デジタルカメラ情報サイト

開放F1.2が描き出す、上質で近代的な世界–パナソニック「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2」(ITmedia デジカメプラス)

【交換レンズ百景】
by 三井公一,ITmedia

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (18)

    • 匿名
    • 2014年 4月 25日

    どうせAFなんて使えないんだから50mmF1.4のフィルムレンズをマウントアダプタ経由で使ったほうが良いよね。やわらかい描写になるし。

      • 匿名
      • 2014年 4月 25日

      >どうせAFなんて使えないんだから

        • キツツキ
        • 2014年 4月 25日

        「開放では紙のように薄いピントだから精度の低いAFなど使えない」と暗に言ってるのだと思います。ただ、そうかどうかは写し手の許容度もあるし、被写体にもよるから一概には言えませんけど。

      • nroff
      • 2014年 4月 25日

      以前やりましたが、開放では収差が激しすぎて「やわらかい」レベルでない描写になりました。
      開放で合焦部がシャープに写るのは新しいレンズでないと難しいと思います。
      新しいレンズにはきちんと存在意義があると思いますよ。

    • 匿名
    • 2014年 4月 25日

    なんかね、最近フルサイズの一眼に拘らなくても充分なんじゃないかという気がして来た。超〜高級機を毎回買ってらんないし、かと言って、ずーーーーっと今のカメラが生涯使えるとも思えないし。これでいいじゃんパナソニック

    • 匿名
    • 2014年 4月 25日

    値段がGH4並というのがとんでもない。

    そうえいばGH4が注文殺到で生産追いつかずの記事は管理人さんスルーしたんだね。

    • M-KEY
    • 2014年 4月 27日

    素晴らしい描写ですが、センサーサイズの小さいフォーサ−ズで
    ボケ量を求めるのは、「ちょっと厳しい」という気もします。
    ボディをフォーサーズ系に限定されているなら仕方ないですが
    フジの XF 56mm F1.2とか35mmフルで85mmF1.8あたりを
    使う方が結果としてリーズナブルなんじゃないかと・・・
    原理的に被写界深度や撮影倍率はかせぎ易いので、
    広角パンフォーカスとかマクロを重視するほうが良さそうです。

      • 匿名
      • 2014年 4月 27日

      味は求めてるようだけど量は何処にも求めてない気がするんだが。
      ボディ変えろとか本当に記事読んでる?

        • 匿名
        • 2014年 4月 27日

        ボケないとボケ味は語れない罠

        •   
        • 2014年 4月 28日

        それ言えるのは多分今年いっぱいだから、許してあげよう。
        htc one(M8)見るに、来年には計算でボケ量もボケ味も作り出すカメラが増えてくるだろうし。
        あれ、たぶん奥行き付きの2.5Dモデリングして画像をテクスチャマッピング。後でレンズの効果でレンダリングしているのだよね。
        カメラってよりは3Dスキャナに近い感が有る。

          • 精神分析医
          • 2014年 4月 28日

          >それ言えるのは多分今年いっぱいだから、許してあげよう。
          上から目線の傲慢な性格…自覚がないので周囲からいつも浮いている。

      • 匿名
      • 2014年 4月 27日

      コイツの富士56mmに対するアドバンテージは゛マイクロフォーサーズであること゛かな。
      GH4で4k動画撮ったりOM-Dでクッソ暗い場所で手持ち撮影したりと汎用度が違う。
      あと3万円安いと説得力が増すかと。

        • M-KEY
        • 2014年 4月 28日

        >60.34.119.237
        文中に「ボケ量」の記載はないのですが、
        タイトルに「開放F1.2が描き出す・・・」とあり
        F1.2で撮られた作例を多用している点からも
        「ボケ量」を意識した記事であるのは間違いないでしょう。
        フォーサーズでの42.5mmF1.2でボケ量が不足するとは思いませんが、
        せっかく小型軽量に向いたMFTでボケ量を追求すると、
        同等の画角とボケ量を持ったより大きなフォーマットのレンズと
        サイズ面での優位性がなくなるばかりか、価格面ではむしろ不利になります。

        >106.188.2.229
        マイクロフォーサーズである点がアドバンテージであると同時にハンディに。
        4K動画を視野に入れればスーパー35mm近似のAPS-Cの方がメリットが大きく
        ライカがマイクロフォーサーズでなく、わざわざAPS-CのTを立ち上げたのも
        画質だけでなく、このあたりも理由としては大きいと思います。
        暗所撮影においても、同等の技術で同画素数ならAPS-Cは高感度特性で
        約一段のアドバンテージがあり、F1.8級のレンズでまかなえます。
        センサー質量の関係で協力なセンサーシフト式のブレ補正が使えるという
        利点もあるので、極限下でのカメラブレに関してはMFT優位ですけど・・・

          • 匿名
          • 2014年 4月 28日

          F1.2のレンズの紹介だからF1.2を多用する。
          当たり前の話ですが、変な思い込みがあると何か誤解するんでしょうかね。
          ボケ量だけでなくリーズナブルとか言い出してますが、このレンズを使用するとリーズナブルであるといった記載もないはずですが何故リーズナブルというキーワードを「作って」まで否定してるんでしょうかね?
          ボケ量を求めるならフルでいいわけだし、ライカとか持ち出すのも見苦しいだけ。

          • 匿名
          • 2014年 4月 28日

          暗い所でボケを活かした写真が撮れるのがこのレンズの売りだね。
          パナはAFも暗所に強いから、パナカメラとこのレンズだったら暗所最強でしょう。
          ただボケ量だけあっても他では真似できないね。
          リーズナブルじゃないというのは値段が高いと言いたいのだろうけど、そこは同意。
          意味はあるけど高すぎる。

          • 匿名
          • 2014年 4月 28日

          Xマウントでスーパー35mmセンサー動画機なんてないじゃない。
          Eマウントならともかく、富士やライカの新マウントが動画機の標準になるとはとても思えないけど。
          全くの手振れ補正なしと、OM-Dの5軸手振れ補正なら、実際の運用でも3段分は余裕が違うよ。

    • 匿名
    • 2014年 4月 28日

    個人的には20mmF1.7でボケ量は充分と感じています。 

    • 匿名
    • 2014年 4月 30日

    ボケ量で言えば、35㍉判の85㍉F2.4同等ですからね。
    大して期待は持てません。

コメントは利用できません。

ドット・バイ・ドット表示に色温度設定――カメラ好き注目の4Kテレビ(ITmedia デジカメプラス)

撮影時にエフェクトを反映。基本機能が充実したカメラアプリ–Rookie フォトエディター(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ