デジタルカメラ情報サイト

カメラ機器の展示会「CP+」終了、苦戦のコンパクト機にも新たなトレンドが見える(日経トレンディネット)

各社とも、低価格のスリムモデルはほぼ消滅
スリム高倍率ズーム機は、ビデオカメラのニーズも取り込む
1000mmを超える高倍率ズーム機、超望遠撮影をしやすくする「照準器」に注目集まる
高級コンデジは、デザインや機能で個性がさらに強まる
超広角レンズ+自分撮り液晶の異色タフネスモデルも登場
by 磯 修=日経トレンディネット

関連記事

コメントは利用できません。

小さくなっても上位機ゆずりの充実装備–OM-D E-M10(デジカメWatch)

手のひらマイクロフォーサーズ「DMC-GM1」、ロングヒットの予感(ITmedia デジカメプラス)

最近のコメント

アーカイブ