デジタルカメラ情報サイト

撮影後にピント位置を変更、カメラの常識を覆す「LYTRO ILLUM」のすごさ(日経トレンディネット)

独特の形状のボディーはかなり大柄、撮影は一瞬で終了する
無料の現像ソフトで絞り値の変更などが可能、最小絞りはF1.0に調整できる
LYTRO ILLUMを持っていない人もピント位置を変える楽しみが味わえる
改良すべき点は多いが、価値のある1台なのは間違いない
by 磯 修=日経トレンディネット

関連記事

コメントは利用できません。

キヤノンEOS 7D Mark IIが絶好調なワケ(デジカメWatch)

新しい写真表現が楽しめる新世代カメラ「LYTRO ILLUM」でいろいろ撮ってみた(ITmedia デジカメプラス)

最近のコメント

アーカイブ