戻る

MVC-CD1000(SONY)

発売 2000/08
撮像素子 1/2.7型 211万画素CCD
レンズ 39〜390mm相当 F2.8
記憶媒体 8cmCD-R 156MB(5枚付属)
USB 有り
光学ファインダー 無し(液晶ビューファインダー有り)
液晶モニター 2.5型TFT
記録画素数 1600×1200
1600×1072(3:2)
1024×768
640×480
最短撮影距離 25cm(ノーマル)
2cm(マクロ)
電源 専用リチウム充電池(付属)
サイズ(W×D×H) 137×212×131mm
重量 870g(本体のみ)990g(撮影時)
付属品 専用リチウムイオン充電池、ACアダプター、電源ケーブル、
AV接続ケーブル、USB接続ケーブル、8cmCD-R(5枚)、
ショルダーベルト、8cmCDアダプター
価格 175,000円

○ほとんどのパソコンで読み込めるCD-Rデジカメ
○光学10倍ズームと光学手ブレ補正
○CD-R一枚で最大解像度でも160枚撮影可能
○多彩なマニュアル機能
○液晶ビューファインダーが有る
○AFが正確で暗所にも強い
○ソニー製品としてはExif情報が充実している
○マクロモード搭載
○ガイドナンバー28の専用外部フラッシュが使用可能
○充電池、充電器など標準添付品が充実

 手ブレ補正付き光学10倍ズーム搭載FDデジカメMVC-FD95の記録媒体をCD-Rにしたモデル。8cmのCD-Rは1枚約500円。200万画素モデルでは容量不足だったFDに比べ、実用的な枚数が撮れるCD-Rの搭載は英断だと思うが、ボディは業務用ビデオカメラのような大きさとサイズになってしまった。
 北米市場では受けるかもしれないが、国内では?ソニーもそれをわかっているのか、このモデルは受注生産らしい。