デジタルカメラ情報サイト

“超大口径”レンズ「IBELUX 40mm F0.85」が11月下旬に発売(デジカメWatch)

EF-M、ソニーE、富士フイルムX、マイクロフォーサーズ用をラインナップ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • キツツキ
    • 2014年 11月 14日

    この明るさはOVFでこそ使ってみたいですなぁ!!

    • 襤褸猫
    • 2014年 11月 14日

    OVFだとピントを合わせるのがほぼ不可能の気がしますが。
    今は無きEF50mmF1.0なんて、「極端に薄いピント面をファインダーであわせるのは不可能。EOS-1専用」とまで書かれていた記憶が。

      • キツツキ
      • 2014年 11月 15日

      AFもそうですが、狙ったところの近辺にピントは合います。そんな使い方の人もいることを
      ご容認ください。たかが趣味ですが仕事の人にはそうはいかないことは理解します。

      • 匿名
      • 2014年 11月 16日

      このレンズ専用の楔角を持ったフォーカシングスクリーンが出れば楽しいかも。

コメントは利用できません。

ついに動画記録に対応 あの全天球カメラが新たなステージへ–RICOH THETA m15(デジカメWatch)

ニコンDfに、限定1,600台の“Gold Edition”(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ