デジタルカメラ情報サイト

オリンパス、高級コンパクト「STYLUS 1」をリニューアル(デジカメWatch)

「OLYMPUS STYLUS 1s」
全域F2.8の光学10.7倍ズーム機。OM-D譲りのスタイリング

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • 匿名
    • 2014年 10月 30日

    新機能は「スモールAFターゲット」「ステップズーム」「フォーカスピーキング」「焦点距離表示」

    ・・・こんぐらい、ファームアップで対応してくれんかのぉ。
    できればステップズームに加えて、起動時の焦点距離指定も必要な機能だと思うぞ、高倍率ズーム機の場合。

      • kuro
      • 2014年 10月 31日

      「ステップズーム」と「焦点距離表示」はファーム更新だけで出来そうに思えますね。
      EXIFに撮影時の焦点距離が記録されているわけですから、実現するのに必要な情報は既にある事になります。

      残りの方はセンサー出力のリアルタイム処理が必須になるので、ハード(回路)の更新が必要に思えます。勿論「元々有った機能を使っていなかった」なら話は別。

      で、起動時の焦点距離指定はC-3040にはありました。
      ただ望遠側に設定すると、ただでさえ遅い起動時間が更に遅くなるオマケ付きでしたが。

    •   
    • 2014年 11月 05日

    単に元バージョンの互換部品が払拭したのでマイナーチェンジしただけだろうに。
    置き換えに使った部品次第で、出来る事が決まるってだけだよなぁと。

コメントは利用できません。

主要カメラアプリのiPhone 6 Plus対応状況(デジカメWatch)

ボケへのこだわり–富士フイルム「XF 56mm F1.2 R APD」(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ