デジタルカメラ情報サイト

魚眼レンズとアートフィルターで見慣れた景色も違って見える–オリンパス「フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980」(ITmedia デジカメプラス)

【交換レンズ百景】
by 三井公一,ITmedia

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (18)

    • 匿名
    • 2015年 1月 23日

    これが広告記事だったらメーカーからクレームつかないんだろうか?

      • 匿名
      • 2015年 1月 23日

      意味不明。
      広告ならメーカーのチェックを受けているはずだからクレームはつかんだろう。

        • 匿名
        • 2015年 1月 24日

        だってこれじゃあ、やっつけ仕事丸出しじゃない。

      • 匿名
      • 2015年 1月 24日

      確かに意味不明。

    • 匿名
    • 2015年 1月 24日

    そもそもボディキャップって使うもの?常用するレンズがついているのでは?わざわざレンズ外して携帯するかなあ。

      • 匿名
      • 2015年 1月 24日

      通勤スナップシューターにはこれが結構使えるのよ。

        • パナGMと
        • 2015年 1月 24日

        組み合わせて使うと面白いかもね

          • 匿名
          • 2015年 1月 25日

          このレンズ、ピント合わせで侮れないほど写りが変わるから、EVFのあるGM5とは良い組み合わせ。

      • サブの
      • 2015年 1月 24日

      ボディならレンズを付けずに携帯する事はある

        • M-KEY
        • 2015年 1月 24日

        一眼レフの場合は、ペンタ部の出っ張りとレンズの出っ張りで収納性が落ちるので
        荷物をコンパクトにしたい場合、現地までの移動中はレンズを外す事がありましたが
        ノンレフレックス機の場合はレンズを付けていても収納性がよいので
        複数台持ち出す時はそれぞれにレンズを付けています。
        例えば、10-18mmと16-70mmとか、18-50mmと50mmF1.8とか
        2台使う事でレンズ交換無しに焦点エリアを広げたり、ボケ量を確保したり・・・

      • 匿名
      • 2015年 1月 24日

      ボディキャップサイズのレンズってコンセプトなんで別に常用するかどうかは別では?
      単付けて持ち歩いてる人にズームでいいんじゃね?って言うようなもので。

        • 匿名
        • 2015年 1月 25日

        「写真も撮れるボディキャップ」がコンセプトだと思うのですが、そもそもボディキャップって必要かなぁ、使ってるかなぁという疑問ですね。わざわざ常用レンズから交換して使うだろうかと。

          • 匿名
          • 2015年 1月 25日

          そういうものも使う人もいるという事でいいんじゃね?
          常用レンズって言うけど常用も人それぞれでしょう。
          PMとかGMならより薄く小さいレンズを求めるのはあり。

          • M-KEY
          • 2015年 1月 25日

          一般の「交換レンズ」とすると必要な性能を確保する為に大きく高価になりがちですが、一般のレンズと違うシリーズとすることで,薄く安価にした=レンズキャップは方便でしょう。

            • 匿名
            • 2015年 1月 26日

            方便というより、洒落といった方がしっくりくる。遊びで作ったので、遊びで使ってくださいてなもんでしょう。どうも洒落のわからない人がチラホラいるようですが。。。
            そういえば富士フィルムも同じようなの出すんじゃなかったっけ???

          • 匿名
          • 2015年 1月 25日

          >わざわざ常用レンズから交換して使うだろうか
          15mmならその意見もわかるけど、こっちは遊べるから使うけどなぁ。

            • 匿名
            • 2015年 1月 25日

            交換レンズとして、安価なパンケーキやフィッシュアイを否定する訳でなく、むしろ歓迎です。ボディキャップレンズというカテゴライズに違和感を覚えたまで。
            コンパクトなマイクロフォーサーズ規格で、レンズ付けてなくてもボディキャップで撮れる、というのは実情に即していないのでは、とね。

            • 匿名
            • 2015年 1月 25日

            例によって言葉が気に食わないタイプの人なのかねぇ。

コメントは利用できません。

カスタムボタンの割り当てを探る–α7 II(デジカメWatch)

“滑らかなボケを生みだす”アポダイゼーションフィルターの実力は?–XF 56mm F1.2 R APD(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ