デジタルカメラ情報サイト

激安! 5円写真プリントの秘密を暴く(日経トレンディネット)

【戸田 覚のデジモノ深掘りレポート】
1枚5円という価格でもうかるのか?
プリントの画質はどうなのか?
アプリの使い勝手には違いがあるか?
納期の差は?

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • 匿名
    • 2014年 5月 22日

    銀塩の頃には0円プリントがあったから5円で激安と言われても実感がわかない

      • M-KEY
      • 2014年 5月 23日

      銀塩だとフィルム現像料があったから、0円プリントでも
      27枚の同時プリントで約500円、一枚あたりなら約18.5円、
      36枚撮りだとしても一枚あたり約13円だから、現像代の
      原価を加味したとしても「5円」は激安だと言えます。

      • 匿名
      • 2014年 5月 23日

      プリントは0円でも別途フィルム現像料がかかるから、そちらで利益を確保してたのですよ。

      富士フイルムの純正料金などの1.5倍から2倍の現像料を取ってる業者もいました。

      あと、機械の自動補正のみだから、色や濃度がバラバラなことも多々ありました。
      印画紙や現像液も期限切れスレスレ(あるいは期限切れ)のものを使っていた業者もいたようです。

      本当にタダでプリントしてもらえると思い込む人もいたようで、詐欺まがいな表記とされ、今は「0円プリント」という表記は使えなくなったんじゃないのかな。

コメントは利用できません。

社名から「フイルム」が取れない富士フイルムの憂鬱(nikkei BP net)

快適操作を目指すなら「キーカスタマイズ」に注目–ソニーα6000(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ