デジタルカメラ情報サイト

Hasselblad、35mmフルサイズのAマウント機「HV」を発表(デジカメWatch)

20140204_1

外装の一部にチタン。24-70mm F2.8付属で120万円

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (17)

    • 匿名
    • 2014年 2月 04日

    120まんえんだってさ・・・ぷっ

    • 匿名
    • 2014年 2月 04日

    しかし、終わっとるね。近年のハッセルは・・

    • 匿名
    • 2014年 2月 05日

    ぼろい商売しとんなー

    • M-KEY
    • 2014年 2月 05日

    レンズはソニーと同じなのでボディだけで100万円。
    これを元の4倍とみるか、+75万円とみるか?
    「希少」「高価」というのも付加価値なので
    あえて予定生産数を絞って高めの価格にするというのは理解出来ます。
    昔のハッセルは国産中判カメラの約3倍の価格でしたが
    外観違いだけで3倍のアドバンテージは感じません。
    個人的にはカスタム代として+15万円くらいなら許容範囲です。

      • 匿名
      • 2014年 2月 05日

      例えば503CWが高価な分だけ、国産中判のボディより優れていたかというと微妙どころか劣ってたんじゃねぇの? って思いますけどね。
      今回は本当に外観だけ、中身が日本メーカー製まんまってのが真実を気付かせてしまった。

        • M-KEY
        • 2014年 2月 05日

        ハッデル500系と同じ6×6判でレンズシャターのブロニカSQと比べると
        クイックリターンミラーじゃないのでレリーズ後にファインダーが暗転
        501C以前はミラー切れで望遠や近接ではファインダー像の上2割くらいがケラレる
        ボディの内面反射が大きく、T*レンズでも逆光に弱い
        など、機構上の不備も多買ったのですが、
        実際に使うと、その機械的な精度の高さやロジカルな操作性など
        カメラとしてのステージが高く、価格差は充分に納得できました。
        撮影対象によってはマミヤやフジGX680、PENTAX645も使っていましたが
        一番信頼でき、ストレスなしで撮影できるのがハッセルブラッドでした。
        フジGX645AFと同型になったH1以降は使った事がないので知りませんが
        このHVはミニHシリーズだと考えれば、妥当なデザイン、価格なのでは?

    • 匿名
    • 2014年 2月 05日

    買わない、いや買えやしない連中が何をゴチャゴチャ言ってるのか。

      • Tokumei
      • 2014年 2月 05日

      いや、例え「くれる」と言っても要らないでしょう。
      ライカの皮をかむったパナとか、これとか、恥ずかしくていけません。
      持っているだけで「馬鹿宣言」しているようなもんです。
      金時計とか金歯とか、当世あまり流行りませんよ。

    • 匿名
    • 2014年 2月 05日

    俺は買えるくらいの財力はあるぜ?
    なめんなよw

    • nroff
    • 2014年 2月 05日

    このカメラとフィルム時代の6×6のハッセルとが
    自分の中でのイメージがまったく繋がらない。
    資本関係でなんかあったの? 中国企業に買われちゃったとか?

      • 匿名
      • 2014年 2月 05日

      むしろ中国企業に買収されてた方が面白みのある製品を出してると思う。

    • 匿名
    • 2014年 2月 05日

    ガンダム化してますな(笑)

    • 騙されやすい俺
    • 2014年 2月 05日

    昔ヨドカメが、ライカのマークをつけたフジのOEMコンデジを販売してたことがあったっけなあ。
    定価じゃフジの同型機比で倍以上。でも安売りで同程度の価格で売ってた。スタイルは縦型のあの頃はやった若干アバンギャルドなデザイン。撮りにくそうなホールド感が哀しかったっけ。
    で、画質はまったく同じ。使い勝手もまったく同じ。ロゴと付属品が違うだけ。なんでもヨドカメオリジナル企画だったとか・・・。
    あれと一緒だね。
    買いたい人はいるんだろうね。オフィシャルなロゴ付ってだけで、20年も経てば高くなるかも。ブリキのおもちゃの骨董価値と一緒でさ。

      • 匿名
      • 2014年 2月 05日

      そのフジライカは、淀オリジナルでなくカタログモデルだった
      今のパナライカのルミックスみたいな物
      元ネタ自体ポルシェデザインの由緒正しいガジェットで
      持ちにくいなんて事はなかったが、
      保守的な日本人には受け入れられなかった
      在庫を淀が引き受けたんだろう

    • 匿名
    • 2014年 2月 05日

    Hasselbladって響きは好きなんだけどねぇ

    • 匿名
    • 2014年 2月 05日

    120万でカメラ買えと言われたらD4+D800+レンズにします。
    私って夢がないのでしょうか?

    • 匿名
    • 2014年 2月 05日

    昔、ハッセルは憧れだった。
    金がないからゼンザブロニカで我慢した。

    > 記録メディアはメモリースティックPROデュオ、・・・・
    って、ところが泣けてきます。

    「Stellar」にしろ「Lunar」にしろ、最近のハッセルはソニーと仲良しだね。

コメントは利用できません。

交換レンズ追加!第1弾–「α7」自腹レビュー:第3回(デジカメ絵日記帳)

強靭な基礎体力を誇る「X」新シリーズ–FUJIFILM X-T1(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ