戻る

PowerShot Pro1(CANON)

発売 2004/03
撮像素子 2/3型 830万画素 CCD
レンズ 28〜200mm相当(7.2〜50.8mm) F2.4〜3.5
記憶媒体 コンパクトフラッシュType II(64MB付属)
インターフェース USB、AV端子
光学ファインダー 無し(液晶ビューファインダー有り)
液晶モニター 2.0型低温ポリシリコンTFT(可動式)
記録画素数 3264×2448
2272×1704
1600×1200
1024×768
640×480
最短撮影距離 50cm(ノーマル)
10cm(マクロ)
3cm(スーパーマクロ)
電源 専用リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 117.5×72.0×90.3mm
重量 545g(本体のみ)
付属品 レンズキャップ、フィルターアダプター FA-DC58A、レンズフード LH-DC58A、
ネックストラップ NS-DC2、ワイヤレスコントローラー(リチウム電池付)WL-DC100、
バッテリーパック BP-511A、バッテリーチャージャー CG-580、
AVケーブル AVC-DC300、インターフェースケーブル IFC-400PCU、
デジタルカメラソリューションディスク、アークソフトカメラスイートディスク、
CFカード(64MB)FC-64M、CFカード用ケース
価格 オープン(実売約130,000円弱)

○一眼レフの高級レンズを表す「Lレンズ」を初搭載
○28mm相当から始まる7倍ズームレンズ
○レンズ前3cmまで寄れるスーパーマクロ機能
○撮影時に縦横ポジションを自動的に判別する「SIセンサー」搭載

 キヤノンから始めて登場した「デジタル一眼レフ」。

 2/3型CCD、フリーアングル液晶モニタ、液晶ビューファインダー、高倍率ズームレンズと、このクラスのセオリーに沿った構成になっている。デジカメで始めて採用された「Lレンズ」の描写に注目。


レビュー(MYCOM PC WEB)
-「Lレンズ」の光学7倍ズームを搭載した800万画素機
-PowerShotシリーズ最上位モデルが登場
-沈胴式ズームとハイブリッドAFを搭載
-多彩な撮影をこなすマニュアル機能を満載
-クリアで高精細な800万画素の画像
-風景、スナップ、ポートレート、静物など様々な用途に活躍できるデジカメ

レビュー(WPC ARENA)
-高画質レンズ搭載のコンパクト800万画素機
-デジタル一眼レフに匹敵する性能をコンパクトに凝縮
-電動ズームの操作性にはやや慣れが必要
-画像の解像感は高いがどことなく立体感に欠ける

レビュー(ITmedia PCUpdate)
-コンパクトなボディにLレンズ&800万画素CCDを搭載
-コンパクトデジカメで初めてLレンズを搭載
-ズームリング連動の電動ズームを装備
-ズームリングの操作には違和感が
-AFはやや高速化
-ISO400でも目立つノイズ
-レンズ前3cmまで寄れるスーパーマクロは400万画素しか使えない
-露出補正やホワイトバランス、撮影感度へのショートカットキーが欲しかった
-ユーザーインタフェースはPowerShot G5を継承
-総合力とコンパクトさは大きな魅力

山田久美夫氏のレポート(PC Watch)
-ほとんどのシーンをカバーできる800万画素オールインワンモデル
-意外なほどコンパクトな800万画素7倍ズーム機
-コンシューマー機トップレベルの高画質
-ややストレスを感じる操作性
-大きな可能性と詰めの甘さを感じる新世代デジタルハイエンド機

8機種比較レビュー(Vwalker.com)
-詳細レビュー

戻る