デジタルカメラ情報サイト

超高感度・ダイナミックレンジ特化モデルの真価を問う–α7S(実写編)(デジカメWatch)

【新製品レビュー】
by 曽根原昇

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (28)

    • toshi
    • 2014年 7月 10日

    ダイナミックレンジ比較ではα7のほうが白飛び少ないように見えるんですけど・・・

      • nroff
      • 2014年 7月 10日

      私は「同等」だと思いました。

        • kuro
        • 2014年 7月 11日

        これ一枚の比較で判定しろと言われても「無茶ですがな」としかいえない位の微妙な差しか無いですね。
        どちらもF8,2secの露光ですが、α7の方が露出量が多い様に見えます。(実ISO感度が高い?)

          • 匿名
          • 2014年 7月 11日

          撮って出しのJPEGでダイナミックレンジを論じることはできないでしょう。昔のごくレンジの小さい素子なら可能かもしれませんが、最近のは無理です。RAWで撮って、シャドウ、ハイライトの諧調がどのくらい残っているかで見るしかないでしょう。
          でも、多分、DxOの調査結果がもうじき公開されるでしょうけど、それが楽しみです。

            • toshi
            • 2014年 7月 11日

            DxOのスコアならもう出てるよ。
            Dynamic Range α7S 13.2 α7 14.2

            • kuro
            • 2014年 7月 13日

            そのDxOのスコアは最大値で、大抵最低ISO感度の時に出る値ですが、α7とα7Sの比較ではISO400を境に高感度側ではα7Sの方がダイナミックレンジが大きくなっていますね。

            従ってISO100で比較して、α7Sの方がダイナミックレンジが広いと断言しちゃった此のライターの目は「腐ってやがる」ですな。

            • 匿名
            • 2014年 7月 13日

            α733兄弟は、どれも一長一短で決め手に欠けるね

            • M-KEY
            • 2014年 7月 13日

            「733」って・・・
            たしかに3機種あるけど、どれをえらぶか?は悩みますね。
            7Rの解像度は魅力ですが先幕電子シャッターがなく
            ブレのリスクが大きいし
            7Sはサイレントモードと完全金属マウントが魅力的ですが
            APS-Cモードで使うと約500万画素となるのが不満です。
            7にファームアップでサイレントモードが付いたら・・・

            • 匿名
            • 2014年 7月 13日

            完全金属マウントが魅力っておかしいよね。

          • 匿名
          • 2014年 7月 13日

          買わない理由をうだうだ言ってるうちは必要ないものなんだよ。
          無駄に年食ってるんだからそれくらいわかってるだろうに。

            • M-KEY
            • 2014年 7月 13日

            むしろ「買う理由」を探しているんですけど
            3機種とも帯に短し襷に長しというか
            どうも決定打に乏しく、買うに至りません。
            そもそも、α7/7R発売前は7Rを買う予定でしたが
            実機を見たらコレジャナイ感があり、隣りのRX10を
            買ってしまい「1型センサーでも結構使える」となり
            RX100M3まで買ってしまったりで、なかなか本丸に
            辿り着けない=「必要ない」と言われれば,その通りですね。

            • 匿名
            • 2014年 7月 13日

            この人の書き込み内容って、最近多い「自分探し」とか、「自分たちのサッカー」と共通していると思う。

            • 匿名
            • 2014年 7月 13日

            サイバーショットを買ったのを自慢されてもしょうがないね

      • 匿名
      • 2014年 7月 11日

      Sの方は宣伝文句に「新型カラーフィルタ」とあるので、無印やRに比べてフィルタの色をわざと薄くする(透過量を増やす)ことで高感度側にチューニングしてるのではないかと予想。
      DxOで色深度の数値が悪化してるのがその傍証で。

        • 匿名
        • 2014年 7月 12日

        あら、DxOのデータはもう公開されたんですね。
        これによると、高感度は確かにいいけど、他はいいとは言えない、と言うか悪くなっている。もう技術的にはサチッちゃたんでしょうかね。
        なんか革新的なブレークスルーがないと、あっと驚く素子はもうできないのかな。

          • 匿名
          • 2014年 7月 12日

          高感度が良いと言っても、
          16MのDfに対して1/6段だけしか優位性がなく、
          総合スコアでは2点負けてしまっていますね。
          せっかく画素数を落としたなら、
          もっと圧倒的な高感度性能重視
          (極端な話、基準感度400とか)
          あるいは、連写速度に生かすとか
          もっと明確な特徴を持たせればよかったのでは?
          それでこそ、α7シリーズ3機種展開が生きるわけで。

            • 匿名
            • 2014年 7月 12日

            小型軽量がこのシリーズの最大の特徴なんじゃないのかな。
            その中で3機種出してきたって事で。

          • M-KEY
          • 2014年 7月 12日

          DXOの数値は多画素機に有利に出る傾向はありますが
          それでも広画素ピッチのご利益が少ないと感じますね。
          D810ボディにD4Sセンサー(画像エンジン)がのればなぁ・・・

    • Dr.G
    • 2014年 7月 10日

    おっしゃるとおりですね

    • 匿名
    • 2014年 7月 10日

    率直に24MPと12MPの差は圧倒的だと思った。
    ダイナミックレンジも大目に見て互角。
    やっぱ動画用のカメラだと思う。スチルなら無印かR。

    • 匿名
    • 2014年 7月 11日

    12Mに落とす狙いは面白いんだけども、
    Dレンジが特に広いとは見えないなぁ。
    高感度も16MのニコンDfやD4Sに勝っているわけでもない。
    ラインナップを拡充したいのは分かるが、
    ボディの作りからして、もう少し作りこんで欲しい。
    マウントの爪が金属になったのは評価します。

    • 匿名
    • 2014年 7月 11日

    で、低画素=高画質神話、終了でOK?

      • OK
      • 2014年 7月 11日

      OK。

      • 名無し
      • 2014年 7月 12日

      でもα7Rよりα7の方が結局は画質良いですよね(震え声)

      • .
      • 2014年 7月 12日

      「画質」のコンセンサスが変化してるだけでは。
      ユーザーの要求だって刻々と変化してるんだろうし。

      • 匿名
      • 2014年 7月 13日

      みんな高感度やダイナミックレンジが画質の基準なんだね。

        • M-KEY
        • 2014年 7月 14日

        画質の要素には、解像度や色再現なんかもありますが
        解像度にかんしては1200万画素もあれば充分だし
        色再現も現行であきらかにおかしい機種はありません。
        でも、感度にかんしては、今まで撮れなかったモノが撮れたり
        大型三脚が必須だった超望遠撮影が手持ちで可能になったりなど
        撮影可能領域が圧倒的に広がりますし、ダイナミックレンジも
        広くなれば露出救済度が上がり、撮影時の露出補正を
        ある程度はラフにいけるというメリットにつながります。

        一部のレビューではα7Sの高感度はDfの1段増し以上という
        報告がありますが、実際のところはどうなんでしょうか?

      • nroff
      • 2014年 7月 14日

      SONYの技術者も低画素大型センサーがどのくらい高性能になるか作ってみるまでわからなかったのでは。
      高感度画質はうまくいったけど、思ったよりラチチュードは大きくならなかった、がっかり……とかが真相だったりして。
      それともきちんと理論値で事前に納得した上で開発・製造に着手したのかな。

コメントは利用できません。

コストパフォーマンスに優れる高倍率ズーム–14-150mm F/3.5-5.8 Di III(デジカメWatch)

「もう一度“PEN”を見直して、大胆に」–受け継がれるオリンパスの“PENイズム”(後編)(ITmedia デジカメプラス)

最近のコメント

アーカイブ