-ROM(キャメディアインフォメーションディスク)、
リチウムイオン充電池、充電器、充電器電源ケーブル
価格 63,000円

○軽量コンパクト
○「生活防水機能」を搭載
○起動時間約 2秒、レリーズタイムラグ約 0.4秒と高速

 銀塩のコンパクトカメラのブランド「μ」の名前を冠したデジカメの第2弾。軽量コンパクトなボディに電源ボタン兼用のレンズバリアを配したデザインは、確かにμを連想させるが、このデザインとしてはややレンズが端に寄って配置され過ぎの気がする。

 撮像素子は、C-720UZと同じ松下製のCCDと思われるが、C-730UZとの比較で、「ソニー製のCCDに比べて劣る」と言われていた事と、1/2.5型で400万画素と画素の極小化も限度を超えている感もあり、画質面ではやや心配。

 生活防水は確かに便利だが、ここまでの画素数が必要なカメラではないのでは?


レビュー(WPC ARENA)
-雨でも気にせず使える生活防水デジカメに400万画素のCCDを搭載した上位機種が登場
-画像はややノイジーだが撮影機能は優秀
-オートホワイトバランスが正確
-シャッター速度も表示されない撮影時の情報表示には不満

レビュー(ZDNet PCUpdate)

戻る