デジタルカメラ情報サイト

タムロン、光学式防振機構補正搭載赤外線ズームレンズ「35-105mm F/1.0」(ASCII.jp)

赤外線監視カメラでも光学式手ぶれ補正で安定した画質を

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • 匿名
    • 2014年 9月 24日

    こういう製品をここに載せる意味は?
    監視カメラ用レンズも高性能になったら、読者のみなさん気を付けて、ってこと?

      • 匿名
      • 2014年 9月 24日

      夜の公園で蚊に刺されるなってことじゃないか。

    • キツツキ
    • 2014年 9月 24日

    おおいに興味ありです。センシングする波長が17㎛や23.5㎛だとシリコンでは撮像できないでしょうが、遠赤外用の撮像素子まで紹介してくれれば、アマチュアとしても使ってみたいですね。新たな写真の分野が開けそうです。

    •   
    • 2014年 9月 24日

    ペンタやコーワの新し目のCマウントレンズとかを、マウントアダプタで遊ぶ人も居るからね。

    • 匿名
    • 2014年 9月 24日

    中身よく読んでないけど、タムロン凄いスペックのレンズ出してきたなあ。
    よし!D7000用に買うか。

      • キツツキ
      • 2014年 9月 24日

      もともと可視光を相手にするカメラでは、このレンズが有効な赤外光はカメラの赤外フィルターで全部落とされて、全く像が見えないと思います。

    • M-KEY
    • 2014年 9月 24日

    これ,2/3型用で35mm換算で約135−400mm相当ですね。
    可視光対応にしたらペンタQ用の大口径望遠ズームになりそうです。

コメントは利用できません。

サムネイルがドミノのように並んで表示される“見つけやすい”画像ビューア–3D Picture Viewer(Vector)

ポイント利用率上限20%キャンペーン(ケータイWatch)

最近のコメント

アーカイブ