デジタルカメラ情報サイト

「ファインシャープネス」徹底研究–PENTAX K-3(デジカメWatch)

【ミニレポート】
ファインシャープネスの違いを確かめる
K-5 IIsとの違いは?
銀塩カメラに近い自由度を得たK-3
by 大高隆

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • nroff
    • 2014年 4月 17日

    う〜ん、K-5 IIsとの比較じゃなくて、まずはノーマルシャープネスとの比較を見たかったなぁ。
    欲を言えば、可能な限り条件そろえて他社機とシャープネス関連の絵作りを比較するとか。
    ファインシャープネスはペンタ機だけだから、未所有者としては気になるんですよ〜。

      • 名無し
      • 2014年 4月 18日

      理屈としては

      ノーマルシャープネスはパッと見の見栄えがいいシャープネス
      線が太目で見た目の解像感があり、バランスがいい

      ファインシャープネスはアンシャープマスクっぽい考え方で繊細な感じ
      線が細く等倍でのクオリティは高いが、パッと見はソフトな感じ

      エクストラシャープネスはさらに細く強いカリカリシャープネス
      うまく使えば、RAW現像に近い細かさが得られるが、かけ過ぎるとノイズも強調される

      他社機はノーマルとファインの中間という印象でしょうか
      個人的にはペンタ機のノーマルシャープネスは好みではないので、ファインを弱めで使っています

        • nroff
        • 2014年 4月 18日

        情報ありがとうございます。

        ローパスレスとかXセンサーとかより、シャープネス設定の細かなパラメータの方が
        よっぽど解像感に影響が大きいと思うのに、何でみんな無関心なのかなぁ。

    • 匿名
    • 2014年 4月 19日

    単にシャープの強弱だけでなく、ペンタは輪郭の出方を調整できるわけですか。
    使いこなせば、カメラ単体でもかなり追い込めるかもね。

コメントは利用できません。

SNSに投稿した写真を一括管理–Social Gallery-3D(デジカメWatch)

Google公式カメラアプリ「Googleカメラ」が一般公開(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ