デジタルカメラ情報サイト

約4000万画素で記録するハイレゾショットの実力は–オリンパス「OM-D E-M5 Mark II」をチェックする(ITmedia デジカメプラス)

ピクセルシフトが生み出す高精細な表現力
手持ちで楽しめる「OM-D MOVIE」を搭載
撮影自由度を広げるバリアングル液晶
電子制御による静音シャッターに対応
by 永山昌克,ITmedia

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (11)

    • 匿名
    • 2015年 2月 25日

    約4000万画素と4000万画素相当とではずいぶんな違いだな

    • 襤褸猫
    • 2015年 2月 25日

    デモを見ていると、静止画はもちろん、動画でも手ぶれ補正が化け物じみて凄いんですよね。
    ハイレゾショットは画素数は勿論、ダイナミックレンジが広がるのが良いですね。オリンパスは手持ちハイレゾショットをやる気満々のようですから、恐らく搭載されるであろうE-M1mk2に大変期待をしています。ファインダーの質はE-M1がミラーレスではダントツですから。

    • 匿名
    • 2015年 2月 26日

    ハイレゾショット、E-M1に搭載されんかな・・・ファームアップで・・・

    ところでミラーレスのファインダー、
    私もE-M1のファインダーを見て、初めてEVFで買ってもいいかと思って買いました。
    その後は結構いいファインダーのミラーレスが出てきていますね。
    四天王はオリE-M1、パナGH4、フジX-T1、ソニーα7sかな。
    オリはE-M5IIの方が良くなったか?

      • banba
      • 2015年 2月 27日

      EVFのドット数は横並びであまり変わらないですが、接眼部の光学部が良くできていると感じますね。
      ピクセルをカリカリに見せようとするのではなく、プリズムファインダーを覗いているように錯覚させるよう、EVFから目を外した時に目の焦点が移動しないように設計しているあたり、今さら関係ないのかもしれないですけど顕微鏡も作っているメーカーってこういうところが違うのかなって思ったりします。
      他の三社はシャープさは勝るんですが、明るい液晶ディスプレイを至近で見せられている感じで、両目開けた状態でEVF覗くと両目の焦点がずれすぎて疲れやすくなりますね。

      この間Photo Festaで触った限りでは、E-M1とE-M5IIはほぼ同じ見え方でしたね。ちょっとハイライトが浮き気味で青っぽくなる傾向が改善されているのを期待していたんですが…

      • 岩清水
      • 2015年 2月 27日

      ファームアップでハイレゾショットはオリの技術の方ができないと言ってましたよ。

        • 匿名
        • 2015年 2月 27日

        ミラーレス使うつもり無いのに、そんなことまでワザワザ聞いたんだ…。

    • たで
    • 2015年 2月 27日

    EVF食わず嫌いの方こそ、E-M1のファインダーを覗いてみたらいいと思うんですけどね。
    連写はファームアップでE-M5 II並みに成りましたが、ハイレゾはメモリーが要りそうだし
    どうでしょう。載ると嬉しいけど。あと、ハイレゾRawから通常Rawを生成できると良いな。

      • 匿名
      • 2015年 2月 27日

      連写枚数からしてバッファはE-M1の方が大きいんじゃない?RAWで50枚くらい撮れるよ。
      それより、手振れ補正ユニットの精度が問題になるように思う。
      上でも書かれているけど、E-M5Ⅱになって体感レベルで明らかに効きが増した言うし。

        • たで
        • 2015年 2月 27日

        そうですね、位置決めの精度は大事ですけど、そちらはあまり心配してないのです。

        手振れ補正は補正量に応じたセンサー移動ですから移動位置と速度が大事ですけど、
        ハイレゾの場合は、移動量と位置は同じです。速度に律速されるのでなければ位置
        決め精度は十分大丈夫なのでは、と憶測しています。

        ご指摘のバッファーの件、バッファーが画像処理エンジンから見て読み書き対応が
        できる位置にあるならファームで対応できるかもしれません。一方、データを記録
        媒体に保存する前、画像処理エンジンの出力後の位置にあるなら、ちょっと難しい。

        まぁ、センサーの位置情報を持った8枚の通常Rawからハイレゾを生成できるように、
        Olympus Viewerをアップデートして対応するという可能性はあるかもと思ってます。

          • 匿名
          • 2015年 2月 27日

          >センサーの位置情報を持った8枚の通常Rawからハイレゾを生成できるように、
          >Olympus Viewerをアップデートして対応するという可能性はあるかもと思ってます

          それでいいから対応してもらいたいなぁ
          実際使うかどうかは微妙だけれども
          こういうギミックは嫌いじゃないw

            • 匿名
            • 2015年 2月 27日

            そこまで実用的とは思えないんだけど、単純にやってみたいという好奇心がそそられるよね。
            6400万画素なんていじってたら、うちのパソコンじゃ発火しそうだけどw

コメントは利用できません。

三井カメラマンが独断で選出、「CP+」で注目したカメラ&アクセサリー(ITmedia デジカメプラス)

α7 IIファーストドレスアップ–α7 II + Hektor 12.5cm F2.5(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ