デジタルカメラ情報サイト

写真構図の効果的な使い方とその特徴――日の丸、二分割、三分割編(ITmedia デジカメプラス)

【撮影テクニックを基本から】
被写体だけではなく空間や背景を意識する
by MAKOTO TSURUTA,ITmedia

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • なんだか変
    • 2015年 1月 09日

    写真初心者が書いた記事。2分割構図の考えが間違っている。作例画像は二人が写っているだけの日の丸構図だw

    • 本当ですね
    • 2015年 1月 09日

    本来の二分割構図は「被写体と空間を生かすことで写真が見やすく」というより、一般的に被写体と空間のどちらを見せたいのか主題が不明瞭となり、単体で使いこなすのは難しい構図ですよね。
    そういった難点を挙げずに「一番試しやすい」と断言するのもいかがなものかと。
    ちなみに三分割構図の作例写真、実は四分割構図?

      • M-KEY
      • 2015年 1月 09日

      「二分割構図」と例示されているのは「シンメトリー構図」ですね。
      「二分割構図」は風景で水平線を中央付近に配したり、
      部屋の角やドアなどのラインで画面を縦に割る構図です。
      日の出を撮ったら、まさしく「日の丸構図」になりますが、
      この「日の丸構図」を失敗の代表例とする説明が多いですね。
      人物を無背景(に近い状態)で顔をど真ん中にして撮ると
      頭上に無駄な空間が広がって、締まりのない写真になると
      いう部分が一人歩きしたように思えます。
      本来、主題をど真ん中にして撮るのは一番自然な事で
      これをやみくもに否定する必要はないと思います。
      レンズ性能のいい部分に主要被写体を配するのは画質的にも有利、
      前出の「日の出」でも太陽を真ん中にすればゴーストは最小限と
      実利的な利点があります。

      でも、枚数を撮ってもコストがかからないデジタルカメラなんだから
      構図を難しく考えるのではなく、いろんな角度や距離で撮って
      その中からいいのを選んで(場合によってはトリミング)いけばいいでしょう。
      そのうちに自分に合ったスタイルが見つかると思います。

      • kuro
      • 2015年 1月 10日

      >ちなみに三分割構図の作例写真、実は四分割構図?

      自分も、橋・雲・空・雲の四分割に見えます。です。
      場合によっては、橋げたの上下でも分割してしまいそうです。

      自分の場合は「スケッチの構図集」で構図の感覚を覚えた口なのですが、スケッチの場合は「不要なものを描かない」「対象物の大きさや位置を変えられる」ができるので、構図の意図を明確に説明できるサンプルが用意できますね。
      それに対して写真での説明だと、どうしても「応用編」になってしまって、構図の「説明」には向かない様に思えます。

コメントは利用できません。

小さなボディで幅広い画角が楽しめる!–OLYMPUS STYLUS 1S(デジカメWatch)

中国限定 幻のEOS M2用グリップを試してみた–購入者特典の非売品 汎用ストラップが取り付け可能に(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ