戻る

QV-R4(CASIO)

発売 2002/07
撮像素子 1/1.8型 413万画素 原色系CCD
レンズ 37.5〜112.5mm相当(7.6〜22.8mm) F2.6-4.8
記憶媒体 SD/MMCメモリカード+内蔵メモリ(11MB)
インターフェース USB
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.6型TFT
記録画素数 2304×1712
2240×1680
1600×1200
1280×960
640×480
最短撮影距離 40cm(ノーマル)
14cm(マクロ)
電源 専用リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 90×59×31mm
重量 200g(本体のみ)
付属品 専用リチウムイオン充電池、専用充電器、専用USBケーブル、
ストラップ、CD-ROM
価格 オープンプライス(店頭価格約6万円)

○狙った瞬間を撮影できる0.01秒のレリーズタイムラグ
○小型軽量の3倍ズーム機
○33種類のシーンセレクト機能

Optio430と同クラスの小型軽量ボディの3倍ズーム機。

独自のLSIシステムの搭載により、シャッターボタンを押してから露光を開始するまでのレリーズタイムラグを、0.01秒まで短くする事に成功。(液晶モニター/内蔵フラッシュOFF、フォーカスをロックした状態で、シャッターボタン全押しから撮影までの時間)

デジタルカメラの弱点と言われていたシャッタータイムラグを、極限まで短くすると言う真面目な改良は好感が持てる。しかし、このボディで、400万画素を搭載する必要があったのかどうか。300万画素のモデルも出てほしい。