デジタルカメラ情報サイト

タッチパネルに新対応 まとまりの良い小型軽量一眼レフ–ニコンD5500(デジカメWatch)

【新製品レビュー:外観・機能編】
バリアングルモニターの一眼レフでは最小最軽量ボディ
ファインダー撮影を快適にするタッチFn機能
ライブビュー時のコントラストAFが高速化
ペンタミラーファインダーと39点AFを継承
有効2,416万画素のCMOSセンサーを搭載
光学ファインダーとライブビューを使い分ける
by 永山昌克

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (11)

    • あの荷物
    • 2015年 1月 29日

    手の大きな人だなぁ。
    初代ウォークマンの広告でも 手の大きな人を使ったという話がある。

      • 匿名
      • 2015年 2月 01日

      確かにでかい手だ、僕の2倍はあるw

    • 匿名
    • 2015年 1月 29日

    ボディってD5300からCFRP使ってたのか
    そのうちカーボン地を生かした表面処理の製品が出ると俺得
    できればペンタK-3的にカクカクしたデザインだと尚よし

      • 匿名
      • 2015年 1月 29日

      それってどんな表面を想像してる?
      まさかカーボンのアミアミを妄想してんじゃないよね?
      リアルに言うとカーボン地が出て時点でアウトだよ。

        • 匿名
        • 2015年 1月 29日

        何が妄想なんだかしらんけど
        フツーに腕時計とかにあるじゃん あんな感じ
        釣りしないから釣竿はわかんないけど似たようなもんかね

        バイクのカーボンパーツみたいなUVカットウレタンが
        塗ってあれば劣化も遅らせられるかね
        バイク用は野晒しが前提だからウレタン層も厚いけど
        カメラならもうちょっとスッキリできるんじゃね?

          • 匿名
          • 2015年 1月 30日

          今回nikonが使ってるのは、熱可塑性樹脂を使ったCFRTPで、それも長いカーボン繊維織物シートを使ったものじゃなく、長めの繊維フィラーが入った射出成形用のものだよ。帝人のSereeboってやつ。だから繊維が見えたら汚いんだよ。逆に出ないようにするのが技術。あなたが言ってるのは、織物と熱硬化性樹脂のシートをプレス成形したものを言ってるだよ。それで小さく複雑なカメラのボディが作れないよ。

            • 匿名
            • 2015年 1月 30日

            なるほどだいぶ製法が違うんだね
            たしかにインジェクション成型だったらフツーにウェルドみたいになるだろうし見ても嬉しくはないな

      • 匿名
      • 2015年 1月 29日

      釣竿みたいな感じならいいですね。

        • M-KEY
        • 2015年 1月 30日

        カーボンのカメラというなら、カーボンインフィニティという大判がありました。
        でも、アレって細かい部分は脆かったらしいです。
        ペンタ645とかEOS-1のような形状ならウェットカーボンで成型できなくもなさそう。
        見た目だけなら、カーボン調のハイドログラフィックスという方法も!

          • 雇われ息子
          • 2015年 1月 30日

          イギリス製でしたっけ、懐かしいもの
          出してきますね。

          そういえば、シャッター幕にカーボン
          使ってどうのこうのって、どこのメーカー
          でしたっけ?キヤノンだった気がするけど。

    • 匿名
    • 2015年 1月 30日

    小さいね。
    ニコン版Qかw

    サブに欲しいなあ。

コメントは利用できません。

秀逸な動体AFにゾッコン! ソニー「α6000」のスゴい部分と惜しいところ(日経トレンディネット)

最近のコメント

アーカイブ