戻る

Revio C2(KONICA)

発売 2002/11
撮像素子 1/3.4型 130万画素 CMOS
レンズ 37mm相当(4.5mm)F2.8
記憶媒体 内蔵メモリ(14MB)
インターフェース USB
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.6型カラー
記録画素数 1600×1200
640×480
最短撮影距離 60cm(ノーマル)
30cm(マクロ)
電源 単4×2(アルカリ乾電池付属)
サイズ(W×H×D) 85.8×55.8×13.5mm
重量 70g(本体のみ)
付属品 ストラップ、USBケーブル、単4形アルカリ乾電池2本、
CD-ROM、クイックガイド
価格 オープン(実売約20,000円)

○液晶モニタ付きデジカメとしては世界最軽量(2002年10月現在)
○アルカリ乾電池で100枚撮影可能な省電力設計

 カシオEXLIMに匹敵する小型軽量の単焦点機。

 最近のデジカメとしては珍しく、交換式の記録メディアを持たないが、130万画素モードのファイン(2番目の高画質モード)で55枚撮れるので、メモ用の携帯機としては十分な容量か。


レビュー(NIKKEI NET)

「FinePix F402」「sora T15」「DSC-U20」「EXILIM EX-S2」「Revio C2」の比較レビュー(WPC ARENA)
・画質で選ぶなら「FinePix F402
・動作の軽さと携帯性で選ぶなら「DSC-U20」(画質と液晶にやや難あり)
・「EXILIM EX-S2」は動作の軽さ、携帯性、画質それぞれ優秀だが、充電方法など使い勝手にやや難があり
Revio C2は携帯性が高く低価格
sora T15は携帯性は一歩劣るが、操作性も良好

戻る