デジタルカメラ情報サイト

パナソニック、EVFを内蔵した30倍ズームコンパクト「LUMIX DMC-TZ60」(デジカメWatch)

20140129_9

20140129_9180度チルト式モニターの20倍ズーム機「TZ55」も

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 匿名
    • 2014年 1月 30日

    このシリーズ、欲しいのにいまだに買ってない。理由はかっこ悪いから。

コメントは利用できません。

パナソニック、12倍ズームの薄型デジカメ「LUMIX DMC-SZ8」(デジカメWatch)

オリンパス、マクロコンバーターレンズをリニューアル(デジカメWatch)

最近のコメント

  • User Avatarデジタルならではの絵作りコントロールを楽しむ--OLYMPUS PEN-F(デジカメWatch)へのコメント(02/13 23:55)
    →>レンズの性能の差がそのまま画質に現れるので この方式って、センサーを半画素分ずらして、それまで受光部と受光部の間で死んでいた情報を拾うっていうものだから、レンズに求められる分解能が倍になるというものではないと理解しているのだが実際どうなのだろうか。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 23:38)
    →ここは悲観論者の爺の多いところだから半値八掛けで聞いておくべき。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 23:03)
    →上手く行かなかったかなぁ・・・ そんなにOMシステムって素性が悪かったのかな? そこまでダメなメーカーじゃないと信じたいが、 ここ読んでると、どうも・・・
  • User AvatarM-KEY5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 22:16)
    →たしかオリンパスは「ラインナップを整理して高付加価値商材に絞る」と発表しており、 それなら、1/1.7型のXZ-◯を1型化していても、タイミング的にはおかしくないんですが、 現実にはXZ−10を高倍率化してPENテイストにしたSHにシフトしていますね。 TG-870なんて21-105mm相当と魅力的で、この画角レンジで1/1.7型以上の防水機なんて 欲しがっている人は多そうなのに、いつまで経っても1/2.3型しか作らない・・・
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 21:02)
    →スタイラス1sが売れまくってるならともかく、既に一年経過して新規に調達してるかは怪しいと思うが。 スタイラス1s自体1の在庫調整みたいな感じだったし。
  • User Avatar古参者5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 20:48)
    →スタイラス1sがあるから1/1.7型センサーの調達が問題とは思えないが、 1型だとオリンパスのブランドで売るには高価になり過ぎかと?
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 19:25)
    →1/1.7型はどこも1インチにシフトするか消滅してるから作りようがないのかと。 ここでは興味のない人がほとんどだろうけど、安いコンデジはそれなりの需要はあるようだし安い便利ズーム系とかタフみたいなのが残ってるんだろうね。 10万近い高級路線に手を出せるかと言えば微妙。 個人的にはLX100みたいなm43の一体型が出れば欲しいけど。
  • User Avatar古参者5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 19:12)
    →SH-3についてのコメントが、ほとんど無い。 ま、今更1/2.3型機なんて話題にもならない。 この系統よりも1/1.7型の方を残すべきなんじゃないかな?
  • User AvatarM-KEY5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 18:37)
    →過去の自社製品のイメージを拝借するのは、別に悪くはないと思います。 カメラのコンセプトから考えれると、MFTの上面がフラットなモデルよりも このSHシリーズの方が「PEN」にふさわしいのでは? で、1/1.7型センサー機は「TRIP」TGシリーズは「ピカソ」・・・ さすがに無理がありますね。 個人的にはEVFレスで25倍ズームというのに引っかかりますし。 XZの系譜が途切れてしまったのが残念です。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 16:42)
    →廃止されたり黒歴史ですら美化する技法は、 オリンパスの独壇場ですわ。 節操なしとも言う。 ただ、潰れない為には 仕方ない事情があったんだろうて。
  • User AvatarネガティブD800ユーザー5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 14:45)
    →まあ、ヤシカコンタックスという偉大な先駆者もいるからねえ。 車業界だと日産のスカイラインやトヨタのハチロク、三菱のRVRとかも元ネタ無視の名前だけのモデルだね。
  • User AvatarネガティブD800ユーザー5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 14:38)
    →M-KEYさんの比較表、読み込んでみるとなるほど良く出来てるなあ。 匿名さんのOM707とT80のくだり、膝を叩かずにいられない。 T80より後に出たT90の相手がOM707より先に出てるOM4というのも面白い。 キヤノンもAFの波にはむしろ乗り遅れた組だからね。 該当機なしのOM3には…いちおうF-1を当てておいてあげてもいいかもよ。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 13:40)
    →やって欲しいことは、みんなパナソニックが先行しちゃうんだよね。 マイクロ4/3自体もそうだが。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 13:39)
    →>OMにもいろいろあるのですが、私の印象は >OM707:T80 M-KEYにしては珍しく、正しい書き方。 このままマウント維持することが出来ないことを明らかにした機種という意味で。 OM全体とkissを比較しようなどというドンブリ書き込みよりずっとまし。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 13:01)
    →どうでもいいから、誰かキヤノンT80のこと、語ってくれない? FDの唯一のAF。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 12:39)
    →廃止に追い込まれた名前でも、 時間が経てば再利用できる、 という商売手法を編み出したわけだ。 オリンパスあっぱれ。
  • User AvatarネガティブD800ユーザー5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 12:26)
    →>M-KEYさんの上の匿名さん 主旨がねじ曲がってるよ~。( ̄▽ ̄;) それともわざと?(笑) 最初の匿名さんは「キヤノンというメーカー」を引き合いに出したかったんじゃなくて、「フィルム時代とセンサーサイズ(厳密にはフォーマット)が違うのに同じブランドを名乗るのはおかしいという理屈でPENやOMは叩かれてる。同じ流れのKissは叩かれていないのに」と書いてたのよ。 しかしあれだな、新旧OMと新旧Kissとを比較して改めて考えると、ブランド名を継承する際世間に納得してもらえる条件としては「新旧でフォーマットが同じ」ではなく、「出自や立ち位置において新旧間の繋がりが明確なこと」だということなのかな。 オリを叩く人は、センサーサイズよりもむしろそっちに重きを置いて叩いてるんじゃない?
  • User Avatarキヤノン「EF35mm F1.4L II」、新技術を凝縮した5000万画素時代の高画質レンズ(日経トレンディネット)へのコメント(02/13 12:10)
    →ケーブルで音が変わるのは確かで、耳でもわかることがある。ただし価格には全く比例しないし、周辺機器のセッティングによっても評価が変わり、一般性や再現性がない。写真の等倍比較みたいなこともできないので優劣ははっきりしない。ハイエンドケーブルはそこを狙った商売で、買うのは博打に近いけれど、高いケーブルにしとけばなんとなく音がよく感じる、という心理はある。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 11:29)
    →M-KEY氏と同じだが、AF化において一定の成果が出たとしても、OMマウントはデジタルに上手くバトンタッチ出来なかった気がするな。 マウント引きずってもその後ニコン、キヤノンのような強者連合にはなれなかっただろうし、さりとてミノルタやペンタのような浮き草な生き方もオリには無理だっただろう。 それでもゴリ押しするしかない状況になってたら、それはそれで今頃はいろんな意味で窮地に立ってる気がする。
  • User AvatarM-KEY5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 10:18)
    →歴史に「もし」はありませんが、 仮にOMがAF化に成功していたとしても そのままデジタル化はしなかったような気がします。
  • User AvatarM-KEY5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 10:07)
    →>論理的に比較するなら、OMと比較すべきキヤノンカメラはkissじゃなくFDのTシリーズでしょう。 OMにもいろいろあるのですが、私の印象は OM-1:FTb OM-2:EF OM-1N:該当無し、無理に例えるなら輸出用のAT-1 OM-2N:A-1 OM10:AE-1/AV-1 OM20:AE-1P OM30:AL-1 OM-4:T90 OM-2SP:該当無し 0M-3:該当無し OM40:T70 OM707:T80 OM101:該当無し OM2000:T60(輸出用) なんですが、発売年や価格等で無理がありますね。
  • User AvatarM-KEYマイクロフォーサーズ規格に5社が賛同を表明(デジカメWatch)へのコメント(02/13 09:44)
    →個人の発言と校正を経たであろうメーカーやメディアの発言は違います。
  • User Avatarマイクロフォーサーズ規格に5社が賛同を表明(デジカメWatch)へのコメント(02/13 09:28)
    →>スチルの未来はな進歩ない 成熟した、と普通は言います。日本語を知らないんですね。 M-KEYも一眼呼称にクレームしてもこういう部分は何も言わない。 >スチルの未来はな進歩ない 無記名の有象無象が、誰に対して、何に対して不満をぶつけてるのか、読めませんね。 >未来はな 意図的に誤字を入れるM-KEY一派ですか?
  • User AvatarTECHART、ライカMレンズでAF撮影できるマウントアダプターを発表(デジカメWatch)へのコメント(02/13 09:07)
    →ペンタックスにもあったね。 http://bbs.kakaku.com/bbs/10504510403/
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 08:01)
    →論理的に比較するなら、OMと比較すべきキヤノンカメラはkissじゃなくFDのTシリーズでしょう。 おっと、デジカメジンではタブーでしたね。みんなわかりながら書いてるんですよね。 2016年2月13日 7:58 総アクセス数66157214 現在の閲覧者数3人
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 02:41)
    →興味深い話がいっぱい出ているけれど、 80年代、もしもオリンパスが他社並みにAF対応を果たしていたら・・・ ふと考えてしまった。 正真正銘の由緒正しいOM-Dが出ていても不思議でないと。 歴史の転換点て、後から見ると怖いものだね。
  • User AvatarM-KEY5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 02:10)
    →>なぜオリンパスだけが断念せざるを得なかったの? OM707、そしてOM101が売れなかったからでしょう。 当時のオリンパスの開発陣は、AF機と3ケタナンバーにした点と AF(PF)レンズ群にZUIKO銘を入れなかった点AF機をMF機よりも 下に見ていたフシがあります。 もちろん、他社と同様に自前のフォーカスセンサーの開発は していたでしょうが、OM101のタイミングには間に合わず 当時はまだ発展途上でフォーカシングリングさえないどころか 地獄嵌めになるAFレンズシステムをリニューアルするよりも レンズ一体型とした方が合理的だと判断したと想像します。 1990年代前半、たしかに新製品の品数ではAF一眼レフが多かったですが 実際には、まだまだAFに絶対的な信頼をおいている人は少数派で キヤノン(New)F-1やニコンF3が販売されていました。 (今のミラーレス機に似たような状態?) AFがプロの間で本格的に使われるようになるのはEOS-1NやF5からで 入れ替わるように販売終了したNewFDシステムは騒ぎになりました。 OM視点では「放置」ですが、限られたリソースをレンズ一体型や デジタルカメラに振った当時のオリンパスの判断は正しかったと思います。 デジタルカメラ黎明期にリーディングになり(これがxDに繋がるわけですが) 現時点でカメラ事業から撤退せずに続けられている点でも明らかでしょう。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 01:26)
    →私は昔の話は知りませんが、 E-7を待っていたので、 出す出す詐欺に遭ったような気にはなりましたね。 さんざん匂わせて、最後には統合ですから。。。 ここで、昔からそういう土壌があったのを知り、 仕方ないのかな…という気になりました。 時代は繰り返す、ですから。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 00:58)
    →何でずっとけんか腰なんだろうか? 擁護するわけじゃないが、M-KEYの話の方が具体例もあってわかりやすいけどね。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 00:43)
    →ハネウェル問題ってのは、ほとんどαがやり玉に挙げられて進んだもので、 その他のメーカーは、後から芋づる式についてきたもの。 そんな中、なぜオリンパスだけが断念せざるを得なかったの? チン説もほどほどにせい! >OM707以降もAF一眼レフを出すつもりだったがフォーカスセンサーが入手できないので 他社だって同様だったのではないの? 独自センサーだったキヤノン以外、例えばニコンやペンタは じゃあどうやってセンサーを入手したんだ? どうしてオリンパスには出来なかった? >オリンパスのAF一眼レフからの撤退は、それほど問題視されませんでした。 ユーザー自身にとっては、まさかの梯子外しだったし、 誌上だってOM101の謎みたいな記事があったろ。 そして従来ユーザーの多くは、まだOM-5とか従来路線で続いていくものと 思っていたのも事実。 ところが放置プレーに走った。 これを問題視しなくて済むのは当時を知らない若造か、 オリンパスに最初から期待なんてしていないにわか。 >1990年代前半は >まだAF一眼レフが主流ではなく いえいえ。もうカメラ売り場はAF機がメインだったが? いい加減なことばかり書くなってほんと。 αに関しては、もう第三世代に入っていたころだぜ? 時代感覚が滅茶苦茶。
  • User AvatarM-KEY5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 00:23)
    →フォーカスエイドのOM-30をそのままAF化せずに、 何故中途半端なマウント変更でOM707を出し、 次機種では、パワーフォーカスのという謎のOM101なのか? 気になったので調べてみました。 OM-30やOM707のフォーカスセンサーはハネウエル製ですね。 たしかに訴訟が決着して各社が賠償金を払ったのは1990年代ですが 訴訟そのものは1987年に起こしており、その影響でオリンパスが フォーカスセンサーを調達できなくなった可能性はあります。 オリンパスとしては、OM707以降もAF一眼レフを出すつもりだったが フォーカスセンサーが入手できないので、仕方なくパワーフォーカスの OM101を出したが、そこでOMのAF化を諦めたとすると納得です。 そうしてOMのAFは終わった訳ですが、1990年代前半は まだAF一眼レフが主流ではなく、オリンパスのAF一眼レフからの撤退は、 それほど問題視されませんでした。 その後、レンズ一体型のLシリーズに舵を切って、それがE-10/20を経て フォーサーズにつながっていく訳です。 で、ハネウエルセンサーを使った機種にニコンF501がありますが そのAFはα7000と比べると、見劣りするモノだったので OM707の方がAF性能が上だったとしても驚きません。 (そういう証言はネット上にいくつかあります) 2002年にOMシステムの廃止が正式に発表されましたが、 徐々にフェードアウトしての廃止ですし、 一応は純正のマウントアダブターで受け皿は用意されていました。 でもヤシコンはメーカーの撤退で、そのタイミングはGやN、645など ラインナップが拡大していく中での寝耳に水で、難民の数はともかく...

アーカイブ