デジタルカメラ情報サイト

LUMIX GH4の「空間認識AF」は何が凄い?(デジカメWatch)

2枚の画像から合焦方向を計算する“古くて新しい技術”
4K動画で最大の課題は「熱」
なぜ“光学ローパスフィルターレス”ではないのか?
2枚の画像とレンズデータを活用する空間認識AF
像面位相差AFを採用しない理由
by 杉本利彦

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (15)

    • 匿名
    • 2014年 5月 31日

    リニューアル前のデジカメジンでコントラスト式AFでも画像処理を突き詰めていけば
    位相差式AFに匹敵する動体追従性を実現できるって書いたけど、現実のものになって感無量です。

      • 匿名
      • 2014年 5月 31日

      俺もそう思ってたけど、原理的に不可能って冷たい意見しかなかったねぇ。
      今はEVFだと動体無理って流れが多いけどニコワンのスレ見る限りだと
      その辺も気にしない人が増えてるのかもしれない。
      オリパナスレだと相変わらずなんだろうけどね。

        • 匿名
        • 2014年 5月 31日

        DFDの凄いところは、既存の像面位相差のように撮像素子への加工を必要としないことで、
        もちろんTLMや一眼レフのミラーのような余計な構造もいらない。
        コストの安い素のミラーレスでこれが出来てしまえば、カメラのAFはこの方式に収斂していくと思う。
        おそらくCPUの要求性能は高いと思われるけど、CPUはカメラメーカーが頑張らなくても
        PCやスマホの需要に引っ張られて勝手に進歩していってくれる。

        • 匿名
        • 2014年 5月 31日

        俺もお前と同じ意見だよ。

    • nroff
    • 2014年 5月 31日

    > 他社製レンズのDFD用のレンズデータは持てていないため、コントラストAFのみになります。

    これ以外にも色収差補正、手ぶれ補正の方式など、パナとオリで互換性がかなり減って来た印象。

      • 匿名
      • 2014年 5月 31日

      手ブレ補正や色収差補正の差異は最初からずっとじゃん。
      別に最近増えたわけでもなんでもない。

    • 匿名
    • 2014年 5月 31日

    GH3比で3倍になっただけだろ。
    そもそも、GH3には確かに素早く合焦したが、動体にはとても使えん代物だった。
    全く、使い物にならないのが3倍になった所で、オナニーレベルだよ。0を3倍しても0
    であることと同じ。
    実機をレンタルして試したが、こちらに向かってくる動体にはまだまだ無力に近い。
    水平移動している動体にはなんとか使える様になったレベル。
    0×3=0とはいわないが、100点満点中、0.5×3=1.5点になった程度。
    水平移動の動体に合焦出来る様になった程度じゃ、まだなんちゃってレベルだよ。

      • nroff
      • 2014年 5月 31日

      手厳しいなぁ。

      「水平移動している動体」って、それ距離変わってないじゃん。すげえ皮肉。

      • 匿名
      • 2014年 5月 31日

      単に下手くそなだけなんじゃ、、、

    • 匿名
    • 2014年 6月 01日

    まぁコントラストAFの初動をDFDで決めてるだけだからね。
    あまり過度な期待をしてもどうかと思う。

    • 匿名
    • 2014年 6月 02日

    GH3比での改善が強調されているけど、
    もともとの基準がそれではネ・・・と思う。
    連続的に被写体を確実に捉えられるか、というのは理屈だけじゃダメで、
    実際に一眼レフと同じレベルなのかどうかが知りたいところ。
    一眼レフと同等になっても、連写時にファインダーがパラパラ動画になるEVFでは
    まだ辛いというのも事実だが、それはその次の話として期待するしかないね。

      • 匿名
      • 2014年 6月 02日

      一眼レフと言ってもパナの場合はフォーサーズしかないわけだし無理でしょう。
      各社のカメラで撮り比べ的な規格であればともかくGH3との比較は妥当だと思いますが。

    • 匿名
    • 2014年 6月 02日

    >キットレンズの望遠端である140mm(35mm判換算280mm相当)を使用した場合、
    >およそ200km/hの列車でも画面いっぱいまで追従可能としています。

    みなさん国語が苦手なんですね

      • 匿名
      • 2014年 6月 02日

      まさに物は言いような表現なんだが。
      GH3の3倍と言っている一方で、これは矛盾だな。
      GH3はコントラストAFの割りには速かったのは事実だが、チャリンコやギャロップで走る
      馬ですら、追尾がおいつかなかったわけだ。というかガキの運動会の徒競走でも、置きピン
      をパナ自身が推奨してた。馬のギャロップやママチャリやガキの徒競走の速度など20Km/hが
      いいとこだろ。
      合焦速度が3倍で何で急に10倍の速度を追尾出来る様になるのだい。物理的におかしいだろ。
      殆ど水平に近い状態で移動する新幹線にも合焦するという程度だろ。

        •   
        • 2014年 6月 03日

        ファインダー内の移動角として見れば、多分大差ないだろうからなぁ。
        いやレンズの駆動速度を考えると、実は遠くの新幹線よりもそこそこの走る子供の方が大きくなるかもね。
        結局同一基準で比較しないと判らん。

コメントは利用できません。

ダイナミックな構図変化を手軽に楽しめる18.8倍ズーム–タムロン「16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO」(ITmedia デジカメプラス)

コシナ、ツァイスMFレンズ「Otus 1.4/55」の品不足を告知(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ