デジタルカメラ情報サイト

標準ズームで撮るクジラのオブジェと螺旋階段–「HD PENTAX-DA 20-40mm F2.8-4ED Limited DC WR」(ITmedia デジカメプラス)

【交換レンズ百景】
アルミ削り出しによる高品位な鏡胴デザイン
単焦点レンズの感覚で使えるスナップレンズ
by 永山昌克,ITmedia

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (14)

    • 匿名
    • 2014年 3月 20日

    >少しだけ焦点距離を調整できる単焦点レンズ

    余所でもそのような表現をされているサイトがありましたが
    高倍率ズームに慣れた人より単焦点レンズを常用するような人向きのレンズ。
    特にFAリミテッドを好むような人達にお勧めしたいレンズじゃないかと思います。

    • 匿名
    • 2014年 3月 21日

    >絞り込むほどに解像感が高まり、キレ味のある描写が得られる。
    絞ってある作例も微妙な気がするんですが、それは・・。

    • 匿名
    • 2014年 3月 22日

    かつて本当の標準レンズといってFA43を出したメーカーなのに、APSでそれに相当する28ミリ単焦点がないどころか、ズームレンズのリングにすら28ミリの指標がないとはいったいどういうことでしょう。せめてリミテッドを名乗るこのレンズくらいは付けるべきだったのでは。

      • 匿名
      • 2014年 3月 22日

      銀塩時代は
      フィルムの対角に合わせたり半端な数字に拘ったりしてたけど
      DAリミになってキリのいい数字で出すようにしてますね
      (21mmだけ端数が出てますが)。
      それでも40mm70mmなど普通とは違う半端な数字なんですけど。

        • 匿名
        • 2014年 3月 22日

        ざっくり言ってしまえば、レンズの焦点距離って7の倍数なんじゃないかな、と思います。

        14mm
        21mm
        28mm
        35mm
        42mm≒40mm、43mm
        49mm≒50mm
        てな感じで。

        そう考えると、70mmも77mmもキリが良いと思います。

        じゃぁ24mmは何なの?という話はありますけどね。

          • M-KEY
          • 2014年 3月 22日

          「7の倍数説」
          なるほど今まで気付きませんでしたが納得です。
          絞りの方も
          1.0
          1.4
          2.0
          2.8
          4.0
          5.6



          と0.7の倍数が絡んでいますね。
          これは「2の平方根≒1.4」の1/2なんですが
          あと、フィルター径も
          40.5mm
          43mm
          46mm
          48mm
          52mm
          55mm
          58mm
          62mm
          67mm
          72mm
          77mm
          82mm
          あらためて見ると謎ですね。

          • 匿名
          • 2014年 3月 23日

          たぶんはじめに標準50ミリがあって、その倍の面積が写るのが0.7掛けの35ミリ。35ミリの倍の面積が写るのが24ミリということだったのではないかと思います。
          むしろ28ミリの方が謎ですが、55ミリも標準レンズとして存在していた時期の産物でしょうか。

        • nroff
        • 2014年 3月 24日

        ライカのブライトフレームが出た頃には、
        レンズラインナップのパターンって、固定化していたのでしょうか。
        詳しい方、教えてください。

      • 匿名
      • 2014年 3月 22日

      銀塩時代は67、645、135、110とやっていたのがペンタックス。
      他のフォーマットと相対的にどうのではなく、そのフォーマットでどうかをしっかり考えているのですよ。

    • 匿名
    • 2014年 3月 22日

    20 25 30 35 40 の表記で十分ではないかと….

      • 匿名
      • 2014年 3月 23日

      20ミリの倍の面積が写るのが28ミリ、その倍の面積が写るのが40ミリですから、20と40の真ん中は28ミリでもいいような。間に入れるとしたら24と33くらいでしょうか。フイルム時代に見慣れたところで20・24・28・35・40でも良かった気がしますが、リミテッドはひねくれてるからそれじゃ当たり前すぎるのかな。

        • 自称事情通
        • 2014年 3月 23日

        なんか勘違いしていませんか?

        • ほにゃらら
        • 2014年 3月 24日

        >20ミリの倍の面積が写るのが28ミリ、その倍の面積が写るのが40ミリですから、
        いやいや こんな考えの方がひねくれているぞ。普通は反対に考えるけど。

      • 匿名
      • 2014年 3月 23日

      上記の通り焦点距離、絞りにおいて
      いわゆるちょうどのキリのよい数字はマイノリティ。
      PENTAXは
      ある種マイノリティたることを楽しんでるフシがありますからね。

      …でマニアはそのマイノリティさを喜ぶ。。。と f^_^;

コメントは利用できません。

“自分撮り専用”カメラ「iVIS mini」のパパ・ママ向けスゴ技とは(日経トレンディネット)

ブライドルレザーで正装する–ライカM(Typ 240)+ Opton Sonnar 50mm F1.5 T(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ