戻る

QV-2900UX(CASIO)

発売 2001/06
撮像素子 1/2.7型 211万画素 原色系CCD
レンズ 40〜320mm相当 F3.2〜3.5
記憶媒体 コンパクトフラッシュType2(付属無し)
インターフェース USB(ストレージクラス),シリアル端子,ビデオ端子
光学ファインダー 無し
液晶モニター 1.8型ハイパーアモルファスシリコンTFT低反射カラー液晶
記録画素数 1600×1200
800×600
最短撮影距離 40cm(ノーマル)
(マクロモード時は1〜1.6倍に固定)
電源 単3×4
サイズ(W×D×H) 121×66×80.5mm
重量 295g(本体のみ)
付属品 単3アルカリ電池4本、ソフトウェア、ビデオコード、ストラップ、
レンズキャップ、キャップホルダ、ソフトケース
価格 オープン

○カシオ伝統の回転レンズ
○光学8倍ズーム
○多彩なマニュアル機能
○様々なシーンの撮影設定データ28種類を内蔵したシーンセレクト機能(コンパクトフラッシュから37種類を追加可能)
○撮影間隔約1秒
○独自の画像処理でノイズを抑えた60秒までの長時間シャッター
○レンズ前1cmまでのマクロ機能
○携帯電話へ画像転送が可能

 光学8倍ズーム搭載の211万画素モデルQV-2800UXのマイナーチェンジ機。変更点は、シーンセレクト機能の追加と、TIFFへの対応と価格のオープン化。

 銀塩カメラでも珍しい8倍ズームと回転レンズは、デジカメならではの面白さと言える。