戻る

Sora T10 (PDR-T10)(TOSHIBA)

発売 2002/03
撮像素子 1/2.7型 214万画素 原色系CCD
レンズ 38mm相当(5.96mm)F3.1
記憶媒体 SDメモリーカード(8MB付属)
インターフェース USB(マスストレージクラス)
光学ファインダー 無し
液晶モニター 1.6型TFT
記録画素数 1600×1200
800×600
最短撮影距離 40cm(ノーマル)
20cm(マクロ)
電源 単3×2
サイズ(W×H×D) 85.5×72×27.9mm
重量 120g(本体のみ)
付属品 CD-ROM、専用USBケーブル、単3形ニッケル乾電池(2本)、
専用ソフトケース、SDメモリーカード(8MB)、
スタイラスペン付ハンドストラップ、フェースパッド(Luna、Luce)
価格 オープン(実売 約30,000円)

○小型軽量ボディ
○ボディ前面のフェースパッドが好みのデザインに交換可能
○撮影モード以外でも、シャッターボタンにふれるだけで撮影モードに復帰する
○シーン別プログラムオート機能
○すぐ使えるオールインワンパッケージ
×東芝製なのにSDメモリーカード採用
×おもちゃデジカメを連想させる貧粗なレンズ周りのデザイン

 スマートメディアの開発元の東芝から、初めてSDメモリーカード採用のデジカメが出た。スマートメディアの将来性は、噂通り暗いのか?

 外装が変更できるというのは、携帯電話にもある趣向だが、それほど求められている機能なのか疑問。デザインは、おもちゃデジカメを連想させる安っぽいもので、これで、30,000円のデジカメでは、価格競争力に欠けると思われる。


[レビュー:ASCII24]
・タッチパネル操作が目新しいコンパクトデジタルカメラ
・フォーカスがかなり遅く合焦に1秒近くかかる
・シャープでノイズが少ないが、色合いは不自然

[レビュー:WPC ARENA]
・タッチセンサー付きシャッターが画期的
・丸くてちっちゃくて四角いラブリーデジカメ

戻る