富士フイルム、ロードマップに中望遠レンズ「XF 90mm F2 R」を追加(デジカメWatch)

20140724_06

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (16)

    • キツツキ
    • 2014年 7月 24日

    Super Tele-Photo Zoom Lensと言うのがどの焦点範囲か気になります。

    • 匿名
    • 2014年 7月 24日

    ロードマップに他社のレンズ入れちゃうのはどうなの?

      •   
      • 2014年 7月 25日

      システムのロードマップとしては、有り難いんじゃないかな。カメラ側の視点から見れば。

      レンズ開発者側から見ると関係無いだろうけど。

        • 匿名
        • 2014年 7月 26日

        システムマップなら焦点距離を横軸に配置した方がいい。

      • 匿名
      • 2014年 7月 25日

      >どうなの?
      そのレンズが本家(フジ)から認められているということ。何も問題ないでしょ。何を問題にしてるのでしょーか。

        • 匿名
        • 2014年 7月 26日

        えー普通入れないよ。
        ロードマップって「当社はこれからこのレンズを開発します」って意味だから、他社のレンズ入れるのはおかしい。他人の手柄横取りしてるようなものじゃん。
        本家から認められてるって、修理やファームアップなどサポートまでしてくれるならともかく、あくまで他社が勝手に出してる先々まで使えるか怪しいレンズに変わりはないでしょ。富士のサイトには互換性に関する情報すら載ってないよ。

          • 匿名
          • 2014年 7月 26日

          他社の、教える必要もない、というか普通は教えたくないものをわざわざ告知してくれるとはなんて寛容なメーカーなのかと…ユーザーの視点からこういうのはありがたく感じますがねぇ。

            • あの荷物
            • 2014年 7月 26日

            わざわざ告知するまでもなく、もう知れ渡った情報に過ぎないのだが。。。。

          • 匿名
          • 2014年 7月 26日

          同感。

          まあ「ロードマップ」という言葉の意味からするとズレるのは確かだけど。

          「使用可能レンズ一覧(発売予定含む)」とかが一番正確な表記かもね。

          とにかくそんなに目くじら立てることではないかと思います。

    • 匿名
    • 2014年 7月 26日

    >あくまで他社が勝手に出してる先々まで使えるか怪しいレンズに変わりはないでしょ。

    だから何?

      • unknown煮鱒
      • 2014年 7月 26日

      >だから何?

      だからおかしいって彼は言っているんでしょ

        • 匿名
        • 2014年 7月 27日

        ロードマップはシステムの説明で、「当社はこれからこのレンズを開発します」という意味ではありません。ユーザーに対しての案内です。

        >本家から認められてるって、修理やファームアップなどサポートまでしてくれるならともかく、

        本家がサードパーティーの修理なんかするわけないじゃん。
        大丈夫ですかァ?何期待してるのこの人たち。
        多分、認めるということと、責任を負うということの区別が出来てないんでしょうね。
        (オリがパナのレンズを修理したりすることってあるんだろうか?それは知らないけど、そんなこと、考えたこともないです。びっくり仰天の発言です)

        というか、典型的な非ユーザー書き込みですね。一眼呼称批判のようなもの。
        ここまで露骨な非ユーザー書き込みも珍しいよね。

          • 匿名
          • 2014年 7月 27日

          というか、ロードマップに既存のものを入れているのがおかしい、という話?もしそうなら「他社レンズ」ではなく「フジ、他社含め」既存レンズを外し、今後開発のレンズだけ書け、と言うべきでしょうね。

          どちらにしても、まあ、ユーザーの書き込みではないですね。ユーザーなら「使えるレンズ全部書いておいてよ」と言うのが普通でしょう。

          典型的な非ユーザー書き込み、ということで、決着。
          そりゃあ、販売店はキヤノンを売りたいでしょう。

        • 匿名
        • 2014年 7月 27日

        なんかもう脱力

          • たで
          • 2014年 7月 27日

          ユーザサイドは便利と言うけど、これ、富士フイルムの公式見解なんですよ。
          そもそも、ここで示されている画像の元は、以下のURL にありますが、http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0896.html
          そこには「開発ロードマップ」と富士フイルム自身で書いてますからね。

          富士フイルムがカールツアイスのレンズ開発まで責任を持って保証するので
          なければ “デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズ開発ロードマップ” に
          他社レンズが入ると違和感を感じますね。「システムマップ」じゃないんだから。

          ま、フジフイルムの問題で、ユーザーの問題ではないですが。

            • たで
            • 2014年 7月 27日

            あ、これ「脱力するの、わかるわ~」ってコメントですから。

コメントは利用できません。

PENTAX K-3にガンメタル塗装の限定版(デジカメWatch)

シンプルな見た目の速写ストラップ–ブラックラピッド「CROSS SHOT」(デジカメWatch)

最近のコメント

  • User Avatarレンズ型カメラ「OLYMPUS AIR A01」が発売延期(デジカメWatch)へのコメント(03/04 21:16)
    →同感です! 客は店の内情まで知った事ではないよね。
  • User Avatarソニー、高倍率ズームレンズ「FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS」を正式発表(デジカメWatch)へのコメント(03/04 21:12)
    →90mmマクロGの記事もお願いウッツー! 一言言いたい事が有る。
  • User Avatarソニーストア名古屋で、開発中のFEレンズ3本が展示(デジカメWatch)へのコメント(03/04 20:43)
    →だーかーらー様 >それにバックフォーカスは短い=センサー周辺部の入射角がキツイとも限らない >ソニーRXシリーズなんて断面図を見るとバックフォーカスは極端に短いが周辺画質はしっかりしている。 RXはレンズ一体型なので、もしやと思って断面図を見てみたのですが、 やはりセンサーサイズにかなり近い寸法まで後玉の大きさがありますね。 それは仰るような話になると思います。 これまでの議論はいわゆるレンズ交換式一眼カメラ、という前提があってのことと勝手に思って話をしておりました。 レンズ交換式の場合必ずマウントなるものがあるわけですが、 このマウント径が、後玉径がセンサー対角線長と同じくらいにできるほどに大きければ、 一眼でもテレセン性を確保できるということになるのでしょう。 ところでソニーEマウントですが、センサー対角線長に対しマウント径は比較的小さい。 またフランジバックも小さく、一般的にはバックフォーカスも短めになるのでしょうから、 テレセン性というものが必要であるとすれば、非常にきつい規格ではないか、と思う次第です。 (バックフォーカスを大きめにとってフランジバックよりも大きくしてもよい、 とのお話もありましたが、その場合レンズは大きくなってしまわないですか?) 襤褸猫様 よく理解できました。 ここで大前提として、 「デジタル時代はいわゆる『テレセン性』は無いよりある方が良い」 ということは正しい理屈である、ということでいいでしょうかね。 バックフォーカスのお話ですが、 ミラー部分に補正光学系を入れ込むことでテレセン性を確保する、 その結果バックフォーカスが小さくなることを 「バックフォーカスが小さいほうがレンズ設計に有利である」ということである、 とするなら、それは表現が間違っているように思います。...
  • User Avatar岩清水ソニーストア名古屋で、開発中のFEレンズ3本が展示(デジカメWatch)へのコメント(03/04 20:30)
    →フルサイズ機に16mmを付ければ24mmより広角でしょう。何アホなことを言ってんだ?
  • User Avatar全然判っていないねソニーストア名古屋で、開発中のFEレンズ3本が展示(デジカメWatch)へのコメント(03/04 20:20)
    →例えば、APS-C用の16mmでも35フル用の24mmでも画角は同じだ。 16mmの方は焦点距離が短いのであって「より広角」じゃない。 1Dユーザーで知らんって言うならEF-Sの事語って欲しくないね。 それに「FF」って書くのも変だ。 ファイナルファンタジーか?
  • User Avatarソニーストア名古屋で、開発中のFEレンズ3本が展示(デジカメWatch)へのコメント(03/04 20:18)
    →EF-Sレンズはあれはひどかった。 D10・D20・D30(D30はクリアしてたか?)等 最初期のキヤノンAPS-C機を買った人たちは、 いきなり切られた。 ちょっとは計画的に仕様を決めろよ、と。
  • User Avatarソニーストア名古屋で、開発中のFEレンズ3本が展示(デジカメWatch)へのコメント(03/04 20:01)
    →一眼レフ用レンズの場合、光学的な実像が見えてしまうので、 あまり大胆な後補正はちょっと出来ない。 基本的な光学性能を高め、足りないところを少し補うイメージ。 ところがミラーレス(電子ビュー)なら、どうせ光学像は見えず、 画像処理された電子ビューでしか撮影者は分からないのだから、 より大胆な補正をこっそり掛けることだってできるわけ。 だから、m4/3の画像などは、補正の効果なのか、元の光学性能なのか 判断が難しい(両方だと思うが)ところがあるとされる。 Eマウントの場合、もう一眼レフは作れない規格なのだから、 後補正を前提にしたレンズが作れるだけに、ちょっと楽しみではあるね。 Aマウントは一眼レフ用にも使われるだけに、 基本的な光学性能はあまり落とせない。この差をどう利用するか。
  • User Avatar襤褸猫ソニーストア名古屋で、開発中のFEレンズ3本が展示(デジカメWatch)へのコメント(03/04 19:58)
    →広角レンズでバックフォーカスが短いと有利、を銀塩時代のビオゴンを代表とする対称型光学系が故の物理的制約と、デジタル時代の入射角をなるべく画像素子に垂直にしたい、が混ざっているからややっこしい状態に。 ビオゴンがどうして短いバックフォーカスが必要なのか、はぐぐれば幾らでも出てくるので(デジタル時代に辛い理由も含めて。入射光の角度が斜めで画像素子との相性が悪いゆえです)、現代のデジタル向けでも短いバックフォーカスが有利な理由に絞りますね。 一眼レフでミラーボックスの場所に補正光学系を入れられる、更にそれを前提とした光学系を組めるので同等の一眼レフ用に比べて小型化できる、がバックフォーカスが短いほうが有利、とされる理由です。 パナソニックの20,25mmの単焦点のレンズ構成図を見れば、対称光学系の後ろに凹+凸のテレコンバータが入っているのが判ると思います。 あと、シグマのDP0やコーワの8.5mmのように撮像素子ギリギリまで光学系を使えるのも利点です。
  • User Avatar岩清水ソニーストア名古屋で、開発中のFEレンズ3本が展示(デジカメWatch)へのコメント(03/04 19:48)
    →FFと同じ画角を得たければより広角なレンズを使わなくてはいけないことぐらい常識でしょ。aps-cは広角になるなんてバカなこと一言も言ってないじゃないの。何か私に悪意があって言ってんの?そもそもEF-Sレンズはキッスのレンズキット用に登場してきた。10Dユーザが騒いでいたかなんて私は1Dユーザーだったから良く知らん。
  • User Avatar襤褸猫ソニーストア名古屋で、開発中のFEレンズ3本が展示(デジカメWatch)へのコメント(03/04 19:40)
    →そりゃそのとおりなのですが、今や一眼レフでも純正レンズを使うメリットとして、JPEGの自動補正が出来る、が挙げられている時代になってしまいまして… 逆説的になりますが、少なくとも色収差を光学補正しないとならない(自動補正してくれない)シグマタムロンのレンズの方が誠実、なんていい方すら出来てしまうという…
  • User Avatar判っていないねソニーストア名古屋で、開発中のFEレンズ3本が展示(デジカメWatch)へのコメント(03/04 19:24)
    →APS-Cは広角になるんじゃなくて、同じ画角で短焦点になるって事。 だが、EF-Sはバックフォーカスをギリギリまで詰めたというよりはバカ除け そのために10Dユーザーがどれだけ悔しい思いをしたかなんて知らないだろ?
  • User Avatarニコン、AF性能を高めた一眼レフ「D7200」(デジカメWatch)へのコメント(03/04 19:13)
    →D300系の後継機、出ても2000万画素以下ではないと思います。 自分も長くD300系の後継機を待ってましたが、昨年秋7DMK2が発売された事で2000万画素以下 の事はない、として昨年末よりFX:D750、DX:D810クロップで運用しています。 D810はDX機としては、大きく重く、DXクロップで1600万画素、ファインダーは狭いです。 が、それはそれで動体には反って使い易い場合も有り、1600万画素DX機として、時には.1.2ク ロップも併用、FX:3600万画素でも使えるので、DX機としてD810はかなり強力です。 因みに旅行と月例はMET(マイクロフォーサーズ)、撮影依頼の写真と写真展出展用は上記ニコン機です。
  • User Avatar岩清水ソニーストア名古屋で、開発中のFEレンズ3本が展示(デジカメWatch)へのコメント(03/04 18:48)
    →例えばEF-SレンズのようにAPS-C機に合わせて普通のEFレンズよりぎりぎりまでバックフォーカスを短くしたレンズもあるでしょ。APS用レンズは必然と広角レンズが多くなるからという事情があるからでしょう。コンデジならその撮像素子とボディの大きさに合わせてレンズを専用に設計できるけど、レンズ交換式だといろんな焦点距離のレンズを作らなければならないし、特に一眼レフだと広角レンズを作るのは難しいようなのでキヤノンのEF11-24mm F4Lのようなとんでもないものが出来上がると思ってますけど。
  • User Avatarソニーストア名古屋で、開発中のFEレンズ3本が展示(デジカメWatch)へのコメント(03/04 18:29)
    →せっかくのレンズ結像を、光学像のまま味わいたいとするなら、 そりゃ素の状態での性能が重要だが、 電子ビューカメラなら補正前提の割り切りで小さく作るってのもできる。 m43など収差補正前提のシステムは既にあるしな。
  • User Avatarだーかーらーソニーストア名古屋で、開発中のFEレンズ3本が展示(デジカメWatch)へのコメント(03/04 17:55)
    →フランジバックより短いバックフォーカスだとマウント内部に干渉するからダメだが フランジバックが短いからってバックフォーカスまで短くする必要はないんだってば それにバックフォーカスは短い=センサー周辺部の入射角がキツイとも限らない ソニーRXシリーズなんて断面図を見るとバックフォーカスは極端に短いが周辺画質はしっかりしている。 ライカの場合、純正で最終エレメント径が小さくバックフォーカスも短い=テレセントリック性の悪いレンズにも対応する必要があるから、センサー上のマイクロレンズの配置で対処する必要がある。 でも、ソニーならセンサー特性に合わせた、ある程度はテレセントリック性を持たせたレンズを開発すればいい。 それが原因でライカよりはレンズが大きめだが、対一眼レフでメリットが無くなる程には大きくはない。
  • User Avatarソニーストア名古屋で、開発中のFEレンズ3本が展示(デジカメWatch)へのコメント(03/04 17:43)
    →同じ疑問ありです。 マウントの棲み分けは、ソニー自身蛇行してるんじゃないかと。 Eマウントまで重厚長大路線に走り、 一体何がしたいのか。 また、マウントアダプターも、 遊ぶのは最初たけで、そんな頻繁にやるもんじゃなく、 あくまでオマケですからね。

アーカイブ