戻る

PowerShot S1 IS(CANON)

発売 2004/03
撮像素子 1/2.7型 330万画素 CCD
レンズ 38〜380mm相当(5.8〜58mm) F2.8〜3.1
記憶媒体 コンパクトフラッシュType II(32MB付属)
インターフェース USB、AV端子
光学ファインダー 無し(液晶ビューファインダー有り)
液晶モニター 1.5型低温ポリシリコンTFT(可動式)
記録画素数 2048×1536
1600×1200
1024×768
640×480
最短撮影距離 93cm(ノーマル)
10cm(マクロ)
電源 単3×4
サイズ(W×H×D) 111.0×78.0×66.1mm
重量 370g(本体のみ)
付属品 レンズキャップ、CFカード(32MB)、ネックストラップNS-DC3、
単3形アルカリ電池×4、AVケーブル AVC-DC300、
インターフェースケーブルIFC-400PCU、CD-ROM
価格 オープン(実売約60,000円弱)

○手ブレ補正付きの10倍ズームレンズ搭載(超音波モーター駆動)

 キヤノンからPowerShot Pro90 IS以来3年ぶりに登場した10倍ズーム機。

 手ブレ補正機能、超音波モーターなど、同社の一眼レフで蓄積された技術を投入した意欲作。


レビュー(ITmedia PCUpdate)
-10倍ズーム機の決定版?手ブレ補正/動画/回転液晶搭載
-小型ボディでの超望遠に強力な武器--IS
-高機能スペックを小型ボディに凝縮
-400万画素「S2 IS」も時間の問題?

レビュー(ITmedia PCUpdate)
-10倍ズーム機の決定版?
-小型ボディでの超望遠に強力な武器――IS
-高機能スペックを小型ボディに凝縮
-400万画素「S2 IS」も時間の問題?

レビュー(WPC ARENA)
-キヤノン久々の高倍率ズームモデルが登場
-扱いやすいボディに手ぶれ補正付き10倍ズームを搭載
-高倍率ズームの性能を生かす装備が満載
-バッテリーの持ちに関しては不満が残る

レビュー(PC Watch:河田一規の「デジカメナビ」)
-手ぶれ補正とフリーアングル液晶で実はお買い得
-曲線主体のバイオデザイン
-ちょっと気になる電源スイッチ
-長時間記録が可能な動画モード
-頻繁に使う項目をFUNC.に集中させたメニュー操作
-このクラスでは貴重なフリーアングル液晶モニタ
-入手の容易な単3電池で駆動可能だが
-テレコンで608mm相当の超望遠撮影も可能
-ややかったるい起動速度
-よく当たるAWB
-ライバルはFZ10

レビュー(ケータイWatch:週刊スパトロニクスmobile)
-スタパ齋藤氏のレビュー
-すげぇ実用的なレンズ機構と性能
-外見で判断しちゃイケナイ!?
-非常に“買い度”の高いデジカメ
-すげぇ実用的なレンズ機構・性能
-USMでズームが快適
-こなれ度の高いインターフェイス
-好む人が多いであろーキヤノン画質
-モード切替なしで10cmまで寄れるマクロ機能

戻る