デジタルカメラ情報サイト

ついに5,000万画素へ 充実装備のフルサイズ一眼レフ–EOS 5Ds/5Ds R(デジカメWatch)

写真で見る
by 武石修@デジカメwatch

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (54)

    • U2
    • 2015年 2月 09日

    これで新たな高画素化の序章みたいな事が叫ばれてますが、一体誰がこんな画素数必要なんですか?
    ドローンに搭載して偵察写真でも撮るなら話は別ですがそれ以前に解像するレンズが殆どないし、
    このスペックに惹かれる一般ユーザーってレイヤーさんのスカートの中にカメラ突っ込んで撮ってる人達とか
    そんなところですか?

      • 匿名
      • 2015年 2月 09日

      なんか、「友達の話だけど…」って言いながら自分の話する人みたいだね。

    • 匿名
    • 2015年 2月 09日

    レビューはっや!
    キヤノン広報の押しが相当強いのかね。

    • 匿名
    • 2015年 2月 09日

    車の排気量や最高速度と同じではないかと。
    コンパクト&ターボが流行っても、デカいエンジンは存在しているし、法定速度の数倍も速いクルマも存在しています。

    それが常に必要でなくても、いざという時の懐刀として対価を払うユーザーを疑問視しても致し方のないことだと思っています。

    画素があったらあったで困る方は、5D無印もしくは1DXやα7Sという選択肢もあるわけで、極小ピッチによる弊害も選択肢で避けられます。

    50Mといっても、APS-Cの23Mが2つ並んだだけですし、645Zなどとは別モノ。そんなに無理もしていない50Mだと感じています。
    APS-Cでステッチしたら同等かそれ以上の解像度。

    そのぶん驚きもあまりない…ということでもありますが。

    個人的には価格以外妥当なないようだと思っています。

      • M-KEY
      • 2015年 2月 10日

      APS-Cの23M自体が、すでに無理をしていると感じています。
      APS-Cなら15Mあたりがスイートスポットでしょう。
      35mmフルなら24Mあたり、50Mなら4×3cm以上欲しいですね。
      いざという時の懐刀としても50Mはやり過ぎでしょう。
      自動車でいえば12気筒のスーパースポーカーレベル、
      一般には4~6気筒の200馬力あたりの方が取り回しよく楽しめそう。

        • Gekko
        • 2015年 2月 10日

        無理していると言われながらも画素数が増え続けた結果、今がある。デジタルの技術はまだ限界に達した訳じゃないし、その先に挑戦するのはメーカーとして正しい戦略だと思うけどね。それに、
        現在のフルサイズでも我々ユーザーにとっては何種もの選択肢があるんだよ?

        >4~6気筒の200馬力あたりの方が取り回しよく楽しめそう。
        またまた自分理論でモノを言う。いつもそうだが、必ず「自分が基準」っていう考え方だよね。世の中もっと広いんだよ。

          • 匿名
          • 2015年 2月 10日

          自分基準だよね。
          一般で売れてる軽はきっと馬鹿にするタイプ。

            • M-KEY
            • 2015年 2月 10日

            軽自動車、現在の排気量の上限には納得してはいませんが馬鹿にしてはいません。
            世界に誇る、ミニマムな大衆車だと思います。
            軽トラックなんて、日本の中山間の移動ツールとしてはベストでしょう。
            むしろ、最近の無駄に車幅が大きいB〜Dセグメント車が嫌ですね。

            • ken
            • 2015年 2月 10日

            軽が必要なひとは軽を買うし
            トラックが必要なひとはトラックを買う。
            よってスポーツカーが必要なひとはいるわけです。
            取り回しがいいかどうかはそのひとの使い方次第。
            使えないひとは黙ってた方がいいですよ。MーKEYさん。

            まあ確かにスポーツカーでトロトロ走ってるひとはいるかもしれませんが
            そのひとが満足なら必要は満たされたと思っていいのでは?

            より凄いものを必死に開発しているメーカーに
            こんなもの必要ないみたいなことは
            人として言わない方が。。。

          • 通行人
          • 2015年 2月 10日

          自分基準語「スーパースポーカー」ですから。
          一般人には理解できませんな。

        • 匿名
        • 2015年 2月 10日

        ネットで探してきた『モノの分かる大人』をイメージ。

        • おやおや
        • 2015年 2月 10日

        どんなカメラが出ても ケチをつけずには居られないM-KEY。

      • 匿名
      • 2015年 2月 10日

      >画素があったらあったで困る方は、5D無印もしくは1DXやα7Sという選択肢もあるわけで、極小ピッチによる弊害も選択肢で避けられます。

      あたし10年来のαユーザーにしてα7sユーザーだけど、
      一流カメラメーカーのユーザーに三流カメラを薦めるのは酷だと思うな・・・
      (意訳・ほっといてくれよ)

        • いまさら
        • 2015年 2月 10日

        無印5Dはないわ
        D700なら今でも充分に現役で使える

    • 匿名
    • 2015年 2月 09日

    欲しい人が買えばいい。それだけのことです。誰も困るわけじゃないし。

    • マキアベリ
    • 2015年 2月 10日

    「欲しい人が買えばいい。」確かにそうだけど
    間違ったステマ情報を元に勘違いして買った人は困るでしょ(笑)。

    • 匿名
    • 2015年 2月 10日

    その「常用」は直4の2リッターで良いのかもしれませんが、選択出来るということが何より大切だと思います。
    5D無印があるから、50Mが選択肢となる…サブボディをsにすれば、様々なシーンに対応出来るような気がしませんか。

      • M-KEY
      • 2015年 2月 10日

      高解像度にサブボディを持つなら、一眼レフである必然性は薄くなります。
      一台で様々な用途に対応させるような万能性を、というなら
      一眼レフをベースにEVFを内蔵して、必要な時にはノンレフレックス機として
      ミラーやシャッターのショックから開放させる方が楽だと思います。
      ただ、用途による使い分けというなら動体用に1DXor7DII、静体向けに5DSRという
      キヤノンのラインナップ自体は理にかなっていると思います。

        • 匿名
        • 2015年 2月 11日

        静体物専用なら連写は5fpsなんていらないでしょうし、ミラーレスにしてしまったら動体物を撮るのが厳しくなってしまいますね。だから振動の少ないミラー機構やシャッターを新開発したわけで。キヤノンはあくまでこのカメラはどんな用途にでも使ってくださいという位置づけでしょう。50MPにしたのも必要かどうか別にしてニコンやソニーとの対抗上それを上回るものを出した、ということではないでしょうか。出回っているサンプルは正直良くないですがRAWで単焦点を使えばいい画が出ると思います。

        • 匿名
        • 2015年 2月 11日

        EVF機で済む被写体ならそれで構わないが、
        電池の持ち、動体撮影への対応力、光学ファインダーへの根強い支持、
        そうしたことを総合的に考えると、一眼レフ形式の商品になるのでしょうよ。
        単なるミラーレス機で、静物用にコマ即も鈍足で良ければ、
        それこそ作るのは簡単だろうけど、
        キヤノンにそういうモデルを作る動機があまり無いと。
        高画素モデルを作るにしても、一眼レフ形式の上で向上させていきたい、
        そういう意思の表れが、制振メカなどの作り込みみ見える。

          • 傍観者
          • 2015年 2月 11日

          M-KEY氏は一眼レフ嫌いだけど、5DSが一眼レフなのは否定していないよ
          EVFを内蔵し一眼レフを思いついて自慢しているだけだ

            • 匿名
            • 2015年 2月 11日

            >EVFを内蔵し一眼レフを思いついて自慢

            そんなパテント、いっぱい出願されてるでしょ。
            今頃思いついて自慢なんて、むしろ・・・ね。

            まあ、そういうカメラは各社水面下でやってるだろうけど、
            一眼レフじゃないタイプなら既に富士が製品化してるよね。

            • M-KEY
            • 2015年 2月 11日

            別に自慢なんかじゃありません。
            「モーターとカムでクイックリターンミラーを制御する機構」
            は一眼レフとしてのブラッシュアップだからいいのですが
            「ファインダー撮影時の振動と動作音を低減する、静音1枚撮影モード」
            「LV静音撮影モード」を設定したり
            「ミラーアップ撮影時のレリーズタイミング設定」
            を組み込むなら、もう一眼レフとして使う必要はなく
            こういう場面ではEVF機として運用する方が楽ですし
            スタンドアローンでの動画撮影や撮影画像の確認という面でも
            内蔵EVFを付けた方が,単純に便利だと感じただけです。

            時と場合に応じて,一眼レフにもEVF機にもなれば
            カメラとしての万能性はアップすると思いますが、
            EOS Mやパワーショットの上位機も含め
            キヤノンは内蔵EVFに積極的ではありませんね。

    • 匿名
    • 2015年 2月 10日

    こんな大きなサイズどうすんのよってのは、歴代の画素数番長にいつも投げかけられてきた言葉ですよね。
    今後も写真愛好家用御用達のような画素密度の高いディスプレイが普及していくと思われますので、大型センサー機の高画素化も次のステージに突入していくんじゃないかな。
    私もデジタル一眼レフが1000万画素を超えた頃、もうこれで十分と感じていた記憶はどこへやら、最近導入したiMac Retina 5Kモデルでそういった当時の画像を再確認すると、どうにも物足りないと感じてしまいます。

      • M-KEY
      • 2015年 2月 10日

      A4の350dpiは4093×2894ピクセルで
      これは12M機だと短辺が僅かに足りません。
      でも、実際には140%くらいまでの拡大補完でもクオリティは充分なので
      8M機で「画素数不足」は解決できていました。
      同様にA3でも拡大なしなら24M強が必要ですが、16Mでもまかなえます。
      (でも、MFTの16M機だとA3フルはちょっと厳しい感じです)
      1DXが18M、D4系が16Mですが、そのくらいの画素数があれば
      印刷物の現行には充分だとメーカーも判断しているのでしょう。

      展示などでもっと大きな出力もしますが、D3の12Mでも
      B1ポスターサイズで画素数不足を感じるようなことはありません。
      もちろん、被写体によっては、より多画素で撮った写真の方が
      解像度は高いと感じる事はありますが、このあたりだと
      カメラの画素数よりも、撮影時のブレやボケ、レンズの性能、
      画像処理のスキルの方が影響が大きいと感じています。

    • キツツキ
    • 2015年 2月 10日

    現行APS-Cの2400万画素をそのままフルサイズに拡大したら5400万画素です。技術的にはほとんど無理をしていないでしょう。もっとも読み出し速度と、画像処理速度には留意が必要と思いますが。

    大幅なトリミングが茶飯事な野鳥の撮影では、どんなに画素数が多くなっても歓迎です。でもダイナミックレンジが保てればと言う前提です。真黒な羽の中に真っ白な羽がある野鳥は少なからずおりますがダイナミックレンジの性能がそのまま現れます。

      • トリミング前提なら
      • 2015年 2月 10日

      わざわざ5DSでなくとも7D2でいいのでは?

      • 匿名
      • 2015年 2月 10日

      α900が2400万画素で登場した時から繰り返してますね
      多いと思ったけど実は、って

    • 匿名
    • 2015年 2月 10日

    5D無印については、今回の50Mではなく、5Dの流れをくむMk2とMk3、
    さらにはMk4?という意味でした。ごめんなさい。

    紙媒体がオワコンへと少なからず向かっていくなかで、高解像度化していくデバイスのロードマップの中に
    8Kモニタがあります。そうなると実ピクセルでノートリ32Mが必要となります…
    将来、直感でピンチインされても大丈夫なクオリティのコンテンツも考えられますし、ゆるやかとはいえ
    高解像度化していくことは必至です。
    画素があって困るよりも、よりリッチなコンテンツへと挑むツールとして、
    業界のリーダーであるキヤノンが50Mを出したことは大変に興味深いことではないでしょうか。
    かなりの方が実機を手にするはずです。

    話逸れるのですが、
    むしろ今回の5D派生機で、少画素を復活させてくれるとトリオで面白いと思うのですが。
    …SONYっぽいですけど。
    物理として相反するものを一つにまとめようとするには、技術の進歩の速度と人生が間に合わないので。

    • 8Kなら
    • 2015年 2月 10日

    4000万画素で足りるハズ
    国は東京オリンピックまでに8Kを普及させたがっているが間に合うのかな?

      • 匿名
      • 2015年 2月 11日

      8Kは一般庶民には手が出ないですよ。テレビの大きさは100インチは必要と言われてるしそんなでかいテレビを置ける家庭は少ないですよ。まぁ街頭テレビが関の山でしょう。8kは絶対失敗する。

        • 匿名
        • 2015年 2月 11日

        先日も4Kで100インチといってる人いましたけど、100インチ基準ってなんなんでしょう?
        4kが既に40インチで10万ちょっとで買えるので8kが出てきたとしても40~60インチで普通の値段で買えるでしょう。

          • 匿名
          • 2015年 2月 11日

          100インチは必要というのは私の私感も入っています。展示会で8kを100インチのリアプロジェクタで写していましたがこれより小さい画面では見たくないなと思いました。8kテレビは50インチのも出るそうですがウチのリビングには32インチを置くのが限界でウサギ小屋に住んでいる日本ではそういう家庭は多いんじゃないでしょうか。地デジに関しても若者の独居世帯ではスマホでワンセグというのが実態じゃないですか?また言うけど4k8kなんていりません。必ず失敗します。

            • 匿名
            • 2015年 2月 11日

            「これより小さい画面では見たくないなと思いました」
            これは何故でしょうか?
            後半の部屋が狭いからというのは32インチくらいならいずれなるでしょうし問題ないと思いますけど。
            8kはまだ先だけど4kは既に選択肢がそうなりつつあるので言い悪いはともかく普及する流れですけどね。

            • 匿名
            • 2015年 2月 11日

            何故と言われても主観でそう思っただけで。私のスマホはフルHDパネルですがドットが細かすぎてどんなに近づいても見えません。ドットピッチは約0.05mmです。もし32型の8Kテレビがあったとしてドットピッチは約0.09mmです。0.09mmでもドットピッチが見えないのではないでしょうか。32型なら4kが限界じゃないですか。しかしPCのディスプレイに関してはニコンD810を使っていてHDパネルでは画面の狭さを感じているので4Kディスプレイに買いかえる予定はあります。

            • 匿名
            • 2015年 2月 11日

            「テレビの大きさは100インチは必要と言われてるし」と主観でない表現なんで聞いたんですけどね。
            ちょうど4kの時も同じ事言ってる人が居たので(同一人物?)
            モニタでドットが見たいという感覚は正直わかりません。

    • 匿名
    • 2015年 2月 11日

    Retina化したモニタ類を30インチ相当まで求めたら、
    8Kぐらいは簡単に必要になるんじゃないでしょうか…
    現在の4Kでも2Kとは明らかに違いがありますし…

      • 匿名
      • 2015年 2月 11日

      レティナなんて言葉初めて知りましたがスマホのようなパネルのことですね?ただ漠然とビデオや写真を見るには一見きれいに見えるかもしれませんが、RAW現像の作業用モニタとしては解像感やノイズなどを厳しくチェックする必要があるのでドットが見えないレティナディスプレイでは使い物にならないと思いますよ。

        • 匿名
        • 2015年 2月 11日

        見えないならいいと思うし、ドットを見たければ拡大すればいいだけの話だと思うけど。
        解像少ないモニタで縮小全体像を見て一部拡大(等倍)するのと、等倍で全体像を見て一部拡大する違いって何かあるのかな?
        縮小された全体像の方が問題ある気はするけどね。

          • 匿名
          • 2015年 2月 12日

          使い物にならないという言い方は語弊がありましたが、拡大表示するにしてもディスプレイの解像度に合うよう整数倍に拡大したいじゃないですか。理由はモアレとか偽色の見え方がどうなるかわからないからです。ただ想像でものを言っているので整数倍に拡大しなくても問題ないかもしれないし実際に高解像度ディスプレイでどう見えるかわかりませんが少なくとも1%単位で拡大できるフォトショップならいいですけど、私が使っているRawTherapeeにはそういう機能がないので等倍で作業するしかないんです。

    • 匿名
    • 2015年 2月 11日

    Photoshopなどのソフトウェアは、ドットバイドットなどではなく、ちゃんとピクセルを今まで通り96dpi相当で確認しながら作業が可能です。
    引いた時に、高解像度で目視できることと、細部も確認できる二面性を得るには、やはり4Kや8Kがあるとよいですね。

    高画質インクジェット720dpiや、印刷原稿としての350dpiのシャープネスやバンディングの確認など、解像度はあって困ることはないです。

      • 匿名
      • 2015年 2月 12日

      要するにソフト側で画像を等倍より拡大して表示させるんですよね。あなたはプロの方とお見受けしますが、私はアマチュアだから今までどおりでいいかな。プロの方ならいいディスプレイが必要でしょう。

    • 匿名
    • 2015年 2月 12日

    匿名 :
    「テレビの大きさは100インチは必要と言われてるし」と主観でない表現なんで聞いたんですけどね。
    ちょうど4kの時も同じ事言ってる人が居たので(同一人物?)
    モニタでドットが見たいという感覚は正直わかりません。

    別にドットが見たいと言っているんじゃなくて目を皿のようにして見てもドットが見えないモニタではせっかく高解像度にしても意味ないよと言いたいのです。そういう無駄なものを作ろうとしているテレビ業界はちょっとおかしいのではないかと思いますが。ただ私のきわめて主観的意見なのでオマエはアホかと思われるのならそう思ってください。

      • 匿名
      • 2015年 2月 12日

      何度も書いてますが、「テレビの大きさは100インチは必要と言われてるし」と主観以外の表現で書いてあるので、何処で言われてるのかなというところが重要です。
      流れを見る限り単なる主観が全てのようですが。
      ドット云々自体は人それぞれ、わたしにはわかりませんがそういう鑑賞自体はいいんじゃないですかね。

      • よこから
      • 2015年 2月 12日

      自分も8kはおかしいと思いますわ。
      PCのディスプレイなら45cmの距離で見れるしマウスで拡大もすぐにできるからまぁ使いでもあるかなとはなりますが、現状の家庭用TVの置き換え狙いでは完全にオーバースペックだと思います。
      2m以上離れた距離からスマホなみの高画素画面見てもねぇ、意味ないでしょ?

    • 匿名
    • 2015年 2月 12日

    4K、8Kとディスプレイ解像度が上がるというのもあるけど、鑑賞する側の感覚が変わってきているという要素もあるのでは?
    たとえばwebに掲載されている写真を拡大して等倍で見たりするのは、粗探し的な意味合いで理解されるだろうけど、
    それは我々が写真の最終的な姿は紙にプリントされたものであり、写真のサイズは観賞側ではなく、制作側が決めるものと考えているからではいないでしょうか。
    でも、生まれた時からPC、スマホ、タブレットがあって、写真は液晶画面で見ることの方が多い世代はどうでしょう?
    特にスマホやタブレットで育った世代は指先でスイスイ拡大縮小しながら動的に見るのが当たり前、写真とはそういうものと考えているかもしれません。

      • 匿名
      • 2015年 2月 12日

      高画素で撮った写真を等倍で観て、『こんな所にこんなものが写ってた』とか『遠くにあるここが気になる。こんど行ってみよう』ていうのはとても楽しい。
      これを『写真の楽しみ方』ではないとは否定できないでしょう。

    • ichi
    • 2015年 2月 12日

    8kで全面等倍表示できるのってこの5Dsだけ?
    いままで他の機種で撮ってきた写真は補間しないと画素数が足りないってこと?
    そんなのやだな。
    4kはいいけど8kは普及してほしくないな。

      • 匿名
      • 2015年 2月 12日

      D810やα7Rでも縦は足りてるけど、横は足りない。
      等倍表示すると上下は見切れて左右に黒帯。

        • M-KEY
        • 2015年 2月 12日

        上でも他の人が書かれていましたが
        40Mなら8Kをカバーします。
        現状、5Kモニターでも24Mフルは表示出来ない訳で
        D800などの画像をフル表示するというなら8Kモニターは要るでしょう。
        しかし、どうがコンテンツとして8Mが東京オリンピックまでに
        一般化するかといわれれば、それは無理だと思います。
        たぶん、やっと4Kがスタンダードになるくらいでしょう。

    • よこから
    • 2015年 2月 12日

    ここまでの流れで高画素に一定の需要があるのかもしれないと分かった。
    メーカーも高画素を標準にして既存ユーザーの買い替え需要を喚起してくるかもしれないね。
    フルサイズ3500万画素は当たり前、5000万画素もラインナップしておくのが普通みたいな。
    一般層の「スマホで十分」に対してもスマホとは違うんですよと分かりやすい訴求も出来るから、一般層の取り込みにも一役買うかも。

    • 新興宗教の勧誘みたいになってるよ!
    • 2015年 2月 22日

    高画素教の布教活動だね

    「4K、8K、5000マン画素、高画素は人々の意識の高まりです!」

    「買いたまえ、願い叶えたまえ!」

    みたいな。

    俺的には同じセンサーサイズで画素数増えると
    インフレで貨幣価値下がるみたいで嫌だけどな。

コメントは利用できません。

カシオのフリースタイルカメラ「EXILIM EX-FR10」を持って雪山で遊ぶ(デジカメWatch)

【女性限定】オリンパスPetitPhotoRouge~金森玲奈先生に教わる!オシャレなcafeで雑貨フォトレッスン編~(女子カメWatch)

最近のコメント

アーカイブ