デジタルカメラ情報サイト

FUJIFILM X-T1–注目の操作性や画質は期待通りか?(日経トレンディネット)

汎用の電子ダイヤルに加え、ISO感度やシャッター速度は専用ダイヤルを用意
ファインダーは像が大きく精細なだけでなく、表示方法に工夫が見られる
画質は期待通りの高さ、標準ズームでもクリアな描写が期待できる
単純にデザインだけのカメラではなく、メインで不満なく使える1台
by 吉村 永

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • 匿名
    • 2014年 3月 18日

    結構丁寧なレビューで感心。

    • ほにゃらら
    • 2014年 3月 18日

    お駄賃ほしさの提灯持ちレポートと違って きちんと筆者の見解を述べた好ましいレビューだと自分も思った。
    ただ登場するレンズが標準ズームとマクロ60ミリだけなのは少し寂しい。
    シリーズ化して 他のレンズを使ったレビューも見たい。

    • 偏向カメラ業界
    • 2014年 3月 18日

    >ただ、シャッターボタンを半押しにするとその間はマニュアルフォーカスが
    >動作しないなど、細かなクセは散見される。
    >ファインダーは表示のタイムラグの短さも特筆すべきポイントといえる。
    >光学ファインダーとまったく同じ感覚とまではいえないものの、両目を開けながらの撮影でも
    >実像と映像の動きに大きな差を感じず、快適な撮影が楽しめた。

    ここまで書いててなんで
    「従来機にもあったシャッターボタンを半押しするとプチフリする
    フジ機の悪癖がまたも再発している」
    って書かないかね?
    EVF覗いて半押しすれば10人が10人気づくレベルの現象を
    あえて無視してるようにしか見えないんだけど
    なんでタイムラグが短いことを求められるかって言えば、
    動体撮影に対応するために必要なのに、半押しのたびに
    プチフリしてたら被写体追えないから台無しだろ
    それならタイムラグ従来通りでプチフリなしのほうが
    まだマシなくらいだよ
    レビュアーは両目開けてシャッターボタン半押ししながらなに見てたんだと

コメントは利用できません。

OLYMPUS OM-D E-M10–魚眼ボディーキャップレンズを試す(ITmedia デジカメプラス)

ハービー・山口氏の「GRトークショー」が復活(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ