戻る

QV-R51(CASIO)

発売 2004/01
撮像素子 1/1.8型 525万画素 原色系CCD
レンズ 39〜117mm相当(8.0〜24.0mm) F2.8-4.9
記憶媒体 SD/MMCメモリカード+内蔵メモリ(10MB)
インターフェース USB
光学ファインダー 有り
液晶モニター 2.0型デジタルインターフェースTFT
記録画素数 2560×1920
2560×1712
2048 x 1536
1600 x 1200
1280 x 960
640 x 480
最短撮影距離 60cm(ノーマル)
10cm(マクロ)
電源 単3×2(ニッケル水素充電池付属)
サイズ(W×H×D) 88.3×60.4×33.4mm
重量 168g(本体のみ)
付属品 ニッケル水素充電池×2、充電器、USBケーブル、ストラップ、CD-ROM
価格 オープンプライス(店頭価格約4万5千円)

○約1秒の高速起動
○狙った瞬間を撮影できる0.01秒のレリーズタイムラグ
○大型の2.0型TFT液晶モニタ
○小型軽量の3倍ズーム機
○ワンプッシュで撮影・再生が可能になる「ダイレクトON」機能
○ 5点測距のマルチオートフォーカス
○約900枚の連続撮影が可能な長時間電池寿命(アルカリ乾電池も使用可能)
○電源OFFの状態でもワンプッシュで撮影・再生可能になる「ダイレクトON」機能

 シャッタータイムラグ0.01秒を実現したコンパクト機QV-R4の後継機「QV-R40」の撮像素子を同じサイズの500万画素に変更したモデル。


プロカメラマン山田久美夫氏のファーストインプレッション(PC Watch)
-最大の魅力は2型液晶
-ボタン一つで瞬間起動と終了が可能に
-軽快な撮影感覚
-高速で充実した再生機能
-やっぱり便利な単三電池駆動
-高画素化でも大幅に減ったノイズレベル
-安心してつきあえるカメラ

レビュー(WPC ARENA)
-軽快な操作と大型液晶が魅力の500万画素機
-起動や終了が一発で行えるダイレクトONボタンを装備
-液晶を大型化しつつ500万画素化したコンパクト機
-好評の「ダイレクトON」ボタンは電源オフにも対応
-発色はかなり鮮やかで気になるノイズも軽減

レビュー(ITmedia PCUpdate)
-オーソドックスなコンパクトボディに2インチ大型液晶を搭載
-QV-R40を踏襲したオーソドックスなボディデザイン
-1.6インチから2インチへと液晶モニタが大型化
-緊急用としては必要十分なフラッシュメモリを内蔵
-撮影条件に合わせて設定を細かく変更可能
-起動時間1秒、レリーズタイムラグ0.01秒の高速レスポンス
-画素ピッチが狭い1/1.8型500万画素CCD採用だが、ラチチュードへのに悪影響を感じない

レビュー(デジタルフォト)