デジタルカメラ情報サイト

手ブレ補正特許侵害訴訟、シグマに支払命令(デジカメWatch)

ニコンが提起していた訴訟
シグマがニコンに15億円の損害賠償を支払う判決

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

    • 匿名
    • 2014年 2月 18日

    最近のシグマ除けといい、ニコンはシグマの徹底排除に向かっているのだろうか。

      • 匿名
      • 2014年 2月 19日

      どうせなら「シグ魔除け」と書いて欲しかった。

    • 匿名
    • 2014年 2月 18日

    シグマは銀塩の時代から、トプコン、キヤノン、ミノルタにマウント特許で訴えられて来た歴史がある。
    但し、過去の特許訴訟では何れも勝訴だったから、今回も甘く見ていたんだろう。
    確かに、シグマのリバースエンジニアリングの技術は優秀で、過去には中国、韓国メーカーの様な低レベルの
    コピーに終わらずに、特許を回避した設計が出来ていたが、逆にそれが慢心の元になって脇の甘さがあって、
    今回は逃げ切れなかったものと思われる。
    キヤノンなどは、マウントの信号伝達系パクられながら、過去の敗訴で手も足も出なかったが、ニコンの
    勝訴で改めて訴えて来そうだな。
    ソニーの場合は、Eマウントのレンズを増やしてくれているから、静観するだろうけど。

    • jza98lwz3
    • 2014年 2月 19日

    15億はかなり手痛いだろうね。更に長引かせるのか。

    • M-KEY
    • 2014年 2月 19日

    シグマは、昔は「安いだけ」の代用レンズという認識でしたが
    純正に無い魅力を持ったレンズを比較的早いタイミングでリリースし、
    その性能も最近のモノはあきらかに純正を上回るモノも多く、数本を愛用しています。
    今回の件でも心情的にはシグマに肩入れしたいのですが、
    いくら法的には問題のないリバースエンジニアリングだとしても
    どうしても、現状の「互換マウントレンズ」にはグレーな印象を持ってしまいます。
    カメラメーカーにいくらかの対価を払ってでも「認証」をとって欲しいというのが、
    ユーザーとしては正直なところです。
    多少は販価が上がるでしょうが、それ以上の安心感を得られそうだし、
    このような「嫌な思い」をしなくてすみます。

    • 匿名
    • 2014年 2月 19日

    ま、これで決着したわけではありません。
    まだまだ戦いは続くでしょう。

    • Tokumei
    • 2014年 2月 19日

    これでニコンは得をするのかなぁ?
    ペンタ用をコシナが止めた時とか、寂しい思いをしたもんだけれど・・・。
    シグマと同等のお買い得レンズを出す腹が無いと、かえって入門者が買わなくなるかも?
    シグマやタムロンが商売になるのは、「メーカー純正は高い」というユーザーの選択があるからだし・・・。

      • 匿名
      • 2014年 2月 19日

      タムロンはニコンとクロスライセンスを取り交わしているし、レンズに関する特許もニコンと共同出願するくらい、良好な関係。トキナーとコシナもニコンとの関係は良好だよ。
      シグマだけが、ニコンをはじめとする各カメラメーカーと40年前から特許で喧嘩してきたのだが。

コメントは利用できません。

「α7(ILCE-7)」はフルサイズ素子を持つ究極のミラーレス機-ソニー(ASCII.jp)

CP+2014の来場者数は前回比67.4%の4万2,203人(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ