戻る

PowerShotS50(CANON)

発売 2003/03
撮像素子 1/1.8型 530万画素 原色系CCD
レンズ 35〜105mm相当(7.1〜21.3mm) F2.8〜4.9
記憶媒体 コンパクトフラッシュType2(32MB付属)
インターフェース USB、AV端子
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.8型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 2592×1944
1600×1200
1024×768
640×480
最短撮影距離 50cm(ノーマル)
10cm(マクロ)
電源 専用リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 112×58×42mm
重量 260g(本体のみ)
付属品 CFカード(32MB)、リストストラップ WS-300、バッテリーパック NB-2L、
バッテリーチャージャー CB-2LT、AVケーブル AVC-DC100、
インターフェースケーブル IFC-300PCU、CD-ROM
価格 オープン(実売約70,000円)

○小型軽量のアルミニウムボディ
○9点測距AF
○新エンジンによる高速・高画質な画像処理
○パソコンなしでプリンタから直接プリント可能

 キヤノンの中堅機PowerShot S45の撮像素子を同サイズの500万画素にアップしたモデル。


レビュー(WPC ARENA)
-マニュアル撮影機能が充実のコンパクト機が500万画素のCCDを搭載して完成度をアップ
-キヤノン初の500万画素コンパクト機
-起動時間は約4秒と普通
-よく考えられた操作性
-画質は、さすがキヤノンという滑らかな仕上がり
-コンパクト機としては完成度の高い一台
-コンパクト系の高画質デジカメにマニュアル撮影機能を装備

戻る