デジタルカメラ情報サイト

海辺や登山時でも使えるタフなレインカバー(ITmedia デジカメプラス)

使用頻度が高いなら 画面が見やすい「レインカバー ハンディータイプ」
海辺で一眼レフを使うなら 水深5メートルまでOKの「DiCAPac α」
by 鶴田真実,ITmedia

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • 匿名
    • 2014年 7月 30日

    タフなレインカバーでも湿度が大きいときはファインダー
    が体温で曇ります。ゴア製(程度の)低価格な蒸れないカバーが
    欲しくなりますが・・ねぇ~。。メイカーさんご検討・・を、、

      • 匿名
      • 2014年 7月 31日

      >ゴア製(程度の)低価格な蒸れないカバー

      透湿素材の安い雨具を買って自作した方が早そう
      登山店とかのワゴンセールで不人気色やXXLとかの半端物がたたき売りされている時に

        • 匿名
        • 2014年 8月 01日

        ですよねぇ~。同感です、NPS、でも、CPSでも価格が…と言われてなにくそ・・・と・・反発しちゃいましてじつは・自作済みでして、・・、3個作って・仕事でつかってはいるのですが、ゴア、もしくはミクロテック・の素材のユーザーが増えないかと・・・使い勝手いいのですがねぇ、、

コメントは利用できません。

キヤノン、シンプル装備の30倍ズーム機「PowerShot SX400 IS」(デジカメWatch)

ついにレンズ一体型でも4K動画が! DMC-FZ1000(AV Watch)

最近のコメント

アーカイブ