デジタルカメラ情報サイト

オリンパスの“照準器カメラ”に「ピストルグリップ」を装着する(デジカメWatch)

【切り貼りデジカメ実験室】
まさに“撃つ!”という感じに
“照準器”を装備したデジカメにピストルグリップを装着
カメラの使用感
by 糸崎公朗

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (25)

    • 匿名
    • 2014年 5月 08日

    縦位置の時は、左腕で構えてカメラを乗せると、中2っぽくキメられるゾ
    コスプレ大会でみんなコレして撮影してたら最高〜。に、笑えるんだけどな。

    • 匿名
    • 2014年 5月 08日

    米国でこれを使ったら、どっかから実弾が飛んでくるかも・・

      • 匿名
      • 2014年 5月 10日

      単細胞の思考

      • 匿名
      • 2014年 5月 11日

      アメリカの警察だったら誤認して射殺しても裁判で無罪になるだろうね
      警察が30mぐらい離れていたら銃に見えてもおかしくないし、更にその際の被写体が人間だったとしたら、警察の判断は狙撃を阻止する為に射殺となるかも。

    • 糸崎公朗
    • 2014年 5月 09日

    >縦位置の時は、左腕で構えてカメラを乗せると、中2っぽくキメられるゾ

    モーゼルミリタリーはそんなふうに撃つもんだと、何かで読んだことがあります。

    >米国でこれを使ったら、どっかから実弾が飛んでくるかも・・

    こちらに向かってくる弾丸が撮れるかもw

    • たで
    • 2014年 5月 10日

    ここは一つ、フォトスナイパーを改造して使って欲しかった…..。
    そういえばうちにも何処かにマミヤ645用のグリップがあったような。

    自分は三脚を使用しない手持ち&超望遠時は、畳んだミニ三脚を
    肩と胸に押し当てて謂わばショルダーストック的に使ったりします。

      • 匿名
      • 2014年 5月 11日

      たでさん
      参考になります。
      自分もムービーカメラ用に以前こういうのを調達したのを思い出して、久しぶりにミラーレスカメラで使ってみようかという気になりました。

      http://dc.watch.impress.co.jp/cda/item/2008/08/05/8966.html

      これ、もともと簡易ステディカム用途で入手したのですが、なかなかバランス調整が大変であまり使わなくなっていましたが、ショルダーブレースとして、ファインダーを覗かないミラーレスカメラに使うのは有効かも。

      ただ冷静に考えると、小型軽量が利点のミラーレスにはちょいと大げさで、素直に一眼レフを持ち出すべきなんでしょうね。

        • たで
        • 2014年 5月 12日

        あぁ、これ買うかどうか悩んでいたのです。その後、オリンパス機が5軸手振れ補正を搭載して、
        それが結構な性能だったので買わずじまい。それで、簡易ステディカム用途としてはどうでしたか?

          • M-KEY
          • 2014年 5月 12日

          ハンディカム用に買って、今はNEXにも使っています。
          NEXだとトップヘビーになるので下の重りにスーパークランプを付けています。
          でも、一番安定するのはハンディカムのアクティブブレ補正との併用です。

          • 匿名
          • 2014年 5月 12日

          たでさん
          下記のamazonのカスタマーレビューに書かれているとおりの印象です。

          http://www.amazon.co.jp/マンフロット-585-Manfrotto-マルチカメラスタビライザー-Modosteady/product-reviews/B000ZNWKWS/ref=dpx_acr_txt?showViewpoints=1

          バランス調整がセンシティブな上、せっかくバランス調整しても、収納のために折りたたむと、伸ばしたときにもう一度調整しなければならないのに辟易しました。

          あとは、自分の撮影機会が静止画にシフトしたこともあって出番が無くなって今に至ります。

    • 匿名
    • 2014年 5月 10日

    UNのSTグリップのオリンパス用を買って使えばいいだけじゃん。
    無理にスウィッチ部の移植工作なんてやって、接触不良のリスク犯すよりよっぽどいいだろう。
    それから、余談だが、モーゼルミリタリーことモーゼルC96は、別に横に倒して撃つものではないよ。
    それは、1931年に出たライエンフォイヤーというフルオートモードのついたモデルは、フルオート連射時に
    銃口が跳ね上がって照準が安定しないから、いっそのこと横倒しにすれば水平方向に弾をバラ撒けるだろうって
    中国の馬賊がやった射撃方法。実際のところ馬賊が使ったのは、モーゼルのパクリのスペインのアストラM900
    のそのまたコピー品だから、オリジナルのモーゼル以上にフルオート連射時の銃口の跳ね上がりが酷かったわけ。

      • 匿名
      • 2014年 5月 10日

      軍ヲタという人種は何故こう誰も求めてないウンチクを偉そうに語りたがるのか?

        • いちいち
        • 2014年 5月 11日

        他人の書き込みにケチをつけずには居られない性格の人っているんだねぇ。
        スルーすればいいものを。。。

          • 匿名
          • 2014年 5月 11日

          既に記事の筆者がエクスキューズの書き込みをした後に、且つ、話題がUNのSTグリップやショルダーストックに移った後で、中身のない批判書き込みをしているあんたが、一昔前の2ch用語で言うところのオマエモナーだよ。
          ついでにUNのSTグリップに言及すると、オリンパス専用品はケーブルが短く直接グリップにカメラをつける用途にしか使えないが、STグリップのユニバーサルの方はケーブルを付け替えて各社のカメラに使え回せるのと、ケーブルがカールコードで長めなので、応用が効く。
          壊れやすさと信頼性だが、STグリップのオリンパス用は持っている。フジヤカメラのジャンク館のワゴンの中で見つけて1500円で買った。傷だらけで汚れていたが、クリーナーで拭いてE-PL6で使用しているが特に問題ない。構造は単純だから、そうは壊れないんでは。
          STグリップのユニバーサルは、新品買ってニコンとオリンパスで使い回している。ケーブルが長いから、これまたフジヤカメラのジャンク館で見つけたサンダースのアングルチェンジャーつけて使っている。大きくなるけど、縦横切り替えが素早くできるから、便利。

      • nroff
      • 2014年 5月 10日

      > UNのSTグリップのオリンパス用

      これを知れただけでも十分ありがたい。

      • 匿名
      • 2014年 5月 10日

      余談はともかく
      STグリップについてはその通りだね
      この記事にとっては致命傷ともいえる情報だわw

      • たで
      • 2014年 5月 10日

      まぁ普通にUNの既製品を使う方が良いとは思うけど、でも、そしたら切り貼りデジカメ実験室にならんがね。
      私としては、フォトスナイパーみたいなこちらを使ってみたい。http://www.sharpshooterindustries.com/index.html

      C96は用いる弾のせい反動がでかいのだとおもうけど、しかし余談のほうに力をいれてもなんだな…。

        • 糸崎公朗
        • 2014年 5月 11日

        たでさん、そのガンストック、凄くいいですね、いつか真似しようかw

        ミニ三脚をストックに、というのはぼくも昔良くやりました。手ぶれ補正レンズが無い時代は、いろいろと大変でしたね…

          • 匿名
          • 2014年 5月 11日

          次は(もしやるなら)
          ついでにピカティニーレールもつけて
          フォアグリップなど装着可にすれば
          既製品とのバッティングはなくなるかも

          いつも割と楽しみにしてるんだけど
          今回はちょっと外した感アリかな
          また次回に期待しときます

          • たで
          • 2014年 5月 12日

          いや、このガンストックは既に完成したものなので、これを真似るのはどうですかね…。
          自分としては、やっぱり「なんでやねん!」と突っ込みを入れられる、でも
          「おぉ、その手があったか〜」と嘆息できる方向を狙って工作頂きたい(笑

          数年前にこのストック+天体望遠鏡+ミラーレス+ドットサイトという
          組み合わせを考えたんですが、フォーカシングの不安で躊躇したんです。
          照準ドットサイト、本体でピーキング表示で行けそうな気が今はしてます…。

    • 糸崎公朗
    • 2014年 5月 10日

    ご指摘ありがとうございます。
    UNのグリップは、実は後から知ったのですが、普通にはこれ使えば済みますね。
    しかし、ニコンのグリップは金属製で物として素晴らしい。
    せっかく買った物だし、どうにかして活かしたかったのでした。
    あと、UNの製品はどうも当たり外れがあって、壊れやすいものが含まれるイメージですが、実際このグリップはどうなのか、誰か試してみてくださいw

    モーゼルの話はうろ覚えでもう訳なかったですが、その馬賊の話をぼくも何処かで読みました。
    大昔のこち亀だったか…?

    • ふーま
    • 2014年 5月 11日

    似たような事を考えていて
    このカメラの三脚穴をチェックしたら
    プラなのであきらめた。。。

    ちなみに私も
    国分寺でキジは見たこと無いが
    立川でなら見たことがある
    あと確信は持てないけどヤマドリも。

    • 匿名
    • 2014年 5月 12日

    だんだん脱線して恐縮ですが、コンパクトカメラやミラーレスカメラでリモートケーブルが使える機種って数が限られているイメージが強かったです。たとえば、

    ソニーのNEX型番のEマウント機はほぼ全滅
    LUMIXはGXより上だけ
    まともにあるのはフジのXシリーズくらい?

    これに対し、オリンパスの場合はUSB端子に接続しているので、めずらしくほとんどのm4/3機がリモート対応しているのはよいところ。
    ただ、USB端子がA/V出力端子と兼用なので、外付けモニターを使おうとするとリモートケーブルと排他利用になってしまうところが難点です。

    撮影中にHDMI端子からライブビューできれば併用可能になるのですが、残念ながらHDMIは再生のみ。

      • M-KEY
      • 2014年 5月 12日

      ソニー機なら(知っている限り全ての機種で)HDMI出力が使えるのですが
      ワイヤードでリモコンが可能な機種が MULTI端子搭載機(NEX-3N以降)になりますね。
      でも純正のシューティンググリップがあり、これだとズーム操作も可能です。
      でも、マイク端子やイヤホン端子が省略されているなど、インターフェースの制約が
      ソニーやオリンパス機に多いですね。

      • たで
      • 2014年 5月 13日

      オリンパスの場合、外付けEVFの端子があり、既にPENPAL とか外部マイクがある訳なので、
      そこから外部モニター出力出すオプションも、そのうち出ると思っていたのですが、未だ出せん。
      たぶん外部モニターとケーブルレリーズを併用するユーザーはニッチなのでしょうなのでしょう。
      一般的ではないでしょうが、顕微鏡とか天体望遠鏡のユーザーにも有効だと思うんですけどね。

コメントは利用できません。

富士フイルム、札幌で無償の簡易メンテサービスを実施(デジカメWatch)

花の色鮮やかさを引き出す「Velvia」モード–FUJIFILM X-T1(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ