デジタルカメラ情報サイト

気づいたら今年は10周年!–せっかくなのでデジタルカメラ業界の10年を振り返ってみた(2009年~2010年編)(デジカメWatch)

E-P1、NEX-5などミラーレス群雄割拠へ。超高感度ワールドも開かれる
2009年:裏面照射型CMOS、PEN E-P1、超高感度ISO102400
2010年:ソニーからAPS-Cミラーレス「NEX」登場

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (22)

    • 匿名
    • 2015年 1月 02日

    一連の記事を流し読みしたけどE-P1の登場は流れブッタ切りで唐突すぎる。
    時代を先行くミラーレスの第一号機が何でレトロ路線やねん!やる気あんのか?ってつっ込みたくなる。
    オリンパスには根強いアンチがいるのもちょっと分かる気がする。
    他人と違ったことするヤツが嫌いな人には受け入れ難いだろう。
    結果的にこの路線がハマる訳だからなおさらか。

      • キャノ某
      • 2015年 1月 02日

      E-P1ではなく、前年に出たパナのDMC-G1がミラーレスの第1号機。オリンパスのE-P1は米谷氏のPEN F/FTにデザインを似せただけで、この路線は他社も真似するようになったのだから、結果オーライ。

        • 匿名
        • 2015年 1月 02日

        オリンパスで最初と言う意味ね。
        パナソニックは保守的に、ソニーは急進的にどちらもクソ真面目にミラーレスの形を模索してたのに。オリンパスは…。
        でも写真を撮ること自体が感傷的な行為でもあるので、カメラの形に感傷的なものを求める人がいるというのは、考えてみれば当然なんだよな。

          • キャノ某
          • 2015年 1月 02日

          ソニーはオリンパスE-P1が出た後ですよ。時系列は正確に。

      • 匿名
      • 2015年 1月 02日

      EVFじゃねーじゃねーかww
      http://www.digicamezine.com/mt-static/2006/01/e330.html#55

      2006年でした

        • 匿名
        • 2015年 1月 02日

        その通りだけど、今はE-330の話をしているわけではないんだ。

          • キャノ某
          • 2015年 1月 02日

          E-330の前にE-300がPEN F/FTへの最初のオマージュとして存在します。

            • 匿名
            • 2015年 1月 04日

            E-300/330はミラーの構造は確かにPEN Fと近いが、オマージュという意図があったかはどうでしょう?
            少なくともあれらとm4/3のPENが同じ系譜とはちょっと考え難いかな。
            順番はともかく、ミラーレスに着手するアプローチに当初からメーカーの個性が垣間見えて面白いなと。
            GF1みたいなオーソドックスな形を先に出して、レトロ路線は派生モデルでやるのが普通でしょ。
            常識はずれなことをして、それが以外にも当たってしまうので、下で書かれてるように黒歴史が~とかやっかみみたいなことを言われるんだろうなと、この記事を読んでて思った次第です。まあM-KEY氏が言うように、単純にm4/3自体を派生モデルとしか考えてなかっただけかもしれませんが。
            オリンパスを批判してるように聞こえてしまったようですが、個人的にもスナップ用にE-P3を気に入って使っています。

      • 匿名
      • 2015年 1月 02日

      オリの場合、レトロ風なだけで実際には充分今の機能を詰め込んでるんだけどね。
      流れを切るも何もミラーレスならではのこの形を望む声が多かったわけなんだが。

    • 匿名
    • 2015年 1月 03日

    オリは、フォーサーズに見切りをつけ、
    背水の陣でペンを出すしかなかったわけ。
    粉飾問題で会社存続の危機に瀕したし、
    黒歴史OMさえも焼き直しで使うしかなく、
    その台所事情はどこよりも厳しかったろう。

      • 219.10.12.17(傍観者)
      • 2015年 1月 03日

      そうですね。今テレビ朝日でやっている超インテリクイズの出題の際のBGMは
      クラフトワークの「ツアー・ド・フランス」「プロローグ」ですね。

      • M-KEY
      • 2015年 1月 04日

      パナソニックの場合は自前でクイックリターンミラーを作る事が出来なかったので
      マイクロフォーサーズは一種「苦肉の策」的が面が有り「出すしかなかった」が
      オリンパスはE-P1開発段階では、まだレギュラーフォーサーズ重視だったのでは?
      でも、E-P1の思いがけないヒットとE-30やE-620の不調から、
      マイクロフォーサーズにシフトせざるを得なくなったと判断したのでしょう。
      OMは、AF化の失敗が大きく響いたり、中古の高騰からOM-3を復刻したけど
      逆にプレミア感をスポイルしたりで、その終わり方がグダグダでしたが
      決して「黒歴史」ではなく、ファンも多かったと思います。
      デジタル一眼レフがその構造上、肥大していた時にスリムなE-M5は
      脳内イメージにあったOMのイメージをPEN以上に具現化していました。
      E-M10も平成のデジタルOM10という雰囲気なんですが、
      E-M1はOMとするには、少しゴツいイメージがあります。

      もし、マイクロフォーサーズがパナソニックの「一眼あそばせ」でなく
      オリンパスのPENデジタルやフジXのような復古調から始まっていれば、
      「一眼レフでないレンズ交換式カメラ」を「一眼カメラ」なんて
      呼ぶようににはならなかったんじゃないかと思います。

        • 匿名
        • 2015年 1月 04日

        「なるべく荒れないように節度を持って投稿したい」と言って直ぐにこれじゃ、今年も変わらないかな。
        最後は必要なのか?

        • 匿名
        • 2015年 1月 04日

        OM707以降は思い出したくもない黒歴史そのものだわ。
        開店休業状態で、結局廃止だもの。
        ましてや元祖OMと何の関係もない、
        単なるミラーレス機を突然OMとしたり、
        支離滅裂なイメージが強まったがなぁ。
        知らない世代には分からない話だろうがな。

          • キャノ某
          • 2015年 1月 04日

          OM707以降って、OM101しかないわけで、それからレンズ固定のLシリーズになっていった。でも、OM-1からの成功物語があったわけで、「黒歴史」とは言えないでしょう。そのOMのイメージを受け継いだミラーレス機にOMの名前を付けても別におかしくはない。

            • 匿名
            • 2015年 1月 05日

            リアルタイムで見ていた者として、
            後半は「黒歴史」と言われても仕方ないと思うよ。
            だって、OM-4までの勢いと比べてあまりの急降下&やる気喪失ぶり。
            あれには私も閉口しましたよ。

            MFでもまだ継続して続けていたなら
            大分印象は違ったと思うんだけれど、
            焼き直しやOEM機だけではネ・・・
            廃止になるのも時間の問題でした。

            >「一眼レフでないレンズ交換式カメラ」を「一眼カメラ」なんて
            呼ぶようににはならなかったんじゃないかと思います。

            たしかに。家電メーカー発だったためにそうなったのかもですね。
            だからこそ、オリンパスには光学メーカーとして、
            4/3の盟友パナを諭すくらいであって欲しかったです。
            「パナさん、その表現・呼称はおかしいですよ」
            と。

    • 219.10.12.17(傍観者)
    • 2015年 1月 04日

    >これじゃ、今年も変わらないかな。
    私の責任ですね。私にかまってもらいたいんでしょう。

    • 匿名
    • 2015年 1月 05日

    E-P1のデザインは開発段階では別に銀塩penの焼き直しって感じではなくって、若手連中がデザインを提案してきたら、それがたまたまpenに似ていた。
    その若手は昔のpenはまるで知らなかった。
    そのデザインを上の人間が却下したら、若手が「なんでこれがダメなんですかあああ!!!!」と熱く訴えてきたので、この路線が決まった。

    ・・・・というオリの開発者インタビュー記事で読んだ記憶があるんだけど、ネット検索してみても見つからなかった。
    「ラ・ムーのメンバーの面接してら、そこに菊池桃子が現れたんだ」的な嘘っぽい話しだけどね。

    マイクロftで先行したパナにいろいろと差をつけられて、フォーサーズユーザーとしては淋しかった頃だね。

      • M-KEY
      • 2015年 1月 05日

      そのハナシは私も記憶があります。
      で、米谷さんにPENと名付けてよいか確認をとったと・・・
      残念ながらE-P1の発売を待たずに米谷さんはお亡くなりなるのですが
      前世紀末から続いているレトロカメラブームにうまく合致して
      オールドファンだけでなく若年層からも人気のカメラとなりました。
      (そこですぐにE-P2を出すのがオリンパスの悪い所)

      パナソニックはMFTで先行したというよりも、それしか活路がなかった。
      上面がフラットなカメラでは市場に受け入れられなかったので
      「一眼レフに見える」カメラで勝負するしかなかった状態で
      当時のオリンパスの方が表面上は余裕があったように見えました。
      でも、パナソニックがMFTを打ち出していなかったら、オリンパスも
      レンズ交換式カメラからは撤退していたかもしれません。

      • 匿名
      • 2015年 1月 05日

      え・・・じゃああのm4/3第一弾として盛んに露出してたオレンジ色の真四角なモックは何だったの
      たまたま似てたなんてただの吹かしだと思うけどな。あまりにバレバレなんで消して回ったんじゃない?

        • フジにしてみれば
        • 2015年 1月 06日

        オレンジのモックを展示してた時にPenのアーカイブ的な展示もしていた
        あのオレンジはコンペに敗れた対抗案を流用したダミーだが
        パナに持ち込まれてGMとして開花するのである

      • 匿名
      • 2015年 1月 06日

      >その若手は昔のpenはまるで知らなかった

      昔のペンを知らないのに、偶然にもペンに似たデザインを提案してくるなんて
      うちの若手って、しっかり米谷イズムを受け継いでるでしょ的なアピールのつもりだったのか?

コメントは利用できません。

結果発表!読者が選ぶ「2014年デジタルカメラ人気投票」(デジカメWatch)

気づいたら今年は10周年!せっかくなのでデジタルカメラ業界の10年を振り返ってみた(2011年~2012年編)(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ