戻る

Optio S(PENTAX)

発売 2003/03
撮像素子 1/2.5型 334万画素 原色系CCD
レンズ 35〜105mm相当(5.8〜17.4mm) F2.6〜4.8
記憶媒体 内蔵メモリ(11MB)+SDメモリーカード・MMCカード
インターフェース USB、AV端子
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.6型TFT
記録画素数 2048×1536
1600×1200
1280×960
640×480
最短撮影距離 40cm(ノーマル)
6cm(マクロ)
電源 専用リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 83×52×20.0mm
重量 98g(本体のみ)
付属品 充電式リチウムイオンバッテリー、バッテリー充電器、ACコード、
3Dイメージビュワー、USBケーブル、AVケーブル、ソフトウェア(CD-ROM)、ストラップ
価格 65,000円

○カードサイズの3倍ズーム機
○高速起動、シャッタータイムラグ0.01秒
○レンズ前6cmまで寄れるマクロ機能

 一部の光学系がスライドして格納されるレンズにより超薄型・超軽量を実現したモデル。全体のサイズや重量、液晶モニタの大きさ等、違いもあるが、内部的にはカシオのEXILIM EX-Z3の兄弟機。


レビュー(ZDNet News)
・“世界最小・最軽量”の秘密は上下2段収納のレンズ機構
・光学3倍ズームで世界最小・最軽量
・わずか20ミリの厚さに沈胴式の光学3倍ズーム機構を搭載
・スライディング・レンズ・システムだけで約30件の特許を出願
・ズームレンズは「smc PENTAX LENS」を使用
・Optio SとEXILIM ZOOMは兄弟機

レビュー(WPC ARENA)
-薄型ボディにズームレンズを搭載
-EX-Z3とはひと味違う兄弟デジカメ
-充電やデータ転送の仕組みがEX-Z3と異なる
-EX-Z3の半分程度の液晶モニタ
-記録画像の設定種類についてはOptio Sが充実
-お遊び的な機能に関してはEX-Z3が充実
-Optio Sにだけある音声録機能
-起動画面や効果音を変える機能が楽しい
-シャッターが深すぎて戸惑う。シャッタータイムラグの短さをスポイル

レビュー(デジタブル)
-画期的な光学システムを採用
-常時携帯に最適な超小型ボディ
-ぎっしりと詰め込まれた機能
-実用的な画質だが、ブレには要注意

レビュー(ZDNet PCUPdate)
-究極ともいえる薄さ軽さ小ささの光学3倍ズーム機
-写りには多少不満はあるが、この機動力を考えれば文句なし
-背面の十字キーはやや使いにくい
-オートホワイトバランスの精度がいまひとつ
-起動時間が4秒以上かかる

レビュー(Vwalker.com)
-携帯性とデザイン性を追求したフルメタル外装
-小型ボディに満載した多彩な撮影モード
○常時携帯に最適な小型軽量サイズ
○飽きずに楽しめる豊富な機能
○長時間対応のボイスレコード機能
×小さすぎて誤操作しやすい十字キー
×バッテリーがあまりもたない

戻る