デジタルカメラ情報サイト

縮小光学系アダプターのベストバイを探る(デジカメWatch)

APS-C機でフルサイズ相当の撮影を実現。3製品を撮り比べ
価格帯は1万円台後半から5万円前後まで
画質検証。周辺部に差あり
価格の差は画質の差
by 澤村徹

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • 道頓堀
    • 2014年 4月 17日

    α7/α7Rを買った方が早い。

    • 襤褸猫
    • 2014年 4月 17日

    ボケ量は計算上レデューサーを通した場合と変わらない事になっていますが、シャッター速度(光量)は稼げますからね、この手のアダプタ。
    マイクロフォーサーズ用だと1万台のアダプタもあるのか。財布と相談しよ。ヤシコンの資産はそれなり(それこそ18mmも50mmF1.7もありますw)に持っているので。100mmマクロがF2.0マクロになるのか、胸がアツイw

    • M-KEY
    • 2014年 4月 17日

    シャッタースピードは稼げますが、APS-Cに対して35mmフルは
    高感度特性で約一段のアドバンテージがあるので、一段高感度を
    使ってもノイズレベルはほぼ等しくなります。

    • 襤褸猫
    • 2014年 4月 17日

    そのような用途なら素直にα6000にメタボーンのアダプタをあわせます罠w>APS-Cだのシャッター速度だの。上のはあくまで自分の手持ち資産の話ですもw

    で、クロップ可能ならあえてα7sにメタボーンアダプアを組み合わせるのもアリかと。明るさが正義の場面はありますから。ボケが必要ならNDかますより素直にそのまま使いますけどw

コメントは利用できません。

東芝「FlashAir」とともに春の撮影地巡り(デジカメWatch)

PowerShot N100–変わり種の前後カメラに隠された意外な実力(日経トレンディネット)

最近のコメント

アーカイブ