デジタルカメラ情報サイト

世界最速を謳うRAW現像ソフト「Corel AfterShot Pro 2」(デジカメWatch)

20140718_07

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • 匿名
    • 2014年 7月 18日

    Mac OS X 10.7.3 って何を寝ぼけた事言ってるのか

      • M-KEY
      • 2014年 7月 19日

      「OSX 10.7.3 以降」なので問題はないでしょう。
      私のMac(OS10.8.5)で体験版は走ります。

      • kuro
      • 2014年 7月 19日

      製品ページのシステム要件には”10.7.3以降”となっていますが、コメントを書くのにソースの確認とかしないのですか?
      件の記事から僅か3クリックで表記に到達できますよ。

      • 匿名
      • 2014年 7月 19日

      ああ、あの「以降」ってのは全部にかかってるんだ?
      そりゃ悪うござんした。

    • 匿名
    • 2014年 7月 19日

    たしかに現像は速いけど、それ以外がなぁ。。
    それに、今頃 K-3 に対応してないなんて。

      • 匿名
      • 2014年 7月 19日

      新機種への対応は最速ではないみたいね。
      DxO使ってるけどノイズ処理が優秀でお気に入り。PC負荷半端ないけど。
      新機種の対応はかなり早いと思う。

      • 匿名
      • 2014年 7月 19日

      最新の更新版で対応してますよ。バギーだけど。
      ASP1でその辺散々だったので、今回はしっかりやるから! って言ってるけど、どうかな。

コメントは利用できません。

大型センサーの魅力がストレスなく味わえる中判デジタル–PENTAX 645Z(実写編)(デジカメWatch)

100周年記念の刻印が入った「ライカM」限定モデル(デジカメWatch)

最近のコメント

  • User Avatar超広角なのにボケを楽しめる贅沢レンズ--SUMMILUX-M F1.4/21mm ASPH.(デジカメWatch)へのコメント(02/07 07:58)
    →MFなんだからその辺は徹底してもらわないと。
  • User Avatarニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/07 06:18)
    →フル機が出てきた経緯としてEOS-1Dsが銀塩中判並みの画質だと評価されてかなり売れたと記憶しています。ニコンD3が出てきたのもD2に比べEOS-1DMKIIに高感度の画質で大きく水をあけられていたから巻き返しを図るためにフルで出てきました。ニコンもキヤノンも最初はアマ向けのフル機は出すつもりがなかったと思いますが半導体価格の下落により可能になりました。しかしながらプロとアマでは年間切るショット数がケタ違いでしょうし、デジタルになってガンガン連写して、切るショット数が銀塩時代より飛躍的に伸びたと思いますからあっという間に20万ショットとか行くかもしれません。そういう使い方だとその倍のショットを動作検証しているフラグシップ機のほうが使ってて安心だということだと思います。
  • User Avatarニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/07 02:47)
    →たしかに金額ベースじゃ、DXが大半でしょうね。 ただ、上にFXがあり、システムを共用できるのがニコンのメリットで、 使い分けられる人には最適なシステムと思う。
  • User AvatarKenニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/07 01:00)
    →なんかいろいろすみません。 『クライアントを納得させる』とあったのでその手のカメラマンを前提に書いちゃいました。 記者カメラマンさんや学校イベントカメラマンさん(友人にいます)を下に見るなんて滅相もないです。 僕も写真家なんかではなく裏方の撮影スタッフですし。 誤解を与える書き方をしてしまいましたが 『全てのプロは必要だからフルサイズを使う』という意味ではなく 『フルサイズが必要なプロはフルサイズを使う』ということです。 (もっと分かりにくい表現になってしまった) つまり必要なカメラマンはそのカメラをホテルに置きっぱなしにはしないんじゃないかな?ってことです。(三台めくらいの予備なら置いてくかも) フルサイズ原理主義ではありませんが(原理主義の意味もよくわかりませんが) 個人的にはフルサイズは好きです。 長年使ってたフィルムの感覚でレンズを選択してり使えるのが一番の理由です。 (いい加減フィルムは忘れろ?) あとファインダー覗いてて気持ちいいのはやっぱりフルサイズかな。。と。 今は通常はD600をメインにサブにD7000をぶら下げてます。 (ポスターなんかだとD800をメインにD600をサブ) 耐久性については撮影中に壊れたことないですね。 もう1台ぶら下げているのでなんかあっても対応できるし。 フラッグシップ使うのはやっぱり安心感はあるでしょう。 でも壊れるのが怖いならD5一台より下の機種二台の方が安心ですね。 撮ってるときに壊れる可能性はフラッグシップの方が低いけど 機械だから壊れるときは壊れるのですぐに対応するには二台持ちがいいです。 (報道のひとなどはフラッグシップ二台以上持ちでしょうが)
  • User Avatarニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/07 00:15)
    →岩合先生はm43を使っていたような。
  • User Avatar匿名ニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/06 23:58)
    →おおむね賛同します。それらに24-70/F2.8、70-200/F2.8のDX版が出てくればあとは何にも云わないんですがね。DX大三元が出てくればメーカーも本気になったと言えるでしょうが、現状ではまだまだです。
  • User AvatarM-KEYニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/06 22:48)
    →プロスポーツの撮影の現場では、ある程度の見栄も必要だと思います。 実際のカメラの耐久性はD500が極端にD5に劣るとは思えません。 私はD3とD300、D3100、D7100、D7200を使っていますが、 定期的なメンテをしていれば、機種間での信頼性の差は感じません。 むしろ不慮の事故での落下時に自重のあるカメラの方が壊れやすいです。
  • User Avatarニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/06 22:47)
    →先日2chで、新聞社の記者さんがE-M1を2台ぶら下げていた、という話を見ましたが、このような人は写真のプロではないのかもしれないが、プロの仕事でカメラを使う人ではあるでしょう。このような例もあるようです。
  • User AvatarM-KEYニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/06 22:41)
    →レンズにもよるでしょう。 望遠系はDX専用としても、あまり小型化に寄与しませんし マクロ系だとFX用なら実質的な撮影倍率が等倍を越えるし 比較的リーズナブルな1.8単焦点シリーズなら DXでも充分なボケ量を得られかつ口径食が少ないと メリットがあります。 でも,広角系は最大の目的の画角が狭くなるだけでなく FX用での周辺画質を担保しようとするとレンズが大型化します。 (FX機も使うという前提なら)今のDXレンズのラインナップでは DX10-24/3.5-4.5G、DX16-80/2.8-4E、マイクロ40/2.8G以外は FX用でレンズを揃える方がいいと思います。
  • User Avatarニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/06 22:40)
    →そういうレスポンスが返ってくることを予想してましたが、私もプロカメラマンの事情はよく知りません。少なくとも私がスポーツ会場で実際に見た限りではD一桁と1D以外を使っているプレスの人はいるにはいますが稀にしか見ないですね。サブのカメラは多分持ってきていると思いますが、カメラを交換している間にシャッターチャンスを逃したらいけないので信頼性は高ければ高いほど良いという気がします。しかしあの重たいカメラを首からぶら下げているとすぐ首が痛くなりますから使い方によってもっと軽いカメラを使うのかもしれません。
  • User Avatarニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/06 21:50)
    →カメラはAPS-CやDXを使うとしても人の好き好きだけど、たとえそうだとしても新規のレンズ購入はフル用、FX用を買っておいた方がいいよ、 と、ここで言うと、怒られます?
  • User Avatarnroffニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/06 21:40)
    →私も、「失敗が許されないのがプロ」だと考えますが、信頼性云々であれば、D500を複数台持ち込む方が確実なような。 プロは必ずD5や1Dを複数台用意して撮影現場に臨んでいるのでしょうか。
  • User Avatarニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/06 20:46)
    →確かにプロでもピンキリだけど失敗が許されないプロは多いでしょう。だから絶対的信頼性を求めるならD一桁か1D一択と言うことじゃないですか?フルサイズ原理主義と言うわけでなく一部の1Dユーザーはフル化を反対してたけど結局ニコンのスペックに合わせましたよね。
  • User Avatarニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/06 20:30)
    →私の場合、D300の後継機を待ちきれず、FXに行ってしまいました。私の様なマニアは沢山いると思いますが、その方がNikonさんは儲かったでしょう。
  • User Avatar古参者ニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/06 20:24)
    →一ノ瀬泰造はFTnを使っていた。
  • User Avatarニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/06 20:09)
    →某掲示板でキヤノン7Dは堅牢性に劣るから1Dを使うんだというプロがいたけど、D500の堅牢性、防塵防滴性はD5と比べてどうでしょうかね。昔はニコマートを使うプロはいなくて迷わずFを使ってましたよね。
  • User Avatar古参者ニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/06 19:14)
    →D300Sよりも余剰D3センサー処分の為ののD700が売れたから FXに舵を切ったんだろうけど、DXミドル機の不在は痛かったな。 D800にNEX-6センサーを入れてD400をでっち上げれば 7D&7Dmk2に顧客が逃げなかったのに残念だね。
  • User Avatarニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/06 15:39)
    →プロではないけれど待ちきれずにシステム総替えで7D Mark2に行ってしまった人が僕の周囲に複数います。 待てた人は結果良しとなりましたが、D300sの後継として2-3年で順当に出していれば彼らも逃さず済んだのになぁ・・・とは思います。
  • User Avatarカメラファンを魅了する、質感の高いPEN--PEN-F(ITmedia デジカメプラス)へのコメント(02/06 11:21)
    →グリップ無しではとても持ちにくい形状だと判ってないんだね。
  • User AvatarM-KEYカメラファンを魅了する、質感の高いPEN--PEN-F(ITmedia デジカメプラス)へのコメント(02/06 10:26)
    →マウント部をセンサーごとレボリングできるようにすればいいでしょうが そうするとカメラのサイズが随分と大きくなりそうです。 オリジナルPENの縦位置は,ハーフサイズ故の必然であって 最初から縦位置のカメラを目指した訳ではないでしょう。 ポートレート向けに縦位置がデフォルトのカメラがあってもいいですが ボケ量の少ないフォーサーズよりも35mmフルの方が向いていそうです。
  • User AvatarM-KEYニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/06 10:15)
    →最近はあまり聞かなくなりましたが、10年程前は ニコンにかぎらず各社の「常套」の理由でした。 生産現場で想定外のトラブルが出た可能性はありますが、 想定以上に予約があったというのも「噓」ではないでしょう。 足りないまま見切り発売しても転売屋が暗躍するだけですし・・・
  • User AvatarネガティブD800ユーザーニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/06 10:03)
    →周りでも「絶対買う!」て声上がってるよ。 プロはフルサイズしか使わないなんてのは幻想だよ。 大判中判含め、目的と用途に応じて使い分けるのがプロだよ。 もちろん見栄を張らなきゃイカン時もあるけど、結局は成果物こそが命だよ。
  • User Avatar匿名超広角なのにボケを楽しめる贅沢レンズ--SUMMILUX-M F1.4/21mm ASPH.(デジカメWatch)へのコメント(02/06 08:46)
    →超広角なのに歪曲しないね。ライカのレンズは各々優秀だと思うけどレンズ沼にはハマれないな。高すぎて(笑)
  • User Avatarニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/06 08:34)
    →理由は「発売に必要な台数をご用意できないため」 製品開発が遅れたときの常套句ですよ
  • User Avatarカメラファンを魅了する、質感の高いPEN--PEN-F(ITmedia デジカメプラス)へのコメント(02/06 00:31)
    →マジレスすると、正方形センサーは電子接点の位置の関係でムリそう。 全部のレンズを見たことがないけど、フレアカッターのようなものが横位置で付いていたらそれもアウトだし。
  • User Avatarカメラファンを魅了する、質感の高いPEN--PEN-F(ITmedia デジカメプラス)へのコメント(02/05 23:40)
    →せめてセンサーを正方形にしてボタンひとつで縦横が変えられるぐらいのことが出来れば、少しは銀塩時代へのオマージュになったかも。
  • User AvatarM-KEYニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/05 23:28)
    →35mmフルかAPS-Cか、フォーサーズなのか,それ以外か? 一眼レフなのかミラーレス機なのかレンズ一体型なのか・ 持っている機材の中で目的に一番適したモノを使えばいいです。 (目的と予算にかなった機材を購入すればいい) でも、そういった適材適所なんて考えないなら 「35mmフルに大三元+マクロ」で臨めば間違いはない訳で そんな人はハイアマ、プロと問わず多いと感じています。 私は普段はAPS-Cのミラーレス機を中心に,舞台はMFT機、 スポーツなどはAPS-C一眼レフ、高精細や超広角は35mmフルと 目的によって使い分けており、スポーツなどの動きモノにたいして D500は「ほぼ理想のスペック」だと判断して選びました。
  • User Avatarニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/05 23:10)
    →よくわからんのだが、プロって言ってもいろんなプロがいるんじゃないの? 写真家だけがプロじゃなかろうに。 新聞記者、雑誌記者、修学旅行に同行する写真屋さんのカメラマンなど、仕事として何らかの写真を撮る人たちもプロっちゃプロでしょう。そんな人たちが全てのシーンでフルサイズが必要だなんて、さすがにそんなことはないでしょう。 「写真家」である人たちは、自分たちこそが「プロ」であって、それ以外の職種で写真を撮る人たちはプロ未満、と下に見ているのか?それとも単にフルサイズ原理主義者なのか?
  • User AvatarKenニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/05 23:06)
    →高感度でした。すみません。 好感度でもD40だったりして?
  • User AvatarKenニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/05 23:05)
    →D500クラスだったらクライアントも納得するんじゃないかな? そんなことよりプロはホントに必要だからフルサイズを使うと思いますよ。 そこで『重い』とか『大きい』とかを理由だけで所有しているフルサイズを使わないのは 結果がこれからの営業につながるプロはしないと思います。 昔、チョートクさんがコンパクトでも仕事ができるとなんかで書いてましたが やっぱりいろいろと調節できる一眼レフが使いやすいと思います。 仕事でD3と一緒にD3100使ったけど(音が小さいので) 大事なとこはやっぱりD3でしたね。 (その前はD2XとD40のコンビでした。好感度は40の方がよかったし)
  • User Avatarニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)へのコメント(02/05 22:46)
    →プロもいろいろですけど、D500はかなり使われるんじゃないですかね。取材とかちょっとした広告や行事随伴とか、地味な仕事で7DIIや60Dあたりを使ってるプロ多く見ます。

アーカイブ