デジタルカメラ情報サイト

独自のセンサー+専用ワイドレンズの実力検証–SIGMA dp1 Quattro(デジカメWatch)

【新製品レビュー:実写編】
ハードルが低くなったFoveon機
by 永山昌克

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (30)

    • シグマ人2
    • 2014年 11月 17日

    作品の2枚目は、クアトロの欠点が出やすい樹木の解像部分が、ダークトーンで判別できない対象が選ばれている。
    4枚目は、メリルまでに見られた圧倒的解像感が欠けている。

    以下を読むと、筆者はソフトの問題と考えているようだが、果たしてどうだろうか。
    >Quattroセンサーになって、カメラ内生成のJPEG画質が向上したのは確かだが、
    >それとは別に、作品として写真を撮る際はRAWデータを元にきっちりと現像し
    >て仕上げたい。そのためには、現状のSIGMA Photo Proでは力不足に感じる。

    FOVEON機には、JPEG画像の改善等凡庸への道を歩んで欲しくない。
    RAW撮りを前提としたフルサイズ一眼を凌駕する圧倒的解像度と豊饒なグラデーションで勝負して欲しい。

    • だぶじー
    • 2014年 11月 17日

    メリルで足らなかったもの(個人的見解です)
    1.手振れ補正
    2.高感度特性
    3.書き込み速度
    4.電池持ち

    クアトロでなされたこと
    1.処理速度の向上
    2.高画素化(水増し)
    3.電池持ち

    シグマを応援するものとして、こんな的外れな(個人的見解です)新製品を世に出す会社が情けない
    DP1からずっと使い続けてきたが、来年出るであろうSD1クアトロも期待できそうにない

    単焦点コンデジが一般受けするわけがないのに、一般受け狙いの高画素化でせっかくのFoveonの切れ味を自らなまらせるような改悪の是非は、社内で議論にならなかったのだろうか

    DPMとSD1Mを大事に使います

      • 匿名
      • 2014年 11月 18日

      シグマ社に対してこんな的外れな(個人的見解です)要求をするアメーバが
      存在することがお驚きだ。

        • 匿名
        • 2014年 11月 18日

        ぶっ飛んだ見かけで、よりマニアックになったかと思えば、中身は万人受けする様なソフト路線で、今までdpに見向きしなかった層にアピールしないだけでなく、メリルユーザーの買い替え需要も満たさない「誰に売ろうとしてるか謎」モデルだね

    • 匿名
    • 2014年 11月 17日

    そんなに酷評するようなことですかいな?
    アタシには充分すぎる性能だと思いますが。
    まあ、DP1との比較ですけど・・・。

    • 匿名
    • 2014年 11月 17日

    DP2merrillを使ってみて、低感度で静物を撮るぶんには2400万画素のフルサイズ一眼を超えていると感じました。特にモノクロは圧倒的な差をつけました。自分がmerrill後継機に望むのは、さらなる解像度、
    5インチくらいの高解像度液晶、精細なピーキング表示、滑らかに作動するマニュアルフォーカス、
    そして何と言っても超広角レンズです。求めるのはフィルムの大判カメラ同じ使い方です。他社の一眼レフやミラーレス機と同じ土俵に立っても仕方がないと思います。quattroの方向性はちょっとズレていると思いました。

    • 匿名
    • 2014年 11月 17日

    青空がトーンジャンプしてる・・・

    • 匿名
    • 2014年 11月 18日

    熟成の進んだMerrillと比較してあーだこーだと訳知り顔の意見ばっかで萎える。
    俺はSD1mからだけどそれでも大変だったのに、70万のSD1を買った人はどれだけ苦労しただろうかといつも思う。

    • だぶじー
    • 2014年 11月 19日

    不満だけを言っても心苦しいので、シグマの方が見ておられる前提で、次期SDの要求をしておきます
    オリンパスから手振れ補正の技術を導入してください
    それを基本として、メリルセンサーでマイクロフォーサーズ規格のミラーレスカメラを「SDE-1M」として発売してください
    もちろん標準付属品として、SD→3/4アダプター、バッテリー2個(笑)
    少々の書き込み遅延とか、動き物全然だめとかは文句言いませんから
    賛同される方は追加の書き込みをお願いします

    オリンパスのレンズがメリルセンサー(もう作れないのかな?)で使えるなんて、わくわくしませんか?

      • M-KEY
      • 2014年 11月 19日

      クワトロはメリルまでとは指向の違ったセンサーのようですね。
      現状のクワトロだと、あえて選ぶだけの訴求力に欠けます。
      メリルの延長上での進化の方により可能性を感じます。
      E-M5あたりをベースにメリルセンサーなら魅力的ですね。

        • 匿名
        • 2014年 11月 24日

        M-KEY氏に聞きたいんだけど

        >シグマは「フォーサーズにカメラ作りの面で参加する気はない」と公式発言してるし
        >オリは「ただ賛同するだけでなくカメラ作りに積極的に参加する同志を望む」と発言してるし、両社はお見合いしているだけなので。

        上の1つ目のリンクでこう説明されて、2つ目のリンクでさらに説明されて、それ以降、フォビオンフォーサーズ搭載説は静まったわけ。4年前のことです。それはマイクロだって同じ。
        (今はフォビオンセンサーとは言わないのかな、正確には)
        2つ目のリンクではM-KEY氏も書き込みしているわけで、その辺のことは理解されていると思ったんだけど。
        なんで、話を蒸し返してるの?(その辺の事情を知らない人ならともかく) 
        あなた、何が目的でここに書き込みしてるの?

          • 匿名
          • 2014年 11月 24日

          ×上の1つ目
          ○下の1つ目

          • M-KEY
          • 2014年 11月 25日

          >オリンパスのレンズがメリルセンサー(もう作れないのかな?)で使えるなんて、わくわくしませんか?

          現行のMFT機では,レンズの解像度にセンサー性能が
          追いついていないように感じており、
          単純に「だぶじー」さんの意見に同調しただけです。
          というか、二つ前のリンク内でも言及していますが
          フォベオンセンサーでライブビューが可能な以上
          「一眼レフである理由はなくノンレフレックスで充分」
          と何度か書いています。
          で,新規にマウントをおこして、専用のマウントアダプターで
          EFやF、K、A用のシグマレンズが使えるというのが理想ですが
          既存規格に相乗りの方が低リスクなので、選択肢はE、X、MFT。
          実現の可能性というか、一応はオープン規格というタテマエの
          MFTというのは、あってもおかしくないのでは?
          MFTならシグマのレンズもありますし、4年前とは状況も変わっています。

            • 匿名
            • 2014年 11月 25日

            M-KEY氏は一つ目のリンクの投稿78を「常識」と考えているようです。他にも、78を「常識」と考える方、いてます?

            • 匿名
            • 2014年 11月 25日

            この「常識?非常識?」君は非常識な人のようだね

            • M-KEY
            • 2014年 11月 25日

            一つ目のリンク、なんだか変な感じで面倒だから読み飛ばして,
            参加もしていませんでした。
            当時,オリンパスの意向はともかくパナ手動でMFT中心に展開し、
            レギュラーフォーサーズは徐々にフェードアウトしていくと感じていました。
            4年経って、レギュラーフォーサーズは実質的に終焉、
            シグマ、コシナだけでなくトキナーやコーワからもレンズが出て
            ついにはコダックブランドのカメラも出た訳で、
            これはもう,当時の「常識」からは逸脱している状態です。

            • 匿名
            • 2014年 11月 26日

            分かってないのに何で分かったような書き方するんだろう。要は
            「予測が当たるか当たらないかの問題」じゃん。
            フォビオンマイクロなんか、論理的に考えれば出ないの。
            別に分からなくてもいいけど。分からない人間が何で出張るの。

            • M-KEY
            • 2014年 11月 26日

            単純にMFTユーザーとして、
            フォベオンセンサーのMFT機が出たら
            面白そう!というハナシをしただけです。
            もちろん実現の可能性が低いのは理解しています。
            その「論理的に出ない」という部分を
            詳しく教えてもらえませんか?

            • 匿名
            • 2014年 11月 26日

            常にMFTには文句ばかりなのにユーザーだからというのもねぇ。
            前にボケないからシステムとしては使えないと言い切ってたはずなんだけど。

            • M-KEY
            • 2014年 11月 26日

            ボケ量では不利=裏返せばパンフォーカス気味に撮るには適したシステムな訳で、
            レンズも周辺まで均質に描写できるモノが多いので
            超高解像度のフォベオンとの強力タッグを見てみたいんです。

            • 匿名
            • 2014年 11月 26日

            自身がボケてきたのか知らないけど、ボケない利点なんてのは当然言われててかつあなたはそれらを全て否定した上で使えないシステムだと言い切ったんだけどね。

            • 匿名
            • 2014年 11月 27日

            M-KEY氏なんかにマイクロフォーサーズを使ってもらいたくはないですよね。

            使わないでください。

      • 匿名
      • 2014年 11月 19日

      http://www.digicamezine.com/mt-static/2010/03/epl1watch_3.html#98

      • 匿名
      • 2014年 11月 19日

      http://www.digicamezine.com/mt-static/2008/12/lumix_dmcg1watch_2.html#72

        • だぶじー
        • 2014年 11月 20日

        118.240.14.228 さんへ
        ご親切にありがとうございます
        読ませていただきましたが、無理なのかなぁ

    • 襤褸猫
    • 2014年 11月 19日

    FOVEONでボディ手ぶれ補正は壮絶なバッテリー消費量にトドメを刺すだけなので、レンズ側手ぶれ補正をお願いするとして、いい加減m4/3マウントのDP-m(仮称)は欲しいですね。20mmF1.7がどこまで解像するのか見てみたいです。
    あっ、ベイヤーセンサーの画素水増し(ありゃ3倍です)の事を考えたらquattroセンサーなんて全然問題ありません♪ とはいえ、作りこみはまだまだでもありますが、そんな事は当のメーカーが一番良く知っているでしょうから。

      • 匿名
      • 2014年 11月 24日

      マイクロフォーサーズでフォビオンなんかやったら、ノイズがとんでもないことになりそうですね。

        • 匿名
        • 2014年 11月 24日

        なんで?

        • よくわからんな
        • 2014年 11月 25日

        マイクロフォーサーズとAPS-Cの素子サイズは1:1.6
        その違いで「ノイズがとんでもないことに…」と大げさに騒ぐほどのことか?

    • 匿名
    • 2014年 11月 19日

    情報量を抑えて高画質を維持なんてやっぱり無理があるでしょ。
    データ量の問題なんて大容量メモリを使えばいいだけだし、電池の問題はモバイルバッテリーにに対応すればいい。
    無敵の高画質を得るためならそれなりの犠牲はしょうがない。
    シグマはメリルセンサー一本でフジのようにボディのバリエーションを増やすべき。

コメントは利用できません。

秋の情景をバックに! 信州小諸で猫撮り散歩(ASCII.jp)

小型高性能をどう実現したか–オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ