デジタルカメラ情報サイト

オリンパス、手ブレ補正が向上した「OM-D E-M5 Mark II」(デジカメWatch)

ワンショット8枚合成で4,000万画素相当の撮影も

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (21)

    • 匿名
    • 2015年 2月 05日

    ハイレゾショットはサンプルもあるけどいまひとつですね。
    可能性は感じるので何年かすればいいものになるかもですが。

    • 匿名
    • 2015年 2月 05日

    D800を持っているから、ハイレゾショットは魅力を感じないな。
    世代が進んで、2秒じゃなくてシャッタースピードx4倍くらいの時間で撮影できるようなら使ってみたいが。
    現時点なら画素数が必要なら素直にフルサイズ使います。
    でも風景写真などでは、使い方によっては面白いかもしれませんね。

      • M-KEY
      • 2015年 2月 05日

      3板式のビデオカメラの画素ずらしのような手法は、センサーサイズが
      小さく、高解像度化に不利なMFTの苦肉の策とも言えますが
      被写界深度が必要な場面だと35mmフルよりも有利かもしれません。

      • 心意気
      • 2015年 2月 05日

      その心意気は買おうよ

    • たで
    • 2015年 2月 06日

    ん〜〜
    デジカメジン居留者としては、正しくハイレゾショットに萌え、囚われちゃうのが
    正しいのだろうけど、それに捉われなければ普通に”上出来”なカメラに見えますがね。
    マルチショットはプラスアルファ、使える場合もありそうでないときもあり、でしょ。
    E-M1と併用するのには良さそうです。全体的にも色々グレードアップされてますしね。

      • 匿名
      • 2015年 2月 06日

      ハイレゾはこれからに期待として、カメラそのものは何時も通りの全部入りで文句ない出来でしょう。
      バリアンは便利だしドットサイトも面白そう。

    • nroff
    • 2015年 2月 06日

    ますます銀塩OMにそっくりのペンタ部(プリズム入ってないけど)や、
    銀塩時代のストロボそっくりのドットサイト照準器など、
    機能的な根拠のない、引用のための引用はどうも気に入らないです。
    オリジナルより一回り小さいからミニチュアっぽくなるし。

    カメラの出来はとても良いのだろうと想像します。

      • M-KEY
      • 2015年 2月 06日

      ドットサイトはT20に似ているように見えますが、
      意図して似せたというより,機能からの必然でしょう。
      意図して似せるなら同梱のフラッシュ「FL-LM3」の方かと。
      その「FL-LM3」ってなんとなくF280を彷彿させます。
      パワーバッテリーホルダー HLD-8もOMのモードラ風味。
      メインスイッチの位置はいただけないけど、自社の過去の
      (格好良かった)製品に似せるのはいいと思います。

    • 匿名
    • 2015年 2月 06日

    SP-100EEを店頭で触った印象で言えば
    ダットサイトにはちょっと期待というか可能性を感じる
    でも外付のこれを折畳み式にする意味はないんじゃないだろうか

    • ハチ
    • 2015年 2月 06日

    高画素じゃなくて、4画面移動で、各画素RGBを撮って絵を作ってくれたらよかったのにと思わないではない。FOVEONx3はきれいです物ね。

    なぜ9箇所じゃなくて8箇所と思わないでもない。

      • ハチ
      • 2015年 2月 06日

      私は、バリアングル液晶をやっと付けてくれたので、マクロの為に買います。

    • M-KEY
    • 2015年 2月 06日

    ハイレゾは風景でも風が吹いていたら厳しそうだし、美術品の複写でもフラッシュ撮影に対応していないしフリッカーの問題もあるなど使い道がわりと限られているのが残念。
    AFも像面位相差でないので、どれだけ動体に追従出来るか?
    でも、ライブコンポジット、バリアングルモニターやシンクロカプラーなどE-M5からの買い替えの動機は充分ですね。

      • 匿名
      • 2015年 2月 06日

      まあハイレゾは「とりあえず作ってみた」程度のものでしょう。
      あの手振れ補正がさらに進化したというのが気になります。
      ボディ内手振れ補正の進化は、既存の全てのレンズで恩恵を受けられるのが良い。

      • 匿名
      • 2015年 2月 06日

      色々と見てると合成と画像処理のおかげか偽色やモアレをうまく消してるという話しもあるようですね。
      わかりやすいところで画素数を上げてるんでしょうけど技術的には色々と応用利きそうな気はします。
      アートフィルターの最初の頃には制限だらけだったけど今は複数かけられるとか進化してるのと同じで制限も進化や応用で徐々に解消するのかと思いますよ。

    • 匿名
    • 2015年 2月 06日

    ハイレゾとか、センサーの小ささゆえの苦しさを感じてしまうかな。
    制約が有りすぎるし、画像もまだ 未完成っぽいが、
    画素数を上げにくいための苦肉の策かと。

    フルサイズの1/4の撮像面積しかないだけに、
    画質云々言い始めたら自分で首を絞めるようなもの。
    もっと違うアピールを考えたほうが良いと思う。

    今のマウントサイズにAPSセンサーって入らないのかな?
    何か打開策が欲しい。

    • 匿名
    • 2015年 2月 08日

    ボディもいいけど、300mm f4を早よ!

      • オリの300mmF4は
      • 2015年 2月 08日

      楽しみだったけど、ニコンの新型を見た後だと大きさで萎えそう

      • 匿名
      • 2015年 2月 08日

      ニコン Φ89×147.5mm 755g
      オリ  Φ82x211mm  1500g (推定)
      萎えるよね。

        • 匿名
        • 2015年 2月 10日

        オリの人が、1.2kgぐらいだと言ってたよ
        E-M1+バッテリー2個+グリップで800gぐらいになるので
        まあ、キヤノンの300mmF4Lなんかとまったく同じ「普通の」300mmF4
        太さとか見ると、多分歪曲電子補正なしのタイプなので期待してるんだが

    • 匿名
    • 2015年 2月 10日

    http://www.imaging-resource.com/PRODS/olympus-e-m5-ii/olympus-e-m5-iiA.HTM

    ここのテスト画像を見ると、D810と比べると物撮りでは上のような気がする
    小さい文字もにじみが無く、原理上ベイヤー補完処理がいらないのでモアレも出ない
    ただマスターレンズは出来る限り均一に、高解像なレンズを使う必要があると思う
    このテストで使われているのは、ZD50mmF2Macro
    dプレビューの45mmF1.8では周辺が厳しい感じだった
    マイクロオンリーユーザーは、レンズ選びで苦労するかもね
    他の人も言ってるように、使いどころは難しいが…
    人口建造物(寺とか、歴史的価値があるレンガ造りのビルとか)撮影とかに使ってみたい

    「世界初?」ダンパー機能つき、フローティングシャッターユニットとかブレ対策は
    かなりやってるみたいね

    • 匿名
    • 2015年 2月 10日

    あとシャープネスがきついのはいつものことなので、-1ぐらいの設定にするといい塩梅かもしれない
    まあ、おまけとしてはなかなか楽しめそうだ
    三脚とか、まともなの持ってないと出費はそれなりにありそうだけれど
    やわなトラベル三脚みたいなのだと無理だと思う、多分

コメントは利用できません。

スマホ連携レンズ交換カメラ「OLYMPUS AIR A01」(デジカメWatch)

リコー、35mmフルサイズ一眼レフを開発発表(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ