デジタルカメラ情報サイト

「FX機の高画素化を優先していく」–メーカー直撃インタビュー:ニコン編(デジカメWatch)

【2015年はどうなる?】
Reported by 田中希美男

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (20)

    • M-KEY
    • 2014年 12月 24日

    >フィルム時代からのレンズの資産が安心して活用できます
    >EVFは進化していて良い製品も出てきていますが、光学ファインダーの良さはまだまだ充分にあります
    >Nikon 1は、全体のシステムとしてとても小型化できる魅力があります
    >一眼レフカメラでないとできない高画質というものもあります
    >メカシャッターには音や振動など、メカニズムの魅力もあるでしょう
    >しばらくはレンズ内VRにこだわっていくつもりです
    つっこむべきなのか・・・

    • 匿名
    • 2014年 12月 24日

    穴があるとなんでも突っ込むM+KEYさん。

    もしかして、あれですか?

    むかし、馬鹿にされた高画質2000万画素を望む底辺プロより

    てか、いまは、あなたの意見は間違ってましたね。

    知ったかぶりは止めて欲しいです。

    • 匿名
    • 2014年 12月 24日

    Q:従来とは構造が異なる新しいタイプのセンサーが出現する可能性は?
    A:この質問に関しては、回答は控えさせてください。

    気になる。。。

    • キツツキ
    • 2014年 12月 24日

    「EOS 7D Mark IIが出て、色々な要望が来ています。私たちもそれに
    応えなくてはなりません、その必要はあると考えています。」

    ….. 300後継機は出ると推測しました、期待します。来年中に出たら、
    7D Mark II発表以前に開発が進行していたのでしょうね。

    •  
    • 2014年 12月 24日

    「高画素数化」あるいは「多画素化」なら気にならないが「高画素化」はどうにも落ち着かない。
    「ミラーレスカメラ」は許容範囲なんだけどなぁ・・・

    • 匿名
    • 2014年 12月 24日

    サラリーマン的な受け答えで、夢や理想はあまり感じられませんね。。
    ライバルが出てからD300S後継機の話をし始めてもねぇ。
    CP+でD400(D9000?)が発表できなかったら致命的ですね。
    ただでさえD600系のモデルサイクルやゴミ問題の扱い、
    加えてD810、D750の市場問題と、何かが狂ってきているように見受けられます。
    D3、D300の両フラッグシップ登場時とは、完全に空気が変わってしまいました。
    光学ファインダーの良さを訴えるなら、
    エントリー機でも手抜きせずペンタのようにコスト掛ける意気込みも欲しい。
    何かにつけ中途半端な印象が拭えない最近のニコン、
    インタビューもキヤノンと対照的で寂しい限り。。

      • 匿名
      • 2014年 12月 25日

      どうしたニコンって言いたくなります。
      最近の製品は中途半端な印象しかありません。

      わたしも銀塩時代のニコン好きを引きずってD700を買って愛用し、Dfも迷いつつも買ってしまいましたが、もう「自分自身がニコンを選ぶ理由」が見つからなくなりつつあります。

      • ken
      • 2014年 12月 25日

      APSのフラッグシップが出ないと致命的なんですね。
      フルサイズばっかり出してるとNikon潰れちゃうんだ。。。

      D600はゴミ問題があったから仕方なくモデルサイクル早めたと思うんですが
      これを分けて二つの問題にしちゃいますか?
      D810や750の市場問題ってなんですか?
      不勉強ですみません。
      ググれば出てきます?

      ファインダーはエントリーでもよくして欲しいですよね-!
      初めてフィルム一眼レフ覗いた時の感動しました!

    • 匿名
    • 2014年 12月 25日

    DXのフラッグシップというのは、ニコンが切り開いたもので、
    キヤノンから始まったものじゃないのに、
    それをあっさりキヤノンに明け渡してしまう間抜けさが、
    どうにも残念でならないわけですよ。
    企画部隊(っていうのかな?)が機能してないんと違うかい、
    最近のニコン。なにかおかしいと思いますよ。
    重要な人物が抜けたとか、何かあったのかと。

      • ken
      • 2014年 12月 27日

      個人的意見ですがDXは明け渡してもいいと思いますよ。
      Canonが始めたフルサイズ(コンタックスが先?)は
      明け渡された状態みたいですし。
      製品のベクトルの向きは時代によって変わると思いますよ。
      なかなか出なかったCanonのフルサイズ高画素機の話も出てるのだから
      もしかしたらNikonもDXにベクトルが向く時期が来るかも?
      でもそうするとフルサイズはどうなってるんた!致命的だ!って
      嘆かれる方もいらっしゃるんでしょうけど。

        • 匿名
        • 2014年 12月 28日

        FX化を進めて、もう一度レンズを買わせたいという
        商売勘定は分かるけども、
        やってみたら上手く行かなかったわけだよね。
        DX、FXそれぞれの良さを生かす方向で進んでいたら、
        敢えてDXを選ぶという形もあっただろうし、
        D300後継の高速連写機だって
        もっと早い時期に出ていただろう。
        要はバランスとタイミング。
        それが下手だからキヤノンに隙を与えるし、
        ユーザーにも不安を与えてしまう。

        まあ、社内では、もう分かってるんじゃないかな。

          • 残念ながら
          • 2014年 12月 28日

          このインタビューは、そうした希望を粉砕してくれた

          • ken
          • 2014年 12月 28日

          えっと
          249さんはFX用レンズは新しく買ったんですか?
          僕はAF-Sじゃない単焦点を20年来使ってるから
          あんまり買う必要がないんですよ。
          もちろん最新のGレンズがいいのは当然ですが
          僕の用途では差はわかりません。
          (等倍で見ることより絵柄重視ですし)
          レンズが売れないってのは不変のFマウントのせいもあるのかも?
          バランスは確かにFXに傾いてますが
          タイミングはNikonも考えてるんじゃないでしょうか?
          社内にはマーケティングのプロもいるだろうし。

            • M-KEY
            • 2014年 12月 29日

            D3導入時には銀塩時から持っていたレンズをそのまま使っていましたが
            画質だったり使い勝手だったりで、徐々にレンズを新型に入れ替えて
            結局は、代替の効かないズームマイクロくらいしか残っていません。
            (これも新型が出ればリプレイスしたいです)

            • 匿名
            • 2014年 12月 29日

            その銀塩時代からのレンズを、
            贅沢に中心の美味しく使い、
            現代のレンズに遜色なく使える場合があるのも、
            DXフォーマットの利点。

            • ken
            • 2014年 12月 29日

            さっすがM-KEYさん!
            買い換えるほど違いがわかるんですね~!
            85mmF1.4DをD800で使ったりしてますが
            満足してるから、上は見ないようにしているビンボー症です。
            単焦点じゃないけど17~35F2.8は新しくしてほしいと感じるくらいです。
            実はD1と一緒に出たデジタル時代のレンズなんですけどね。。。

            246.9さん
            レンズの真ん中使うのもDXの利点と
            ぼくも信じてましたが
            レンズの悪いとこも目立つとの記事も何かで読んだ記憶が。。。
            もちろん僕にはわかりませんが。。。

            • 匿名
            • 2014年 12月 29日

            主にAF-D時代のレンズを最初使っていましたが、
            デジタルだと周辺画質が厳しいのと、
            フィルム時代には気にならなかったゴースト等があり、
            やはり使えるレンズは限られるというのが実感です。
            DX機なら周辺画質が気になりにくいため、
            Ai-S時代のレンズも一部残しています。

            17-55/F2.8なんて高かった覚えですが、
            FXDX兼用出来ないので、
            最近はドライボックスに眠っています。

            DXの場合、ミラーやシャッターなど駆動系が小さくて済むので、
            大型化せずに高速連写機に向くと思うのですが・・・
            それを先にキヤノンにやられてしまったのは
            残念としか言いようがありません。

    • 匿名
    • 2014年 12月 25日

    APS-Cのフラッグシップが止まってることより、
    レンズのステッピングモーター化に全然手を付けていないことの方がヤバい気がする・・・。

    • 匿名
    • 2014年 12月 26日

    ニコンはフルサイズ絶対やりませんとか言ってたから、それ以来、こういうインタビューは信用できなくなりました。

    • toshi-i
    • 2014年 12月 29日

    >ニコンはフルサイズ絶対やりません

    私の記憶が正しければ、ニコンさんが上記の発言をした事は一度もなかったはずです。
    ”現時点で許容できる価格で提供できるのはDXです”
    と言っていましたよ。

コメントは利用できません。

「EFレンズに新しいラインを加えたい」–メーカー直撃インタビュー:キヤノン編(デジカメWatch)

開放で柔らか、絞るとくっきりのフルサイズEマウントレンズ–Loxia 2/35(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ