デジタルカメラ情報サイト

フルサイズ一眼「α7R(ILCE-7R)」を使いこなす!マニュアルフォーカス用アシスト(ASCII.jp)

【ローパスレスなミラーレス「α7R」を大解剖!:第2回】
しっかりとピントを合わせる
背景をぼかしやすい=被写界深度が浅い
確実にピントを合わせるなら、マニュアルフォーカスを
背景はどれほどぼけるのか?
by 周防克弥

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • ほにゃらら
    • 2014年 5月 13日

    この記事を書いている人自身が初心者なので 記事に間違いが多い。
    >この2台を同じ絞り値にして撮影した場合、写る範囲は同じでも25mmのほうが広角レンズなので、
    >当然50mmよりも画角の広い25mmのほうが
    どっちも間違い。

    • 匿名
    • 2014年 5月 13日

    そもそもマイクロフォーサーズを引き合いに出す意味があったのかと。
    ネットで聞きかじったような知識で書いてるんだろうな。

    • M-KEY
    • 2014年 5月 13日

    「フォーサーズだと焦点距離が倍になる」
    と同じような間違いですね。
    ライターも悪いけど、そのまま載せる担当の責任も思い。
    >25mmのほうが広角レンズなので、
    は「25mmの方が焦点距離が短いので」
    >当然50mmよりも画角の広い25mmのほうが
    「当然50mmよりも焦点距離の短い25mmのほうが」
    と直せばいいだけのハナシです。

      • ほにゃらら
      • 2014年 5月 13日

      担当も初心者だと思うよ。責任は「重い」と書くね。

        • M-KEY
        • 2014年 5月 13日

        訂正ありがとうございます。
        被写界深度は教えるのが難しいんですが
        この文だと余計に判りづらくなりますね。
        作例も橋の欄干を斜めに撮るとかの工夫が欲しい。

    • nroff
    • 2014年 5月 13日

    面白い記事ですね。ライターがうまく説明できなくて困っているのがそのまま伝わってきました。
    そもそも、「合焦/ピンボケ」と「主要モチーフが深度内に収まっている/収まっていない」は違うと思うのですが……。

    • 匿名
    • 2014年 5月 13日

    初心者が読んだらピントが合いにくいカメラと誤解しそうな書き方だね。
    この内容でここまで長々書く必要があったのだろうか。

コメントは利用できません。

豊富なグリップのバリエーションを試す–FUJIFILM X-T1(ITmedia デジカメプラス)

ISO感度と高感度NRを検証する–α6000(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ