戻る

Optio S40(PENTAX)

発売 2004/03
撮像素子 1/2.5型 423万画素 原色系CCD
レンズ 35〜105mm相当(5.8〜17.4mm) F2.6〜4.8
記憶媒体 内蔵メモリ(11MB)+SDメモリーカード・MMCカード
インターフェース USB、AV端子
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.6型TFT
記録画素数 2304×1728
2048×1536
1600×1200
1280×960
640×480
最短撮影距離 40cm(ノーマル)
6cm(マクロ)
電源 単3×2
サイズ(W×H×D) 89×58.5×25.5mm
重量 125g(本体のみ) 175g(電池、SDメモリーカード含む)
付属品 単3形ニッケルマンガン電池2本、USBケーブル、AVケーブル、
ソフトウェア(CD-ROM)、ストラップ
価格 オープン(実売40,000円)

○軽量コンパクトな3倍ズーム機
○使いたいモードがすぐに選択できる回転モードダイヤル
○「ヘルプ機能」や「オートセレクト機能」が使える「イージーモード」
○10種類の「ピクチャーモード」

 一部の光学系がスライドして格納されるレンズにより超薄型・超軽量を実現したOptio S4の廉価版。レンズは同じだが、ボディーが若干大型化している。電源も、専用のリチウムイオン充電池から、汎用の単3電池2本で動作するようになった。

 単3電池化することで価格を下げられたのだと思うが、「初心者向け」と言う面では、管理の楽なリチウムイオン充電池の方が良かったのでは?


戻る