デジタルカメラ情報サイト

撮影後にピント自在な「Lytro」に新モデル(デジカメWatch)

ミラーレス風スタイルでマニュアル撮影対応。海外で8月出荷予定

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (15)

    • 匿名
    • 2014年 4月 23日

    この技術は将来きっと主流になって旧来のカメラを駆逐する。いずれ動画もピントが自由になる。シータのように360度撮影も当たり前になり、世界の全てを丸ごと撮影できるようになる。

    • 匿名
    • 2014年 4月 23日

    もうちょっとでブレードランナーの世界ですね。
    でも結局はどこにピントの合ったシーンを作品として選ぶかはフォトグラファーのセンスが
    ものを言うところでしょうね。

    • 匿名
    • 2014年 4月 23日

    シグマのアレよりもカコイイ

      • 匿名
      • 2014年 4月 23日

      画像だけ見て「今度のNEXカッコいいじゃん!」て思った。でもquatroの方が好き。

      • nroff
      • 2014年 4月 23日

      BlackMagic Designのカメラとかもそうですが、
      旧来のカメラとも業務用映像機器とも違うデザインでちょっと新鮮ですね。
      伝統は適度に無視しつつ、真剣に作ってる感じがします。

    • 匿名
    • 2014年 4月 23日

    JPEGの400万画素出力でデータ量は4000万画素分という事か、特殊用途限定だね。
    デザインは縦位置よりローアングルを重要視する人には良さそうだ。

      • kuro
      • 2014年 4月 24日

      Focus Bracketingの撮影間隔が充分に短くなれば、ほぼ同等のことが出来そうですけどね。
      コマ間のAFは不要ですから、例えばNikon 1だったらFirmwareの更新だけで出来てしまうのでは無いでしょうか?
      10コマ撮っても最短1/6秒で終わりますし、よほど動きの激しい被写体でなければ充分に対応できそうに思えます。

        • 匿名
        • 2014年 4月 24日

        カシオのコンデジに搭載されてる「全焦点マクロ」が
        言ってみればそういう機能だけど
        そこからいろいろ改善が進んだとして
        Lytroのサンプル画像みたいな精密感が出せるかな?
        (そう簡単ではない気がする)

        しかしこれ後ろの液晶が4インチって
        実物はものすごくデカいんじゃなかろうか
        全体的にヌルいエッジと相まって
        何となくマウス(超重戦車)を連想してしまう…俺だけか

        お値段もおよそじゅうごまんえんか…
        しばらくは手が出せそうにない

        でもまあLytroどうやら着実に前進しつつあるようで
        それは何となくホッとした
        こういう新技術には時間かけて成長していってほしいので

          • 匿名
          • 2014年 4月 25日

          でかいですよ、940gもあるんだから。

    • 匿名
    • 2014年 4月 24日

    やっと普通の焦点距離になったか。
    これで動画が撮影できるようになるのはいつの日か。

    • 匿名
    • 2014年 4月 24日

    しかし、どうしてこんなことができるのか?この技術の原理がわからない。どなたかご存知?

      • 匿名
      • 2014年 4月 25日

      コンピュテーショナルフォトグラフィの活用で多機能化に向かう次世代カメラ ttp://ednjapan.com/edn/articles/1011/01/news113.html

      ライトフィールドカメラLytro の動作原理とアルゴリズム
      A Light Field Camera “Lytro”, the Principle and Algorithms
      ttp://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~kano/pdf/paper/2013%20MOC%20Lytro.pdf

        • 匿名
        • 2014年 4月 25日

        ありがとうございます!
        想像以上に原理を理解するのは難しいですね、勉強します・・・

    • うさぎ
    • 2014年 4月 24日

    T社とかP社もこの分野力入れてますね
    タッチパネルと相性いいし、やっとフイルム→デジタルとは別の光学イノベーションが生まれそうです
    今は解像度足りませんが、ピンボケの悪夢から開放されるのはデジ一挫折組にも興味ある技術ではないでしょうか

    スマホにも搭載される事確実な機能ですが、前ボケ後ボケを自由に操れるのはこれぐらいのレンズになるでしょう

    • 匿名
    • 2014年 4月 24日

    この技術をもってオートフォーカスと呼ぶ時代が来る気がします。
    昔、距離計連動カメラをオートフォーカスと呼んだように。
    それが眼鏡あるいはコンタクトレンズに内蔵される!

コメントは利用できません。

ファンレスになったプロ向け液晶「ColorEdge CX241」が店頭デモ中(AV Watch)

新女子カメトレンド!? キヤノン「PowerShot N100」(AV Watch)

最近のコメント

アーカイブ