デジタルカメラ情報サイト

“超高画素CMOS”の「PENTAX 645D 2014(仮称)」がCP+2014に参考出品(デジカメWatch)

新レンズ・アクセサリーも

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • 匿名
    • 2014年 2月 06日

    ペンタックス645シリーズにはある種の「好ましい頑固さ」があって好印象を持っている。
    非常に多機能になっても 縦位置撮影用に左側面を完全にあけて三脚穴を設置。
    写真撮影がよく判っている設計者だなあと思う。

    • 匿名
    • 2014年 2月 06日

    ミラーアップをファインダー覗きながらでも操作できる位置に置いてあるのもそうですね。
    スタジオユースには不評らしいですが、フィールドでは非常に有効。

    • 匿名
    • 2014年 2月 06日

    ネーミングがモーニング娘。みたくなってきましたね。

    • 匿名
    • 2014年 2月 07日

    勝負の年だ!

    • 匿名
    • 2014年 2月 07日

    sonyの50M CMOS搭載でしょうか、ハッセルよりだいぶお安いんでしょうね、買えないけど。

    • jza98lwz3
    • 2014年 2月 07日

    フイルムデュプリケーターいいなとおもったけど、645D専用みたいだね。

コメントは利用できません。

ペンタックス初のAF対応1.4倍リアコンバーター(デジカメWatch)

パナソニック、「DMC-G6」「DMC-GF6」の最新ファームウェア(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ