デジタルカメラ情報サイト

デジカメの目、実は“バケツリレー”で画像情報を運んでいる?【CCDの歴史】(日経トレンディネット)

2015.02.19

1件

【これで分かった! デジタルの歴史シリーズ】
“電子の目”にも固体デバイス化の波
着想からわずか6年で実用化?
実用化を牽引したのはカムコーダー
フォトダイオードと組み合わせるとなぜ眼になるのか
バケツリレーのように電子を運ぶ
主流はCMOS方式に
by 野崎勝弘=メディアリード

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 懐かしい
    • 2015年 2月 22日

    懐かしいですね
    3.5インチフロッピーディスクに記録するソニーのマビカ、
    フイルムを現像に出さなくてもパソコンにフロッピーをセットすれば写真が見れるんだから。
    カシオのQV-10も使用してましたが 25万画素しかなかったのね
    それでも当時は便利さが上回っていました。

コメントは利用できません。

卒業シーズンに作りたい!「キャンパスノート」みたいなカメWatch)

高速データ通信対応のSDカードなど……CP+で見つけた魅惑の周辺機器≪前編≫(日経トレンディネット)

最近のコメント

アーカイブ