デジタルカメラ情報サイト

メーカー直撃インタビュー:リコーイメージング編–フルサイズ機が近い将来出る可能性も(デジカメWatch)

【2015年はどうなる?】
by 田中希美男

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (17)

    • nroff
    • 2014年 12月 29日

    > 光学ファインダーは遅れがゼロに近いですから、

    すげぇな。光の速さも考慮して発言してるのか。

      • 匿名
      • 2014年 12月 29日

      このくそまじめなところがペンタックス。
      K-3も645Zもいいカメラだよ。ありがとう!

    • 774
    • 2014年 12月 29日

    本当にでるのかよ。本田雅一がペンタのフルサイズは根も葉もない噂って言ってたからもう他社に移行しちゃったよ。

      • 匿名
      • 2014年 12月 29日

      正解だと思う。「出る可能性」なんて「行けたら行くよ」と同類の発言だよ。

      • 2014年 12月 29日

      フォトキナでリコペンの偉い人がフル出すって言ってたでしょ
      本田某がしらなかっただけかと

    • M-KEY
    • 2014年 12月 30日

    今さら、Kマウントの35mmフルデジを出しても
    ペンタファンには売れても、そんなに数は出なさそうです。
    ソニーはミラーレス化による圧倒的な小型軽量という武器で
    切り込んで行き、一定の戦果はあったようですが、
    そのままK-3が35mmフルになったようなカメラで
    CNと同じ土俵で戦うのは相当厳しいと思います。
    THIS IS さんのツイッターによると「秘策」があるとの事ですが・・・

    • 匿名
    • 2014年 12月 30日

    リコペンくらいのシェアで更に35mmフルまで扱っちゃって、リソース大丈夫なのかね?
    キヤノン、ニコンのような分厚いシステム構築なんてのは期待してないけど、
    どこを取っても中途半端感が一層加速するんじゃ?

    • キャノ某
    • 2014年 12月 30日

    ペンタックスブランドの35mm一眼レフが欲しい、という一部の狂信的なファンなんかほっとけばいい。どうあがいても、キヤノンやニコンのシェアを食うのはたいへんだから。35mm判ならミラーレスで、ペンタックスLXのようなデザインにすればいいのでは?

    • たで
    • 2014年 12月 30日

    ガチンコ勝負の一眼レフでの135フルサイズシステム、などということをするとは、
    普通は思えないのですが、一方、APS-Cと645 をつなぐための機種ならあるかもと。
    例えば、135フルサイズ化したK-01みたいな機種だったら作っちゃいそうな気がする。

    そんな感じがPENTAX (リコーだけど。。。)

      • レンズ内モータAF専用前提で
      • 2014年 12月 30日

      フランジバックを短くしたミラーレスボディでKiss X7よりも小さいシステムを出してくれたらちょっと欲しいです。

      マウントアダプター内にモーターを入れて貰って、KマウントレンズでもAFや絞りが使えつつ、専用レンズをつかうととてもコンパクトになる、という感じ。

      ま、別にフルサイズでなくても良いのですけど。

        • 匿名
        • 2014年 12月 30日

        >ミラーレスボディでKiss X7よりも小さいシステム
        >KマウントレンズでもAFや絞りが使えつつ、専用レンズをつかうととてもコンパクトになる

        EOS-Mのリコペン版ですね?

        • たで
        • 2014年 12月 31日

        そうですね。

        APS-Cミラーレス+専用レンズ、Kマウント使用可能というのが普通の立ち位置でしょうね。
        ただ、ペンタックスだと普通の想像では失礼(?)にあたるような気がして考えたのが、
        645のCMOS使ったブリッジみたいなもの(HORSEMAN DigiFlexというの知ってます?)

        645のユーザー層+αを狙ったミラーレスという事も有り得るかな、という想像なのです。
        まぁないと思いますけど…。

    • 645のブラッシュアップの方がプライオリティ高いだろ
    • 2014年 12月 30日

    ペンタは50年前から中判一眼レフを手がけてきた実績があるんだから、35mmフルサイズに拘らずに、
    645デジタルシステムを熟成していった方がいいだろう。
    35mmフルサイズだって、数年前のAPS-Cのアッパーミドル機並の価格になって利幅もへっているのだから、
    CN並の物量戦が出来ないリコペンには、自分の首を締めることにしかならんだろう。
    折角優秀なリコーの営業部隊がいるんだから、高価なMFP機を中小事業者にレンタルするビジネスモデルに
    ならって、グラビアや建築系プロや写真館にレンタルするビジネスでも開拓すべきだろう。

      • 匿名
      • 2014年 12月 30日

      私もそう思いますよ。
      でもマーケティングの概念が希薄なペンタックスには無理だろうな。選択と集中、最も苦手としてそうな会社ですから。

      • It’s me again
      • 2014年 12月 31日

      どれだけのビジネスになる?遊びじゃないの。

    • 匿名
    • 2015年 1月 01日

    どこでも作れるミラーレス機ではなく、
    一眼レフファインダーを持つモデルだからこそ、
    第三の選択肢が増えるのは大歓迎だなぁ!

    • CESで
    • 2015年 1月 06日

    参考出品されるカメラはAPS-Cセンサーのようですね。
    http://news.ricoh-imaging.co.jp/rim_info/2015/20150106_006329.html

    なんだかK-50をついにバリアングルモニター化したようなイメージですが、
    従来PC/AV端子だった場所にMICと刻印されているから、動画機能も強化されているのかも。

    写真に写っている沈筒式標準ズームレンズがコンパクトで一見Limitedレンズのようにも見えます。
    レンズだけでも欲しくなってきます。

コメントは利用できません。

ハッセルブラッド用ストラップの泣き所–Hasselnuts + Distagon C 50mm F4(デジカメWatch)

2014年「私はこれを買いました!」(前編)–9名の写真家が思い入れを語る(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ