デジタルカメラ情報サイト

キヤノン「PowerShot G1 X Mark II」の実力を探る(デジカメWatch)

“最強のコンパクトデジカメ”を早春の被写体でチェック!
まずはスペックを見てみよう
広く明るい新設計ズームレンズ
デュアルベースマルチアスペクト対応の大型センサー
独創的かつ秀逸な操作性
すこぶる相性の良好な外付けEVF
メイン機の資質をもったコンパクトデジカメ
by 曽根原昇

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

    • 匿名
    • 2014年 3月 15日

    開放で滲むのはコンデジとしてどうかと思うけど、絞るとかなり解像するね。
    kissとかのキットレンズよりずっといいんじゃないだろうか。
    しかし、Dレンジは相変わらず狭そうだ。

    • z
    • 2014年 3月 15日

    お店で触ったけど、もっさりした操作感で買う気が萎えました・・・

    • 匿名
    • 2014年 3月 16日

    確かに開放マクロ描写は、独特だね。
    よくキヤノンがOK出したなと思った。
    あれもこのカメラの個性と考えれば
    いいと思うんだけどね。それにテレ端の
    開放F値のF3.9だけど、F4で良かったんじゃない?
    逆に無理矢理感が出ちゃうよ。

    • 匿名
    • 2014年 3月 16日

    (協力:キヤノンマーケティングジャパン株式会社)
    ついにインプレスもこういうことをやるようになってしまったか。

      • 匿名
      • 2014年 3月 16日

      以前からよく掲載してる。
      提供元を明記してるだけ他よりマシ

    • 匿名
    • 2014年 3月 16日

    製品版のレビューではないのね

      • tokumei
      • 2014年 3月 17日

      いわゆる広告記事というヤツですな。

    • 匿名
    • 2014年 3月 18日

    画素数が変わったから新センサーかと思ってたけど、よく見たら総画素数は変わってないのね。
    それじゃS/Nやダイナミックレンジは進歩なしかな。

コメントは利用できません。

富士フイルム、「X-T1」の“光線漏れ”現象に対応(デジカメWatch)

屋根の上でくつろぐ猫をソニー「RX10」で撮る!(ASCII.jp)

最近のコメント

アーカイブ